●中華ロック●
- 己経忍不住了 -
◆◆◆ 武生(WU SHENG) ◆◆◆
上海
歌を歌う、小龍蝦(食用のザリガニ)を食べる
オードトワレ
パパラッチ
ロック界をゆっくりと昇りつつあるアジアのスター。
彼の口癖は「私が最も素晴らしい!」。
世界で一番熱いステージをリスナーに捧げる事を目標に、日夜歌い続ける。
●中華ロック●
己経忍不住了 / good-cool feat. ミッキー・マサシ

ニ〜ハオ!!!!!!!

この度初めて、ミッキー・マサシ老師とコラボレーションさせて頂く機会を頂きました。
上海に渡り住んで早数年のミッキー老師とのコラボは「中華風のロック」を制作して下さいとのお話。
一体どうしたら中華風のロックになるのか、ウーロン茶を飲みながらしばらく悩んでしまいました。
以前アーケードで制作した「バリ風のトランス」の時もかなり頭がグルグルしましたが、今回も相当グルグルです。
中華風と言われてまず頭に浮かんだのは芝エビのチリソースと青椒肉絲でしたが、全く音楽に関係ありません。
次に浮かんだのが、金糸の刺繍入りのド派手な人民服と華麗な王宮の様子でしたが、これまた関係ありません。
でもやっぱりチャイナドレスのスリットにはうっかり魅了されちゃいますね!!!!!!! …あぁ、更に関係ありません。
結局「和風のロック」を作った時と同じ手法で、中国伝来の楽器たちを随所にちりばめながらサウンド面をまとめてみました。
続いて歌詞ですが、ミッキー老師は中国語がペラペラのペラペ〜ラですので、これを活かさない手はありません。
なので歌詞は全て中国語で攻めることにしてみました。日本語は一切使いません!! 何があっても使いません!!
慣れない中国語での作詞を、茉莉花茶を飲みながら頑張りました。何に慣れてないって、中国語の入力に慣れてません(笑)
完成した歌詞をミッキー老師に添削してもらった結果、あまりにセクシー過ぎて中国ではマズいのでは?という部分が発生。
しかしミッキー老師の的確なアドバイスで、やんわり上品な表現に変更できました。さすが老師!! スバラシイ!!
そしてミッキー老師の正確な発音で、完全に中国4千年の歴史が漂っております。さすが老師!! スバラシイ!!
そんなこんなで出来上がった中華ロック、タイトルの意味は「もう我慢できない!!」といったニュアンスです。
なかなかドライブ感のあるサウンドに仕上がったのと、ミッキー老師のアツいボーカルが絡み合ってとてもイイ感じです♪
皆さん、コントローラーの前でこの曲を聴いて「イージンレンブチューラ!!」と激しく叫びながらプレイして下さいね〜。

再見!!!!!!!

◆古川"good-cool"竜也◆

**********************************************

Hello!ミッキー・マサシです。
凄く久しぶりなので、みんな忘れちゃったかな?
実は俺はいま、中国の上海で暮らしている。この街は刺激的で面白いぜ。
さて今回の曲はミスターgood-coolとの初コラボレーションだ。
海を越えたコラボレーションだぜ?スゴくスリリングでエキサイティングだった。興奮したね。
しかも今回はなんとこの俺が中国語に初挑戦だ。歌詞の内容は・・・ちゃーんと俺の歌になっている。
ま、相変わらずってトコさ(笑)
チャイニーズトラディショナルとハードロックの融合、イカす曲に仕上がってるので是非とも楽しんでくれ!

◆ミッキー・マサシ◆
(コメント翻訳:はやP)
今回のキャラクターのコンセプトは『中国風』です。
曲を何度も聴いて、数多くのラフイメージを作ったのですが、その中でもひときわ目立った、この『京劇風の衣装を来た彼』を皆様にご紹介する事になりました。
彼は若く、情熱的で、歌でそれを表現しようとする熱い男です。

アニメの制作過程も非常に楽しかったですよ!
私は、作ろうとするアニメの動作をまず自分でやってみるのですが、通路を歩く同僚達は(何も知らないので)、そんな私のポーズを見て、みんな非常にビミョーな微笑みを投げかけてくれます。彼らはきっと心の中で「なんだその変な動きは…」と思っていた事でしょう(笑)

“武生”君は、舞台の上では少し狂気じみていて、京劇が本来持っている厳かな落ち着いた雰囲気とはちょっと離れていますが、皆様どうか許してあげて下さいね!
一度『愛の川』に落ちた人は興奮しやすいし、何よりステージ上で好きな彼女に向かって高らかに1曲歌うためには、これくらいしないと!(笑)
◆LuLu◆


皆さんこんにちは!丹丹です。
私は最初にこの曲のデモを貰った時、凄く「メロディが良いな」って感じました。
曲の中に二胡や琵琶など中国の楽器が入っていて、ロックなのに凄く中国風味!
古い中国の雰囲気と現代のロックがすんなりと溶け込んでいて驚きました。

何度か聴いているうちに、ひとりでに武生君のイメージが頭の中に浮かんできて、そこから加速度的にすらすらと絵が進みました。彼はそんな中の一人です(笑)
武生君の他にも、ボツになってしまった多くの面白〜いキャラクターが生まれたので、いつか機会があったら皆さんに紹介しますね!

武生君のステージはとても情熱的で、彼の大げさな動作を見ているだけで、非常にエネルギッシュな性格が分かりますよね。
でも、普段は気取って格好つけていても、意外とシャイな面もあったりして!?(笑)

武生君に生命を与え、彼が無から有になって生き生きと活動し始める。
そんな瞬間が最も楽しいです。

◆邱丹丹◆
武生くんインパクトありすぎ!
しかも負けの姿がひそかにかっこいい・・・っておもってるのは私だけじゃないハズ
武生くんのほかにもまだまだ沢山キャラ案があって、どれもそれはそれは迫力あるのでした。
バナナの皮ですべって転ぶ、ファンから生タマゴを投げつけられる等々思いもよらないアニメが盛りだくさんで目が離せない存在デス。
ミッキーさんの歌声もこれまた一段と格好良い!
※ちなみに武生はタケオではなくて中国語で「WU SHENG」と読むんだって!(アオニサイ)

**********************************************

曲も大好きだし、武生くんも個人的にとってもすき。楽しそう!本場中華の香りがします。
中華&ロックが絶妙です!(mayo)

**********************************************

公私共に仲良くしてもらっている、ミッキーが大陸に旅立ってずいぶんと経ちますが、風の便りに「元気にやってるよ」と聞いて、「ひさびさにどうよ、唄ってよミッキー」と言ったら快く引き受けてくれました。曲は今回good-coolさんにお願いして、海を越えた夢のセッション実現!!
昔からのポップンファンにはきっと喜んでもらえたんじゃないかな?(村井聖夜)

**********************************************

ロックの中に、たおやかな中国らしい楽器の音が盛り込まれていたりして、なんだかセクシーですね〜!
強さとしなやかさの関係に、ちょっとドキドキです。(tam)

**********************************************

すいません。最初はもっとコミカルなのを想像してました。
上がってきた曲を聴いてみたら、スゲーカッコエエ!
そして歌詞はどんな意味なんでしょう?気になりますね。
武生くんはキャラコンペの時にそのインパクトで彼しか選べませんでした。(伍長)

**********************************************

さすが中国。なまたまごを簡単にぶつけてくれる、そこにしびれるあこがれる。
何を歌っているかは未だにまったく聞き取れないのですが、曲は大好きです。
あと武生濃すぎです。大好きですタケオ。
自分の心の中では何時までもタケオと呼び続けることでしょう。おぉタケオ心の友よ。(KAN)