TOP > MUSIC&CHARACTERS > ロマンティック

マジックナイト イノセント3 ウルトララブリンユーロ ロマンティック リフォーム ネイチャー グレンラガン 50cc POP ホンキートンク ウィッシュ カーニバル サンクティティ ジャパニーズレゲエ ファンクフィーバー コスモポップ
ロマンティック
Romanticが止まらない
Romanticが止まらない
ネオロマンティックス
◆◆◆  ミミ!?(ロマンティック)  ◆◆◆
出身地 日本
趣味 おしゃべり 買い物 カワイイ小物には目がないんだってさ
好きなもの うさぎグッズ
嫌いなもの トマトジュース
Fu! だれかこの胸のトキメキを止めてくれ
胸が 胸が・・ と・ま・ら・な・い・・・
MIMI!?

ページのトップへ戻る

「Romanticが止まらない」のボーカルを担当させていただきました三浦です。
ポップンミュージックシリーズは「女王騎士」や「水上の提督」以来のご縁ですね〜

「ネオロマンティックス」の名前がCSポップンに登場するなんてオドロキでしたよ。
しかもカバー曲が「Romanticが止まらない」というのはさらにオドロキでした。
歌唱難易度も高かったです。(KEYちょっと高いです... 村井さん)

歌のレコーディングは、楽曲はもちろんですが、いろんな意味で懐かしさでいっぱいでした。
アーティスト名としてクレジットされた「ネオロマンティックス」は、実は村井聖夜さんと一緒にアンオフィシャルに活動していたバンドの名前なんです。
僕はそこでボーカルを担当していました。
あくまでアンオフィシャルな活動でしたので、80年代のロック&ポップスのカバーを中心に楽しんでいました。
つまるところ趣味でやっていたバンドなんですけどね。

こんどは村井さんが意外なカタチで某家庭用ゲームでコラボする... かも
それではみなさん、さようなら〜
<三浦憲和>

NorikazMIURA「愛のサウンド劇場」
---NorikazMIURAブログ 「愛のサウンド劇場」---

今回の村井担当曲は、なにかと変化球です(笑)。
純粋な新曲担当がなかった(あえてなくした)ので、それ以外のやりたい事をやりました。
そのひとつがこの曲。
テクノ歌謡と呼んでいいんですかね…80年代のテクノポップのテイストが入った歌謡曲。
アーケード版のほうでも何度か案として持ち上がったのですが、常に次点おくりになっていたので、家庭用でかっさらいました(笑)。

ボーカルの三浦さんは、普段は家庭用ゲームのサウンドを担当している同僚スタッフ。
以前一緒に、お遊びでこういうテクノテイストな洋楽ポップスなんかをバンド形式でカヴァーしたりして、その時のバンド名がneo romantics。
三浦さんのちょっとナルっぽい歌声が良い感じだったので、なんとなくこの歌も唄えるかも?と唐突のオファーをしました。
それまで、「ここはポプがき隊かなぁ?」とトンでもないネタ路線を思いついたりもしましたが、今になって思えば、そんな事しなくてよかったと胸を撫で下ろしています(^^;
<村井聖夜>

たしか13を作っている頃から、14にはロマンティックしかないでしょう!と伍長さんと盛り上がり、ついに入ることになった曲です。アレンジも最高だし、譜面もとても楽しいし、大満足!
アニメを作るためにあの辺の時代の資料を見まくっていたら、しばらく80年代テイストから抜けられなくなって焦りました。この曲は1度プレイするとヤミツキになりますよ〜
<aonisai>

そう、実は前作のカーニバルを作ってる頃から次はコレだ!と盛り上がっていたのです。(約2名)
80年代に大ヒットした曲なんですが、最近ちょくちょくTVとかでよく聴きますね。
きっと、同じぐらいの年代の人達が作ってるからなんだろうなー。
アニメ作成中のアオニサイさんが、80年代ファッションをみてカッコイイと言い出した時は、肩パット入った服を着てこないかと心配でした。
<ゴチョウ>

知ってる人も知らない人も、ノリノリで楽しめる曲とアニメになってますよ♪
多くは語らず…♪是非是非のオススメです♪
<mayo>

実はこの曲・・・今回の制作を通じて初めて聴きました;;
伍長さんが
「ジェネレーション・・・ ギャップなのか・・・」
と呟いた光景は忘れません(苦笑)
<Yuk>

ジェネレーションギャップは無いはずなのですが、なぜかこの曲を知りませんでした;
しかし、アニメから時代の風はしっかりと伝わってきましたよ〜!
近頃のナウなヤングにぜひプレイして頂きたい逸品です。
<tam>

ページのトップへ戻る