コンニチワッ。歌と作詞を担当の ふじのです。
疾走感と浮遊感。
さかさまどうしの ふたつの感覚を同居させた音楽を いつか やってみたいなー。
そんな 私のつぶやきを 小耳に はさんだ片岡さんが それでは やってみましょう、
と作った曲です。
おお。ふたつの感覚が ひとつに とけたー!
ということで 「メルト」です。
終盤のオルガンソロにのせて アドリブのコーラスで 思いっきりはじけておくれ、とリクエストされ、深夜のスタジオで もう勘弁してください、ってくらい はじけたのも今となっては良い思い出です。

--------------↑以上ふじの--------↓以下カタオカ--------------

というわ
けでか
たおかです
ー。

メルトはパーキッツのマキシ「シュガー・シュガー」の2曲めに入ってます。入っていますんですが、実は当初別の曲がここにくる予定でした。
その曲を作ってる最中にわく氏から「ポップン13なんですが」とお電話。それはよいお話だ。これをこのまま13にもっていきましょうか?しかし良い曲ではあるがどうにも叩いてあまり楽しそうとは思えない。おいらとしてはポップンに入るからにはノーマル譜面からウキキと楽しく叩いてほしいのですね。葛藤のすえひっこめちゃいました9割がた仕上がってるにもかかわらず。
片岡さん大英断。そして玉のような子が生まれましたそれがメルト。ジャンル名が曲名と同じなのはおいらの指定です。だってそうとしか思えなかったんですもの。
CDでフルサイズもぜひ聴いておくんなさいまし。2番以降せつなさ増量ですのよ。よろろ。
11/23発売のパーキッツライブDVDにも収録されておりますメルトライブヴァージョンもどぞよろろろ。

EX譜面のシカケはわく氏と共謀しました。携帯電話でああしましょうウヒヒそうは問屋がイッヒヒヒとか楽しく悪巧みに花が咲いておりましたのですが。
気がついたら周りの人々がみんなこっちを見ていました。よっぽど凶悪な顔してたんでしょうかね。「油断したところを一気に襲え」なんていう物騒な会話も聞かれてたんでしょうか。
うっそー♪

◆パーキッツ◆

 
     

 
 

泣いたって、やっぱり恋はやめられない!
大丈夫、雨が止んだらきっとね。


恋する普通の女の子だったら、どんな女の子でも良いと思ったんです。なのでアイデアはたくさん出たんですが、shioさんと一緒に乙女妄想しすぎで仕事にならないのもどうかと思ったのでちひセンパイの「花屋とか!」の一言で花屋のはなちゃんに決まりました。

アニメレタッチをしてくださった方に「この子の名前はなんですか?」って聞かれて決めてないぞ!と焦ったのも束の間、「花屋だからはなちゃんですか?」とのお言葉・・。「あ、そうです!それで!」なんて、夢のない名前の付け方なんてしていません。なんてね〜、うっそー♪

ほんとーにかわいい歌詞で、片岡さんwacさんがEXで無茶をしたくなる気持ちもわからなくないですね!って、その部分は歌詞なかったかー。最初できなかったけど、今はもうクリアできるようになったんで良いです。めでたしめでたし。

◆eimy◆

はなちゃん
 
     

 
 
このポップさはパーキッツさんならではですね。ほんわか。とっても印象的な「うっそー♪」から少女マンガ的妄想が私とeimyの間でとまらなくなり、読みきりマンガ1本いけそうな勢いではなちゃんが生まれました。ストーリー性あるアニメをお楽しみください。こーゆーアプローチもひさびさで新鮮ですね〜。 (shio)


佐藤さんとはなちゃんはけっこう似てますよね〜
私は飼ってた犬とそっくりだとよく言われました。ダックス・・・どこが似ていたんだろう・・・? (ちひ)


今回も佐藤さんが主役!!とおもったら、新キャラでちゃいました。
それも花屋の女の子♪

それにしてもwac! EXやりすぎ。ずるいよ。(masaru)



花屋さんって猫草売ってるんですかね。
最近は毛玉コントロールできるキャットフードもあるので心配ないでしょうが。 (コバケン)


サビ部分の合いの手「ンカ♪ンカ♪」んトコが特に好きです。大事だよね、こういうツカミ。メモっとこう。 (村井聖夜)


メルト。とける。とろける。そういえば冬季限定チョコがそろそろですね。
なにかとEX譜面のいたずらが話題にあがりがちですがEX以外の譜面もウッチーズの兄のヒゲの方の人が丹精こめて作ってくれましたよ。
EXは長いぜ構想はパーキッツの深夜スタジオにおじゃましてこの曲を聴かせて頂いた時、片岡さんのたっての希望により、というか深夜のテンションのまま「やっちゃってよ!」「やっちゃいますか!」「ひっかけようぜ!」「ひっかけますか!」「アハハハハ」「あはははは」ということになり今に至る。
この構想を伝えた際、オルガンの波形を切ってもらったウッチーズ兄には「えぇぇー?!(仕事終わったと思ってたのに!)」と言われ。チーム員からは「ぅエー↑(そんなんやらなくていいんじゃない?)」という微妙な反応が多く。最後にはオレ自身も「やり残してた!うっわめんどくさ…」と挫けそうでしたが、めげずにオイラやり通したぜ貫き通したぜ見ててくれたかい父ちゃんいやカタオカさん。 (wac)