KONAMI

HOW TO MUSIC & CHARACTERS MUSIC LIST Q & A
FROM STAFF GALLERY EVENT SECRET MAIL
トップページへ


 

毎度!ショッチョーでおま!
まあ、ゆうてもまだ2回目でっけど、そこは汲みとっておくんなはれ。よろしゅうたのんまっさ。

ちゅうか、いくら関西人の僕でも、ここまでコテコテな大阪弁は使うことも、耳にすることもそれほどないので、不自然極まりないです。
某金融ドラマの影響が強すぎると思います。ああ、完済人になりたい。


例によってTOMOSUKEはんから電話がかかってきたわけですが、何故か大阪弁で、

「大阪弁でブギってもらえまっか?ほなっ!」

つっこんでいいものか迷っているうちに、電話は切れてしまいました。
それ以来、帰り道とかで、適当な大阪弁を口ずさみながら、大阪弁が乗りやすいメロディーをずっと考えてました。
当初はもっと、「きちゃない」感じをイメージしていたのですが、肥塚さんに作詞していただいたり、ター子がめっちゃラブリーだったり、天下茶屋子さんのキュートなボーカルが入ったりするうちに、ミスマッチ感が逆にアリな感じがして、今ではすっかり気に入っています。
こんな転がり具合がとても幸せでした。皆さんにかわいがっていただければ、なお幸せです。

色々あったわけですが、最後に言わせてください。お世話になった皆様に感謝!
あと、「電話パターン」を続けるべきか否かを、皆さんに問いたい。
あと、関西人じゃない方が、若干照れが入りつつしゃべる微妙なイントネーションの関西弁が、僕は割と好きです。

というわけで、全くキャラが固まらないままお送りしました。ほなまた!

● ショッチョー ●



この素敵なショッチョー楽曲の作詞を、”席が隣だから”という理由で担当させて頂きました肥塚でございます。
当初頂いたお題目が、”大阪弁”ということで、常用大阪弁(?)でさらっとストーリーを展開したのでございますが、不安になり途中まで出来た時点でショッチョーチェックをしてもらったのでございます。
なにやら不満なようで−というのが、もっとドロドロでコテコテな大阪弁が良かったらしい。(でも僕神戸なんで勘弁...と言い訳)
気を取り直して、ありったけのガラ悪い系の大阪弁を探して取り入れたのでございます。(”けつかった”とか普段言わないよね)
意外や意外、他コンポーザーの曲に歌詞をつけたのは今回が初めてで、難しかったけど楽しかったです。

キャラクターも当初別の案が上がっていたのですが、こんな歌詞が出来ちゃったためデザイナーさんは大慌て。
アップ寸前で変更してもらったのでございます。(ホンマすんませんでした)
でもター子、ミー子がとってもラブリーで、これで良かったのだと今は思うのでございます。
ありがとうございました。

● 肥塚良彦 ●



 


 


  ウチのおとうちゃんのたこやきは日本一や!ぎょーさん食べたってやー。
ター子は大人も顔負けなしっかりものと商店街でも評判なんだよ!
15のジュンアーイがすごく好きで、次はショッチョーさんの女性ボーカルも聞きたいなぁとほんわか思ってました。そしたらさっそく夢がかなったよ!

上や下でみなさんが懺悔?されてるように、曲デモの段階できの子ちゃん作のイカしたアネゴキャラがほぼ完成していたのですが、肥塚さんの作詞パワーでター子が生まれました。かなりギリギリ時期で悩んだのですが、あんなよくできたお話を聞いてしまったらかなわんなぁ・・・と無理に作らせてもらいました。きの子ちゃんごめんよ。
でも大丈夫!マチ子(仮名)は雑草のように強くたくましいおなごやさかい。ただでは転ばんと、次でめっちゃものごっつい曲と一緒に帰ってくるでー。
(うそ関西弁を使って、ネイティブの人に嫌がられるのが私は割と好きです)

キャラに関しては歌ですでに完成してたので、とても自然に浮かびました。
実家がお店屋さんの子ってしっかりしてて、すごい大人に見えたなぁ。
算数に強いが人情に弱い。ちっこいたこやきっ子です。
あとナニワキャラフィーバーと浪速テイスト蛍光色なハッピとTシャツとがまぐち財布がポイントやねん。…ちゃうねん。

● shio ●


 


 

なんですかこのかわいい歌は!!
ター子はとーちゃんと喧嘩して、とうとう家出してしまいました。
…そんでその日のうちに見つかってとーちゃん反省、絆が深まる、的な連ドラストーリーを妄想しつつノリノリで叩いてます。

「ほんま かなんおっさんやなぁ〜」
ってトコ。思わずふきそうになった

実家に帰ったら毎日ゆうてる台詞やで
ほんま産まれてから一度も大阪でてへん
大阪のおっさんは・・・かなんなぁ。。。


この曲を聞くと、たこ焼き食べたくなります。
ブギって聞くとなんとなく楽しい気持ちになるのですが、歌詞はけっこう切ないですね。
「秘伝の味」と言えば、「創業当時から継ぎ足し継ぎ足し使っているソース」
このフレーズだけでおいしそうな感じがするから不思議です。

「8代続いたたこ焼き屋〜」8代ってたこ焼き屋にしては長すぎないか?とこの間遊びにきたteraさんが言ってました。私もずっと心の中で気になっていましたがたこ焼きの起源を調べだすときりがなさそうなので代の交代が早かったんだと思うことにしてます。せつないねん。

EX譜面の裏打ちの叩かせ方がなかなか斬新で楽しかったですね。

これまた随分と昔の話ですが、ポップン9の頃、小野隊長にショウワ情緒溢れる和ブギを作ってもらおうと思った時に、ズキズキワクワクな方に行くか、おっさんおっさんな方に行くかで二者択一になりまして。
たまには明るい曲を作りたい!という小野さんの要望でズキワクな昭和ブギウギが生まれたわけですがそのため、もうひとつのブギは宿題として残っていたのです。
今回ショッチョーさんにいっぺん女性ボーカル曲を作ってもらいたいなあという流れから、ショッチョーさん曲の古くささとか関西人っぷりとかそのへんのピースがうまい具合にはまり込んだため、6年越しで関西弁おなごブギが日の目を見ることとなりました。
個人的には曲も譜面も今作屈指のお気に入りです。

それにつけても大阪弁の女の子ってかわいいですよね。
でも昭和ブギウギの頃は東北弁の女の子はかわいいですね、とか言ってたみたいですけどね。
つーかついこないだ福岡行った時は博多弁の女の子はかわいいですね、とか言ってたみたいですけどね。
つまり方言だったらどこでもいいみたいですね。わてほんまによう言わんわ。


どうも、ショッチョー担当のTOMOSUKEです。
全体のジャンルの方向性を考えている時に、なにかの成分が足りないなあと思ってました。
それで思い浮かんだのが「場末あたりにいる喧嘩が強いアネゴによる人情ブギ」。なんでやねん。
なんでやねんっ!と思いつついつものようにショッチョーに電話して「場末ブギ作って!はやくして!じゃあ。ガチャ」と依頼しました。
実はショッチョーって結構音楽性が幅広い人でして、こういう無茶な要求にも答えてくれる偉い人なのです。
数週間後に出来上がってきたデモを聴いた時に、本当に場末っぽくなっててびっくらしました(笑)
あまりにやさぐれた曲で心配したのでしょうか、王子がかわいい歌詞を颯爽とつけてくれましたでございます。
こうして、アネゴ場末ブギはたこやき人情派となり名曲がここに一つ生まれたわけです。
ところで、この曲によって僕は2つの業を背負ってます。
1つは「よし、俺がピアノをブギブギにガンガン弾いたる!」と言って結局弾けなかったので、次のショッチョーの曲はピアノで参加したいと思ってます。
もう1つは・・・次回作で!


 
当ホームページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべて株式会社コナミデジタルエンタテインメントが管理、所有しており、著作権その他の権利として保護されております。
無断で複写、複製、翻案、翻訳、改変、展示、転載等の利用、使用はお断りいたしております。
「iモード」および「i-mode」ロゴはNTTドコモの登録商標です。
SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。
「ビーマニ」及び「BEMANI」ロゴはコナミのサウンドシミュレーションゲームのブランドです。