Fly away / ChiyoTia

大人になると同時にどこかに置き忘れてしまう幼い頃に描いていた夢や大切な想 い。
ありのままの自分を見つめ直し、置き忘れたものにほんの少し手を伸ばせば、
き っともう一度羽ばたけるはず。You can fly away!
今よりも遠くに羽ばたけるから!

ChiyoTia


日常に疲れたときにふと思う「もっと自由に」みたいなキモチで作ってみました。
今回はChiyoTiaとの初タッグです。彼女の声はとても暖かくて包容力があります。
皆さんも「自由なキモチ」になっていただけたでしょうか?

Shoichiro Hirata



華爛漫 -Flowers- / TЁЯRA

DDRにTЁЯRAとして新曲を発表できるとは、思ってもみませんでした。
MAX2の頃にはまだTЁЯRAというユニットは無くて、
あれから4年……とにかく走り続けてきた記憶しかない、この4年間。
こんなにも周りの環境が変わるとも思っていませんでした。

そんな訳で…DDRファンの皆様、初めまして。
『華爛漫 -Flowers-』、楽しくプレイして頂いていますか?
DDRSNが日本より先に米国で稼動をするというところから、敢えて「和」を意識したこの曲。
歌詞では江戸(時代)の春を描いています。
曲を作りながら、江戸の賑やかで華やかな春の風景が消えなくて、その光景を浮かぶままに詞にしました。
今回pop'nmusic12から『夢幻ノ光』も移植して頂いておりますが、junはとにかく「和」が好きなのです(笑)。

実はこの『華爛漫 -Flowers-』は、今までTЁЯRAが王道としてきたラインと、少し違います。
「DDRらしい、DDRに合う曲を作りたい。」
それをコンセプトに置いたので、今までにない曲調になっています。
TЁЯRAをご存知の方は、驚かれたのではないでしょうか?
それでも何処かTЁЯRAらしさを感じて頂けるなら、それはとても嬉しく思います。

江戸の賑やかで華やかな町並みを、心弾ませながら歩くように、明るく楽しくプレイして下さいね。

jun


DDRMAX2でjunにコンポーザーとして参加してもらったことが、TЁЯRAを結成するきっかけでした。
TЁЯRAはポップンミュージックをはじめbeatmaniaUDX、ギタドラで楽曲を数々提供していますが、
DDRでの新曲は今までに無く、『華爛漫 -Flowers-』がTЁЯRAとして初のDDRオリジナル楽曲となります。
DDR superNOVAは世界基準ということで、それならば日本人としてのアイディンティティーを
楽曲で表現しよう...というコンセプトのもとで、『夢幻ノ光』ほど日本民族音楽的な解釈では無く、
『和』を何気に感じさせながらも、キャッチーな要素を強めたHYPER J-POPサウンドにしたつもりです。
よく聞けば洋楽的な創りにもなっています。この深い音楽要素がこの曲のポイントです。
世界基準でありながら、漢字のタイトルを本題にしたことにも、日本文化にこだわっている現れです。

NAOKI MAEDA



Star Gate Heaven / SySF. feat. Donna Burke

久し振りのDDR参加ということで、SySF.名義で楽曲を制作してみました。
Donna Burkeさんの迫力あるボーカルに次々と展開していくシンセサイザー
サウンドを満喫して頂けたら幸いです。天国に居るような感覚を楽曲で表現
したかったので、このようなタイトルを付けてみました。沢山聴いて沢山踊ってくださいね!!

SySF.