新曲紹介

 











 

Ssmile

 

Title :

 

smile

 

Artist :

 

miru_maki.gjw

Genre :

 

ELE POP

Movie :

 

ackermann

 

 

Sound / wac

 

 


はいはいwacですよ。IIDXも14thですか。
僕もなにげにIIDX用に曲を作り始めてから10作目だったりして個人的アニバーサリーですね。
あの頃はいっぺん限りの思い出作りと思っていたのに結構長い物語になったものだ。

そんな記念碑的IIDXなので、今回はいつもより張り切ってですね。
あれとかあれとかしんどいから曲かくのパス!と三回くらいお断りしてみたんですが
敏腕サウンドディレクターDJ Yoshitaka君からの追撃はかわしきれませんでした。
きゃつは狙った獲物は逃さないハンターだぜ。気をつけなよ子猫ちゃんたち。

そんなDJ Yoshitaka君からの依頼は、ぶっちゃけ、murmur twins2、でした。まーまーついんずつー。
プレッシャーとかすごいんでそういうのおすすめしないですよ、とかポップンのディレクションで言ってたら自分にその時が来たよどうしよう。
や、作りますけどね。
あと近頃めっきり明るい曲とか可愛い曲とか作れる気分じゃないんだけどなあ。
いや、作りますけどね。

そんなわけでさんざんぐちぐちぶーたれながら悩んで学んで、murmurの流れをうけつつも、双子とは別の世界観でこのsmileは生まれました。
微妙に正統続編とは違っちゃったかな。ごめんねYoshitaka君。
なんでsmileかというと、この曲作ってる頃、笑う、ってことが上手いこと出来なくなってる気がしてたんすね自分。

みんなは、どう?
最近、笑えてますか?
心から気持ち良く笑えてますか?
愛想笑いばかりしてません?
誰かを馬鹿にして笑ってません?
笑いも色々あるけどさ。
「また隠されてた(笑)」とかさ。
いやそれはあまり関係ないな。

笑いのもつ意味も捉え方も人によって変わったりして、そんなこと考えてたら、なかなか笑えねえなあ、と。

自分の中ではそんな感じでちょっとどろんどろんしたテーマになっていったのを
ELE BLOCKの上の人が何かちょっといい話じゃね?なポジティブ歌詞へと落とし込んでくれました。ありがとうね。

あと、ボーカルのmiru_makiさんはELE BLOCKの上の人に紹介頂いたうら若き娘さんで、おじさんは大層どきどきしました。
miru_makiさん情報ですがゆとり教育世代の人も「これだからゆとり世代は!」とか言うと結構傷つくらしいのでやめてあげましょうね。

曲を作るのはいつもいつもめんどくてしんどいですが
ここまで作るのがしんどかった曲も久しぶりです。
そんなわけで、今回とてもがんばったのでgがついてgjwです。
もっとスーパーがんばってたらmiru_maki.sgjwだったことでしょう。

今回smileの付く曲多いですね。いいことです。みんな笑っとけ笑っとけ。
笑うってことは、人を信じるってことなんだと思いますよ。
みなさんがこの曲遊びながら
かぷかぷ笑ってくれたらさいわいです。

 

 


Movie / ackermann

 


アーケードの皆様はじめまして。家庭用の方から来ましたackermannです。
家庭用HappySkyの移植が一段落ついて、少し手が空いていた時に
なんか手伝うことあります?と訊いたときにキラリ光ったアーケードチームの方々のハイエナのような目。
今でもたまに夢に見ます。

そんな僕に届いた曲が、なんて抜けのいいポップソング!
これはフツーにVJ風映像を当てたらきっと台無しでしょ。やるならガッチリとPVを作るでしょということで作ったのがこの映像です。
でもPVと言っても実写は用意できないので、PCで全部作り出さないとって、えー!?
というわけで、ほぼ6年ぶりに3DCGツールを起動して・・・えっと、ポゴリン?あ、ポリゴン?だっけ?なんか3Dのやつ。
と・・・机の端まで移動したマウスをもっと動かした時にはどうすればいいのか考えながら、作りました。

結果、僕の今までの仕事を知ってる人からは「こんな爽やかな映像作るなんてどうしたの?風邪?」とまで言われるほどの
爽やか映像が出来上がりました。今年はこの路線でモテていきたいと思います。