KONAMI
SECRET

Gallery Collection


Gallery Collectionのグラフィック出現条件を公開します。

CUSTOMIZEパーツ


CUSTOMIZEで隠されているパーツの出現条件は以下のとおりです。

青龍・朱雀・白虎・玄武 STANDARDモードでカーディナルゲートを出現させ、四天王曲をプレイすると対応したフレームが解禁。
金獅子 STANDARDモードでONE MORE EXTRAステージをプレイ。または、EXPERTの「CARDINAL GATE」コースをクリア。
CSオリジナル quell, Go Beyond!!, SOLID STATE SQUADの3曲をクリア。


DJ POINT(SP/DPの合計値)によって解禁されます。
JOJO DJ POINTが200以上
デルタ DJ POINTが500以上
オレンジディスク DJ POINTが750以上
DistorteD DJ POINTが1,000以上


段位認定で、条件となる段位に合格すると解禁されます。
9th 三級以上
オレンジ 初段以上
撃墜 四段以上
DistorteD 八段以上


対象曲(複数ある場合はどれか1つ)をプレイすると解禁されます。
TAKA quell
Tatsh Bleeding Luv
Yoshitaka quell
L.E.D. SOLID STATE SQUAD, QUANTUM TELEPORTATION
Sota Fujimori Go Beyond!!, Hybrid Landscape
Ryu☆ Go Beyond!!
kors k SOLID STATE SQUAD
9th style Karma, quasar
四天王 STANDARDモードでカーディナルゲートを出現させる。


Hybrid Landscape STANDARD, EXPERT, 段位認定のクリア回数の合計が1
Infinite cave STANDARD, EXPERT, 段位認定のクリア回数の合計が3(※)
QUANTUM TELEPORTATION STANDARD, EXPERT, 段位認定のクリア回数の合計が5(※)
The Hope of Tomorrow EXPERTモードで「Sota Fujimori」コースをプレイし、3ステージ目をプレイ。(※)
Back Into The Light EXPERTモードで「Sota Fujimori」コースをプレイし、4ステージ目をプレイ。
CALDERA EXPERTモードで「beatmania」コースをプレイし、5ステージ目をプレイ。
DRUNK MONKY STANDARDモードに入り、1〜3ステージまで5鍵beatmania曲(Attach the music, super highway, LIGHT MOTION, 321STARS, CALDERAのどれか)をプレイし、エキストラステージに進むと曲リストに出現。DRUNK MONKYを選曲すると解禁。

※上記の方法以外にも、段位認定でこの曲が含まれている段位を選択し、曲をプレイすると解禁となります。

PS2版オリジナル曲以外の隠し曲について補足など。

まずThe Hope of Tomorrow(以下Hope)です。
PS2版DistorteDのHopeはIIDX REDのHopeと譜面が異なります。
曲は基本的に変わっていませんが、プレイ時間が若干長くなっています。
もともとオリジナルデータはこの尺でして、IIDX REDのものはゲーム用に調整されています。
オリジナルデータが若干長い、といっても、家庭用曲ではもっと長いものも入れていましたし、ゲームでHopeのムービーが最後まで見られないのはもったいないなあ、という思いもあり、今回この形で収録してみようということになりました。
その際譜面は素材データから作り直す必要があり、せっかくなのでIIDX REDの譜面とは一味違うものをして入れてみました。
さらにせっかくなので、Hopeと同様にオリジナルはゲームサイズよりちょっと長いBack Into The Lightも収録しました。この2曲の収録は「こういう形で再収録してみて、どういった反応が得られるか」を見る実験的な試みでもあります。

そしてDRUNK MONKY, CALDERAはbeatmaniaシリーズ楽曲で、DRUNK MONKYはbeatmania 4thMIX, CALDERAはbeatmania 7thMIXに収録されました。
BEMANI10周年すなわち初代beatmania稼働後10周年の記念と銘打って収録することになったbeatmania楽曲ですが、しかし5〜10年前の機種ともなると、楽曲の最終ゲームデータはあるが素材データは残っていないというものが多く、その場合7鍵譜面は5鍵譜面のノートを7レーンに配置しなおしたものにしかならない訳です。
実際デフォルトで出現している4曲はそうなりました。
それはそれでオリジナルに近く、当時のbeatmaniaをプレイしていたプレイヤーにとっては馴染みやすいものだとも言えます。しかし最近のIIDXに慣れたプレイヤーには手ごたえの面で物足りなく感じるのでは、という懸念がありました。
そこで素材データが手元にあり、高難度系でかつ曲が「DistorteD」に合うものということでこの2曲を収録しました。
結果的にはコラボ曲が概ね高難度となり、こちらで補完する必要は無かったかな(むしろ低難度曲をもっと入れた方が?)……とも思いますが、なにはともあれ今回7鍵の舞台に上がったbeatmania曲が皆さんにとって楽しめるものとなっていれば幸いです。