おすすめ情報

6/4(水)『REFLEC BEAT groovin'!!』稼動開始!気になる新要素を聞いてみた!



稼働中の『REFLEC BEAT colette』が、2014年6月4日(水)の大型アップデートで『REFLEC BEAT groovin'!!』となりました。
稼動を記念してプロデューサー“DJ YOSHITAKA”とサウンドディレクター“Qrispy Joybox”、サウンドコンポーザー“DJ TOTTO”の3名に独占インタビュー。『REFLEC BEAT groovin'!!』について語ってもらいました。


写真:左からサウンドディレクター“Qrispy Joybox” 右:サウンドコンポーザー“DJ TOTTO”

インタビュー


“DJ YOSHITAKA”
“Qrispy Joybox”
“DJ TOTTO”
※BEMANIアーティスト名に貼られたリンクをクリックすると、詳細プロフィールがご覧いただけます。

―― まずはじめに、『REFLEC BEAT』シリーズってどんなゲームですか?



DJ YOSHITAKA
タッチパネルを使用したディスプレイで音楽に合わせて飛んでくる的(オブジェクト)をタッチして打ち返すという対戦型の音楽ゲームです。

―― なるほど。分かりやすいルールと直感的な操作は誰でも楽しめそうですね。


―― 前作『REFLEC BEAT colette』の稼働から約1年半ぶりの新作となる『REFLEC BEAT groovin'!!』のコンセプトを教えてください。

DJ YOSHITAKA
前作は、春夏秋冬という1年を通じた季節感を大事にしてきました。
その中に色々な『REFLEC BEAT』の顔があり、“ゆるやかな時間”をコンセプトにしてきました。
今作は、時間の中のどこを切り取っても、“ハイテンション”。
朝起きたら“ハイテンション”、寝る前までも“ハイテンション”、なんなら寝てるときも“ハイテンション”なんじゃないかなぁと言うぐらい、今その瞬間を極限まで盛り上げることをコンセプトにしています。


―― 楽曲も今までと変わった点はありますか?

Qrispy Joybox
今までのオシャレでポップなイメージからガラリと変え、今作は勢いのある曲を積極的に使っているので今までを違った色が見えると思います。

DJ YOSHITAKA
Qrispy Joyboxのディレクションも凄く!
「パステルくんが食パンを咥えたまま学校に駆け出すぐらい“ハイテンション”な世界を表現してほしい」というものだったらしいね。
Ryu☆にも「フー!」って100回言う曲を作ってくれというディレクションをしてるはず?

DJ TOTTO
してるんですか(笑)。

Qrispy Joybox
してません(きっぱり)。

DJ TOTTO
今回、稼動直後からBEMANIオリジナル楽曲が、いっぱい入っていて、すぐに遊べる状態なんですよ。
また、1日1回プレーすると「リフレク スタンプ」がもらえます。
第1弾である「6月のスタンプ楽曲」が、別の記事にもある“dj TAKA feat.AiMEE”の新曲「refrain」なんです。

Qrispy Joybox
ボーカルの収録にはボク達も立ち会ったんだよね。

DJ TOTTO
そうなんですよ。英語曲の収録に立ち会うのは僕は初めてだったんですが、dj TAKAさんのトラックにAiMEEさんの歌が入ったときはあまりのカッコよさに終始興奮気味でしたね。
皆さんも是非スタンプをためてこの曲をゲットしてくださいね!


―― モードセレクトの画面に「パステル ワンダークエスト」や「リフレク道場」という新しい要素がありますね。まずは、「パステル ワンダークエスト」から教えていただけますか?



DJ YOSHITAKA
「パステル ワンダークエスト」は、「条件」をクリアしながらゴールを目指します。

Qrispy Joybox
プレーヤーの腕を上げながら、進めていくスキルアップのモードですね。

DJ TOTTO
音楽ゲームって難しそう?って印象を持っている方っていっぱいると思うんですけど。
そういう人にも楽しくプレーしてもらいたいと思って作りました。



―― はじめてプレーされる方にはどんな「条件」があるのでしょうか?

DJ TOTTO
最初のクエストは「プレーしてみよう」ですから。誰でも達成が可能です(笑)。

DJ YOSHITAKA
今作からはじめた人が自然に上達する仕組みになっています。
進めていくと特典もあるし、曲も必ず3曲遊ぶことができるので、失敗しても大丈夫!
どんどんチャレンジしてみてください。

―― 初心者でも気軽に始められて、冒険を楽しみながらステップアップできるということですね!逆に、上級者になるとどんな「条件」が出てくるのでしょうか?

DJ TOTTO
上級者には精度の高い条件が要求されますので、「コンボ数」だったりします。

Qrispy Joybox
「JUST(1番良い判定)を○○以上出してみよう」とか「フルコンボしてみよう」とか。


―― 上級者の方でも「条件」があると燃えますね!続いて、「リフレク道場」について教えてください。

DJ YOSHITAKA
「リフレク道場」は、認定試験に挑戦して自分の腕前を確かめるモード。
今まで継続的に遊べるモードが入っていなかったので、テーマごとの検定試験をどんどん追加できるようにしています。
検定試験専用の楽曲もあり、全国ランキングも競えます。



―― なるほど。今までの『REFLEC BEAT』には無かったやり込み要素ですね。他にはどんな新要素があるのでしょうか?

Qrispy Joybox
新しいオブジェクトが加わりました。
この反射せずにまっすぐ上から下に落ちてくるのが「バーティカルオブジェクト」です。
今までのプレーヤーが見たらビックリしちゃいます。

DJ TOTTO
跳ね返らないオブジェクトの動きは、今までのプレーヤーからするとかなり斬新だと思います。
新しい『REFLEC BEAT』の個性になるはずです。




―― それは楽しみです。あと、本作から新しい譜面が加わったのですよね。

Qrispy Joybox
今まで、3種類だった「BASIC」「MEDIUM」「HARD」に加え、「SPECIAL譜面」が加わりました。
新たな難易度ということで、「HARD」よりも難しい?と思うかもしれませんが、実は必ずしも「HARD」よりも難しい譜面という訳ではありません。
「SPECIAL」の名前の通り、今までにはないような一風変わった特別な譜面も登場しますので是非楽しみにしていてください。


―― 最後に、初めて『REFLEC BEAT groovin'!!』を知った皆様に、より楽しく遊ぶためのアドバイスはありますか?

Qrispy Joybox
今回の新モードの「パステルワンダークエスト」で徐々にステップアップして、「リフレク道場」で自分のステップアップしたプレーをしてもらいたいですね。
知らぬ間にどんどんレベルアップしていくのが楽しくなるので、是非このモードはプレーしてもらいたいです。

DJ TOTTO
『REFLEC BEAT』はJ-POPの曲もいっぱい入っているので、まずは知っている曲をプレーしてもらうのが良いと思います。
プレーしていくうちに自分の好きな音楽が見つかるとさらに楽しくなります。

DJ YOSHITAKA
友達と一緒に遊ぶのが面白いですよ。
最初は難しくないのでいいから、なるべくマッチングして対戦してもらえると『REFLEC BEAT』の面白さがわかりますよ。

―― ありがとうございました。

『REFLEC BEAT groovin'!!』は本日6月4日(水)から稼動です。これを機に是非プレーしてみてください。


■関連サイト
REFLEC BEAT groovin'!!
REFLEC BEAT groovin'!! 設置店舗

関連リンク

  • LINEで送る

2014.06.04 17:00
※掲載されている情報は、記事掲載時の仕様を基に作成しています。仕様は今後変更になる可能性がございます。