beatmania IIDX 18  Resort Anthem

TOPへ戻ります HOW TO PLAY NEW SONG INTERNET RANKING 段位認定MEMBERS SITE

 


BLUST OF WIND

Title :
 BLUST OF WIND
Artist :
 Anemo=Aspel by MLREC.
Genre :
 CROSSOVER HOUSE
Movie :
 Yuki Yoshida
 (WelzAnimationStudios Co.,ltd.)


 


● Compose / 阿部 道子( Michiko Abe )
line
IIDXプレイヤーのみなさん、はじめまして!
ユニット、Anemo=Aspel で今回、作曲を担当させていただきました、阿部道子です。

もともとは、ビッグバンド用にスコアアレンジした楽曲で、西海岸的な、ジャズフュージョンでした。
それがなんと、NIHILISTICA氏のリミックスにより、今回、ブラジリアンハウストラックに生まれ変わりました!

タイトルにもなっている、「突風」が曲のイメージです。
BLUSTは、つづりをわざと、かっこよさげに変えていますが(汗)

「突風」のもつ、疾走感、透明感というイメージが、
より深く、洗練された形となって、今回みなさまの耳に届けられることになり、本当に嬉しい限りです!

とってもクールでカッコいい仕上がりになったので、 是非是非楽しんでくださいね!!


● Arrangement. Remix. / NIHILISTICA( 田縁 智明 )
line
どうもみなさんお初にお目にかかります、NIHILISTICA(ニヒリスティカ)と申します。
この度Anemo=Aspelというユニットの中で 楽曲のアレンジメントを担当しております。

楽曲が完成する前段階では、ジャズフュージョンの、渋く洗練された曲だったのですが、
その「洗練さ」を活かしつつ、「透き通るカラー」へと、いかに「フィルタリング」するか。
私の中で「色気」「スマートさ」「疾走感」の3つをキーワードに創りました。
それがS.S.D.センセイとのやり取りを通しながら磨かれていき、今回のような形になりました。

ぜひぜひ、何度も、何度でも、プレイしてくださいね!


● Unit Produce / S.S.D.
line
このたび、ユニット「アネモアスペル」を。
だれも呼んでないのに勝手にプロデュース。

厄年すぎて調子に乗ってない?なんて声もなんのその。
エスエスディでございます。

あれは、まぶしい朝の光の中、あべちゃんからとどいた、デモ曲という名のラプソディ(添付メール)
・・・その、洗練されたジャジー感は。 ・・・例えるなら、まさにカフェラテのようで。

ミルクは、入れすぎると香りを殺してしまいます。
シナモンも、入れすぎると風味を壊してしまいます。
・・・あ、砂糖は、入れすぎると虫歯になりますよ。

代官山の、とあるおしゃれなカフェで。(ウソ。ド○ール。)
すがすがしい、朝の光をあびながら。(ホント。徹夜。)

・・・さてさて、スプーン片手に、どうかきまわしてやろうかな?

たべち(NIHILISTICA)というスパイスをひとつ。IIDX風味に、仕上げてみよう。
あーだこーだ言いながら(スミマセン、ほんと)
おしゃれなバーでミーティング。(白○屋)

そしてできあがった、この Anemo=Aspel という味わい。
どうぞ心行くまでお楽しみくださいマセマイスター。

「 やればやるほど、面白い! 」
「 聴けば聴くほど、味わい深い! 」

〜ん〜ネ○カフェ〜


● Movie / Commented by IIDX Team
line
何もかもが雑多に溢れ、四方八方から圧迫感を受けるダウンタウンでの日常。
その窮屈さに慣れてしまい、ほとんどの人々は外の世界を知ろうともしない。

そんな世界から力強く飛び出していく、「突風」のような青年の姿が綴られています。
風に吹き飛ばされる風船に乗っているような気持ちになって、次々と目の前に広がっていく新しい光景を楽しんでください。


BEMANI

アーケードトップ
サイトのご利用について

 

KONAMI 設置店舗 商品情報サイト スタッフブログ お問い合わせ