stoic

stoic

artist : TaQ
genre : TECHNO
movie : VJ GYO


TaQ / SOUND


何と言おうとstoic。


VJ GYO / MOVIE


このムービーの制作はアイデアから撮影までTaQの全面的な協力の下、進められました。
この場を借りさせて頂いて感謝の意を表させて頂きます。

なお、このムービーにつきましては、非常にたくさんの質問メールを寄せて頂きましたので、詳細なる解説をさせて頂きます。
(※以下、長文注意)



曲名にちなんだ「禁欲」を体現する姿勢、「座禅」という御題がTaQから持ちかけられ、かつ「シンプルでバカでカッコいいムービーがいい」と、ワイワイとアイデアをぶつけあうところから始まりました。

その場のノリで生まれたアイデアを様々な条件と照らし合わせながら取捨選択しつつ、まとめてみたのですが、なんかしっくりこない。
結局「座禅」という御題を除いて全てばっさりと捨て去ってしまいました。

そして撮影日。「座禅し続ける」というのが基本のアイデアだったので、とりあえず座禅し続けてもらいました。
これを早回しにしたものをベースにすることを考えていたのですが、なんかしっくりこない。
そこで、その場の思いつきで「その状態で踊り出してみて!」と頼んだところ、これがカッコ良すぎ
(オモシロすぎ)
一方、TaQからは、実は「stoic」には「禁欲転じて踊らずにはいられなくなる曲」というコンセプトが含まれている、と力強いお言葉。
そんな感じで、カメラ3台体制(shiroとGOLIがかけつけてくれました)で、踊り以外にもさまざまなパターンで撮影。まるまる2時間以上。

撮影中も後も、TaQやチームから映像加工や編集面でいろいろなアイデアや意見があふれんばかりに寄せられましたが、なんかしっくりこない。

「座禅を組みながら踊るの、めちゃめちゃ疲れるって」というTaQの音声も入っていたテープを回しながら、一人になった明け方の事業所であれこれ悩んでおりました。

あふれんばかりのおいしいショットを満載にしたい!
(しないとマズいか?)という気持ちを「禁欲」の名の下に堂々と(こっそりと)全て捨て去って、結局2ショット、2分強の撮影素材だけで(内容を秘密にしたまま)作りました(トランと共演という話も実は秘密)
         
そして、TaQにはモニターチェックもしてもらわずに「稼動開始後、ゲームセンターで見て〜」と、逃げていましたが、そういえば感想を未だ聞いておりません
(聞きづらい・・・)