TOP > SPECIAL > STAFF MESSAGE 第1回

pop'n musicのおっきいマシンのプロデュースから、家庭でプレーするpop'n musicに、呼ばれてもいないのに出張ってまいりました。
Carnivalから参加したんですが、FEVER! で本格的プロデュース参加の家pop'nです。
(けど、ほとんど仕事してませんけど・・・チームみんな! 伍長!すまぬ そして いろいろありがとう!)

ゲームセンターのは、家に持って帰れないので、Playstation2のpop'n musicは、私的に買って『ひっそり』と楽しんでいたわけですが、これでひっそりと楽しむのではなく、『堂々』とスタッフの端くれとして、買うことができます!
これもちょっと嬉しいです。

BEMANIは初代からかかわっているので、BEMANI 10周年は、自分も10歳年をとったことになります。
嬉しいのか、悲しいのか。
肉体的にも、精神的にも、10年分変化したのでしょう。

pop'n musicは、初代から比べると、手前ミソながらいい感じで変化していると思っています。
自分もpop'n musicのように、いい感じで変化していればいいなと思います。

・・・なんだかポップンらしからぬ、じじくさいコメントだなぁ!

FEVER! かなり、か・な・り・いい感じですよ!
是非よろしく!!!

こんにちわ!
家庭用ポップンシリーズもついに14作目です。
初めてポップンシリーズの制作に関わったのが”5”の時で、そのころは14作目まで続くなんて、まったく想像できませんでした。

しみじみと昔を振り返ったところで、14のテーマは『FEVER!』です!
意味は熱とか熱狂ってことで、だから盛り上げていかなきゃなりません!
最近、盛り上がってますか?

「ちょっとFEVERしてないなぁ」とか、「まだFEVERしたことない!」という人はPS2版『ポップンミュージック14 FEVER!』でFEVER成分を補充してください!

前作に引き続き、今作FEVER!でもサウンドディレクションを担当しました、村井聖夜です。
家庭用ポップンの制作も2度目になるので、な〜んとなく慣れてきました。
元々は家庭用ゲームサウンド出身だしね、余裕〜♪…でもなかったケド(^^;

今制作では、アーケード版ポップンミュージック15ADVENTUREとほぼ同時進行だったので、ふたつの制作の時間配分で別の神経を使いました。
最初に制作にとりかかったのは家庭用のほうが先だったんですけれどね。
先に移植部分を進めておいて、途中にアーケード制作期間を挟んでから、後半に家庭用新曲枠の制作という綱渡り。
しかもそのアーケード制作期間の間に、秋桜のミニアルバム「cosmos」の制作を挟むという3層構造(笑)。
今思えば、よくもまぁこんなムチャしたもんだと思います。

そんなこんなでそれら同時期に始まった全てが、同時期に終わって今やっと、ほんの少しの時間的余裕ができました。
ひとつ終わればまたすぐ次が始まるのがポップンサウンド制作の常ですが、短い休暇をもらいつつ、また次の新しい事への充電をさせてもらいます♪

本作、家庭用ポップン14の初お披露目は今をさかのぼること数ヶ月前、あのポップン文化祭でありました。
(もうずいぶんと昔のことのように感じるなぁ…)

まだそれほど完成度が高くない状態だったけれど、会場でプレイしてくれる多くのみなさんを目の当たりにして「完成まで頑張ろう!」と新たな闘志を燃やしたものでございます。

あれから今まで以上の面白さをギュウギュウにつめ込んで、ようやくみなさんにお届けできました。おめでとう!ありがとう!

思う存分、おウチで FEVER! しちゃってくださいね。

とうとうFEVERがやってまいりました。

前回もいろいろチャレンジしましたが、今回も負けていません。
家庭用版権曲がなんと3曲も入ったり、電撃PLAYSTATIONの連載ではキャラのできるまでを「あきよし菜魚」さんが楽しくマンガにしてくださったり、ミニゲームをたくさん作ったり…。

あれもこれも私が最初にポップンを作った「5」のころから考えると、信じられない企画の数・・・。

少し前になりますが、「ポップン文化祭」では直にみなさんのポップンが好き!という気持ちを感じられたこともわたしの中で大きな糧になりました。ラフォーレからの帰り道、なんだか「じ〜ん」としたりして。。

今回のジャケットの裏側・・・少しでもポップンをいろんな人に知ってもらいたくてポップン紹介マンガを入れてみました。
ぜひ読んでみてくださいね!そして友達にもススメてみてくださいね★

ページのトップへ戻る