header
header_left ゲーム内容 収録曲 シークレット Q&A スペシャル header_right
spacer
スペシャル
spacer
プロデューサー
まんぷく
Gyu-Tan
ディレクター
タケ
サウンドディレクター&
コンポーザー
Des-ROW
プログラムディレクター
許 哲鷹
アートディレクター
tQy
コンポーザー
泉 陸奥彦
サウンドスタッフ
Wu Kaihong
Yuei
スペシャルサンクス
はやP
NAK
MAK
ショッチョー
デザイナー座談会
その1
その2
その3



GUITARFREAKS 9thMIX & drummania 8thMIX
「伝説から生まれたシステムデザイン」


某日某所にて
【参加デザイナー】
tQy 業務用ギタドラシリーズを長らく担当。今回から家庭用も担当に。
mito 業務用ギタドラシリーズを長らく担当。「ネタ好き」
K-GO ちょっと昔に業務用ギタドラシリーズを担当。通称「兄さん」
Amamon. ちょっと昔に業務用ギタドラシリーズを担当。
今でも、困ったときはときどき手伝ってくれる。カモネ。

tQy みなさん。こうして4人集まるのはとても久しぶりですねー!?
Amamon. ですね〜。
tQy きょうは、GF9dm8について語っちゃって欲しいわけです。
mito 黒いやつですね。
tQy 何で黒くなったんだっけ?とかね。
K-GO 黒というより、「グレーが個人的に好きだから!」なんですよ!
Amamon. …確か。…最初から黒だったんじゃなくて、
赤色でいきたいってK-GOさんが言って画面を作っていて…。
tQy えっ、そうだっけ?
Amamon. ええ。確か、そうでしたよ。 それで、実機で出したら
でかちょ (※注1) が気持ち悪いって言い出したから
黒になったような気がします。
K-GO あー「ツノ付」の方か!! 思い出した。
tQy 実際、こういうのって作った本人が忘れていることって多いよネ。
mito で、なんでサイバーになったんでしたっけ?
tQy これも、K-GOの趣味だったんじゃなかったっけ?
Amamon. えーっと、8・7の時に古川さんが最初に作っていた
システム音があって、
mito ああ!
K-GO ああーーー!
Amamon. それが8・7のイメージにはチョット合わなかったんだけど、
mito そーいえば!
tQy ああ、「今回のには合わないけど、次回使いたいネっ!」
て話しになったんだっけ。
K-GO すげー!よく覚えてるね。
tQy ちょっといいはなしかな!?
K-GO うんだうんだ。
mito よくはない!?ですけどねw
K-GO いや、環境にやさしいかも。
tQy でもまぁ、古川サウンドへのリスペクトだったわけだし。
K-GO まさに、レジェンド・・・・。
Amamon. んじゃレジェンドってことで、
それにあわしたシステムデザインっていう話を進めましょうか。
K-GO ふー。あやうく自分の趣味にされるとこだった(汗
Amamon. さて、どんなシステム音だったかは覚えてませんが・・・
tQy (笑)
K-GO あー。ちょっと覚えてない。
tQy やっぱり、
古川さんなんでチョイグラっぽい感じでしたよ。(※注2)
K-GO うーん、そうだったような…。
ただ、ちとサイバーすぎなのはヤだったから。
tQy ふむふむ。
K-GO ちょと少年っぽい所もだしてこうと。そこでAmamon.登場ですよw
Amamon. ええ。K-GO兄さんからこんな感じでキャラを作ってと
頼まれたのがあのドラムとギターのキャラでした。
K-GO って、でも採用されたのより前に、
ハードな感じではじめ没になったのがあったよな。そういえば。
tQy たしか、もっと妖怪っぽかったよね。
Amamon. そうそう。
mito 妖怪ってw
Amamon. もうちょっと等身が高くて…
K-GO もっとなんだっけ?
tQy あの絵残ってない?
Amamon. 残ってないですよー!
tQy 残念(涙)
K-GO アンニュイな感じじゃなくてポップでもなくって。
mito 思い出せないなぁ。
K-GO いやぁ、あれは覚えてるよ。
Amamon. ちょっとエッジがとがった感じで悪そうだったような。
K-GO Amamon.頑張った。
tQy ちょっと、尖りぐあいが、チームの一部に
受け入れられなかったような・・・。
K-GO そそ。ワルイ感じがネ!
Amamon. ですよね。
確か、8・7がかなりポップだったので、ちょっとそれを
引き継ごうという傾向がチームにあったからかも。
K-GO うーん。だったかな?
tQy 今考えれば、そんときのフラストレーションが、
マドブラになったのでは。
Amamon. マドブラはなんだろう、色々疲れてたんだと思いますよ(笑
K-GO でもあのバージョンは、結構色々勝負かけたよね。
ロゴもGF、DMにしたり。 
   
頭文字の省略をタイトルにしたのは確かに珍しい
tQy そうそう。デザイン面で今までのギタドラを変えようとしていた。
K-GO ギタドラ先生を記号化して別キャラだしたりと。
Amamon. 結構8・7でがらりと変えて、さらに9・8で新しいところを
模索したって感じですか?
tQy うんうん。
K-GO 色々やって、おもろかった。
mito いやー。何年もたった今だからいえる余裕のセリフですね。
当時はホント殺人的スケジュールで
とてもそんな気持ちにならなかったんじゃ…。
K-GO ふふその通り。
tQy でも、基板性能とか、制作期間とか、
ものすごい制約の中でかなり実験的な作品だった。
というと、すごくかっこよすぎカナ?
Amamon. (苦笑)時間、ほんとに無かったですね。
K-GO 絵だけ違えばスゴク変化しているように見えるから
がんばれ!!という具合。
mito あのときはシステムをほとんど1人で作ってましたしね。
Amamon. 自分の記憶では6ヶ月連続バグチェック…。
mito ああう。
K-GO テクスチャー作っている背後でチェックしていたなwみんな。
mito そーいえば・・・やってたような。
tQy e-AMUSEMENT対応になった8・7powerup versionと
結局制作期間が重なっていたからね。
歴代、最短の開発期間だったんじゃないかな?
Amamon. なんか、毎日ギターを弾いていた記憶が…。
それに、実質のデザイン制作費やせたのは、
約3ヶ月ですよね、多分。
K-GO うんだ。
tQy 実質ね。
K-GO まあ実際、形はどうあれ、やりきったのは良かったよね。
tQy お、すげーうまくまとめた。
Amamon. ある意味色々と濃い期間だったと。
tQy うんうん。
K-GO でもあの辺でAmamon.、放置でも自力で頑張れだったから、
彼自身一番成長したんじゃない?その後にかけて。
Amamon. いやいや。
tQy そういえば、ギタドラとしても、
ギターの人気があそこら辺で復活してきていたらしいヨ。
K-GO え?そうなんですか?
tQy 下手したらフェードアウトしていた可能性だってあったんだし。
Amamon. まぁ爆弾発言!
mito 実際、ちょうどV字回復の第一弾だったわけですからね。
K-GO ヘーヘー。そのへんはあさきの力が大きかったのかな??

 
(実際は、あさきデビューはGF7dm6までさかのぼります。)
mito なんだかんだいってe-AMUSEMENTかも?
Amamon. 継続して遊べるシステムが追加されましたしね、スキルとか。
tQy いやー、みんな、それぞれの力が、誰一人欠けていても
なしとげれなかったと思う。こうしたことすべてね。
K-GO だねぇ。(しみじみ)
tQy それに、何だかんだ言っても確かに8・7と9・8は、
ギタドラにとって中核だと思うよ。みんなの言うとおり、
今のVシリーズに引き継ぐ要素がたくさんある。
mito そろそろ、変えていきたいんですけどね。
tQy だねー。ただ、自分たちで作ったものを、
自分たちの手で壊すのが一番難しいよね。
それがクリエイティブの原点ではあるんだけど。


とゆうわけで、伝説を超えて今なお進み続ける、
今後のギタドラシリーズにぜひご期待ください!!!

おしまい

※注1
当時のHPでのクレジットは、「さ」となっている。カウガールが大好き。ちなみに実機とは、実際のゲーム機を指す。実機での確認・調整がシステムデザインでは非常に重要である。

※注2
本作、マスターピースシルバーでは、スキンをGF9dm8にした際、サウンドも当時のものが再現される。(ただし、当時のバージョンに存在しない画面等一部で異なります)
ページトップへ



spacer
© 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.