デスクトップ アーケード コレクション ザ・ギャラリー
第1弾 beatmania IIDX
第2弾 QUIZ MAGIC ACADEMY
第3弾 pop'n music

DAC 第3弾 pop'n music 2010/03/25

コナミの人気ゲーム筺体が、半完成プラモデルとしてプライズに登場! その名も「デスクトップアーケードコレクション(以下DAC)」!!

無駄に気合いの入ったディティールは、実際の設計データからアレンジしたもので普段目にすることのない筺体の背面や、各種注意表記までほぼ再現!
こりゃあ、飾るだけじゃもったいない!ということで、「デスクトップアーケードコレクション Vol.3」商品紹介サイトで、ダウンロードできるペーパークラフトや各種フィギュアと絡めた「楽しい遊び方」をここに紹介しましょうか。
ギャラリー写真


ギャラリー写真
ギャラリー写真
ギャラリー写真


いったん最終回となる第3回は「冷静に考えればDACはVol.1がボリュームでかすぎたんだよなー」
でおなじみのpop’n musicです!

プライズだっていう制約を忘れた気になっていろいろ突き抜けてみたこのシリーズですが、
いかがでしたでしょうか?
なんにせよまたお会いできるといいですね!

…といきなり締めの挨拶からですが、今回は伝わりにくいこだわりポイントからひとつやってみましょうか。

このVol.3でのこだわりというか、いるか?それ、というか。

底面のアジャスター!

本物の筺体はキャスターで運んだ後、このアジャスターで本体を上げて
位置の固定をするわけですが、DACでも当然再現!
なんとよく見ると前輪はちゃんと浮いている!これで勝手にコロコロ行くことはありませんね。(妄想)


あとVol.3でとうとうクリアパーツを使用!
ボタンの見栄えがぐっといいです。
コスト的にそうとう悩みましたがやっちまいました。

「Vol.1のサイドスピーカーにもクリアパーツ付けとけよなー」とか
「Vol.2のディスプレー周り…」とか言わないであげてください…


ギャラリー写真

ギャラリー写真


いつも通りゲーセン風置き方考察。
背景はいつも通りゲーセン風ペーパークラフトを使用。

2個置きなら向かい合わせの所が多いかな?

Vol.1で配信したサウンドセパレーターのペーパークラフトを使用して、
横2台置きもばっちり決まります。

同時期着荷予定のリエルがまさかの3つボタン同時押し!
余裕の表情でプレイ、というシーンに偶然ばっちりマッチ。


武装神姫も超絶プレイ。ずるい。

ギャラリー写真



ギャラリー写真

ギャラリー写真



で、今回の配信。
シリーズ18弾となる「pop’n music18 せんごく列伝」へのバージョンアップキットです!

「デスクトップアーケードコレクション Vol.3」商品紹介サイトから
pop’n music せんごく列伝 ポップ&ポスター」のPDFファイル(11.2MB)をダウンロードしましょう。

*注意!このバージョンアップキットを使用するにあたって
商品に含まれているものをいったん組んでしまうと貼ったりはがしたり大変ですので、
気をつけてくださいね!

おいおい、もう組んじまったよ!という方は丁寧に紙をはがすか、
今すぐゲーセンにダッシュしてもう一個ゲット!

というわけで出来上がり。普通紙でもしっかり見栄えします。

そしておまけ。

「pop’n music18 せんごく列伝」特別e-AMUSEMENT PASSCARD!
しかも2種類!これはファン垂涎!

クイズマジックアカデミー カードホルダー実際、結構特別版カードがたまっちゃって
…てなこともありますよねー。
そんな場合は「クイズマジックアカデミー カードホルダー」で解決!(宣伝)

強度を持たせているのでへたらず、たくさん持ち運べますよっと。


ギャラリー写真

さあ、全部まとめてみましょう。
いよいよ手持ちのデジカメの画角に収まらなくなってきましたが
それだけの存在感がここにある!

いやあ、これだけあるとさすがに遊びごたえがありますな。
ここではイロイロあって写真として使えませんが
普段は私もあれやこれや同スケールのものを集めて遊んでおります。

単体で飾っても見栄えする!
色んなフィギュアと絡めてジオラマ遊びもできる!

そんなコンセプトで制作してまいりました「DAC」ですが
いったんこれにてシーズンエンドです。
(思いつきでペーパークラフトとか配信するかもしれませんが…)

あれやこれやまだまだ欲しいものあるじゃんね!
と私も含めて妄想しつつ、まずは同スケールのものを探して
遊んでいっていただければと思います…。

ではでは、またいつか。