KONAMI

HOW TO MUSIC & CHARACTERS MUSIC LIST Q & A
FROM STAFF GALLERY EVENT SECRET MAIL
トップページへ


 

『で、一体なにが亜空間なんだ?』

まあ、落ち着いて左手と右手を机に置いてみてください。
机が無かったら膝の上でもOK。
まず1、2、3、4、1、2、3、4、1…と口に出しながら、右手を一定の感覚で叩いてみて下さい。ポンポンポンポンという具合に。
次に右手はそのままで左手を1と3の時だけ叩いてみてください。
右手が4回叩く時に左手が2回叩くって要領です。
できました?
割と簡単にできると思います。
でも、これは亜空間でも何でもありません。

↓こっから亜空間の入口↓

右手は同じ要領で叩きます。ポンポンポンポンって1、2、3、4の繰り返しですね。
左手を右手が4回叩く間に3回一定の感覚で叩いてみてください。

右 1
1…
左 1
2    3
2    3
1…

図に表すとこんな感じです。
これは結構難しいと思います。
なんで難しいというかというと偶数と奇数を同時に意識しなきゃならないからですね。
割り切れる数に割り切れない数が入り混じってるからです。
でも、これが意識できると不思議な感覚に陥ってずっと続けたくなるんですよ。
まさに亜空間に飛ばされているような感覚。音楽的にはポリリズム、と表現されます。
この曲はそれをコンセプトに作っているのです。譜面もバラバラのリズムを同時に意識するようにと考えています。
でもただ適当にバラバラでは無くって、どこかでメロディやリズム同士が『あら、こんにちは!』するポイントがあるのです。
亜空間と普通の空間を行ったり来たりという感じです。
これを読んでくれている皆さんの中にはなんだかよく分からないけど勢いでできちゃって、不思議な感覚になった人もいると思います。
その人は生まれ持っての亜空間センスがありますね。
頭で考えると複雑な譜面ですが、体が覚えてしまうと『あーこの感じだ!』となると思います。
上に書いた、左手と右手の遊びのようにねっ!
是非直感的に本能でLet's 亜空間プレイをして下さい。

● TOMOSUKE ●



 


 


  世界が注目する中、難解な曲を発表し続ける孤高のピアニスト。
彼には世界のすべてが音楽になってしまうんだって。

16ではTOMOSUKEさんにかっちょジャズを作ってほしい!と熱くリクエストしてこの曲が届きました。曖昧すぎるお願いなのに、予想を高次元に超えたこのかっちょよさ!恩に少しでも報いるべくみんなでがんばってキャラ考えました!ジャンル名が決まってあわてて書き直した背景の絵もお気に入りです。

知的でクールでワイルドな不思議な曲・・・に悩まされ、ポップンキャラブックを見てくださった方はお気づきでしょうが、ずっと使いたかったMZDデザインキャラをちょっといじらせてもらったらいい感じになったかな、と。
で、ひとつの方面には天才的なんだけど、そのほかは全くダメって雰囲気が出したくて、こんな感じに。嗜好はすごく子供っぽいとか。生活能力ゼロとか。憧れますね。偏執さ、かもし出されてますでしょうか。一見あほっぽくなるエアピアノもぎりぎりのかっこよさに仕上げていただいて感動しました。

あと人生で成し遂げたいレジェンドのひとつに「レストランで食事中にすごい曲の譜面や証明の数式が浮かんでしまって、がががっとテーブルクロスに直接書いてしまう」っていうのがあるのですが、まだまだ実現できないので代わりにスモークさんに託しました。かっこいいですよね〜。私もいつかは…!

● shio ●


 


 

造語だけど、これは言いえて妙なジャンル名。
スペイシーな捻じ曲がった空間にジェットコースターに乗っているかのように引き込まれる、まさしく亜空間ジャズだね。

イラストでは髪の毛のうねりやくちもとのしわまでみんなで悩んでまとめました、ささっと出来ているように見えるかもしれないがそんな事はな〜い!!
この人はふいにメロディーを思いついたら全部後回しにしてでも弾かずにはいられないんだろうなぁ、わたし、そんな人とは一緒にいられない気がします。。。

ピアノ曲を聴くと、鍵盤の上を走る指を見たくなります。
この曲は曲コメントに”怒濤”ってある通り、見ごたえたっぷりでしょうね♪

普段ジャズを聴かないキッズにも、音楽即ちジャズと認識しているダンディにも、平等に降り注ぐことの出来るTOMOSUKEジャズは希有な存在だと思います。アジテーターの存在が文字通りみんなのプレイをアジテイトしてくれますね。
ちなみに僕は昔から致命的なまでにみっつとよっつが出来ない人なので、あのピアノ曲弾いても悲惨なことになるし当然この曲のEXも意味がわかりません。

かっこいいメロディを力強く叩いているのがおもちゃのピアノってとこが可愛いのです。
喜怒哀楽を音楽で表現できるってなんて素敵なんだろう。

前半戦のボス曲ですね。
渋知な感じで良く選択してました。。。HYPERが限界でしたが

終盤の早いところ、アニメも相まって高速で演奏する姿が目に浮かんできます。

亜空間なジャズって何やねん?!
聴いてみて納得や♪

色々なジャズの音が♪
ええわぁ〜  これ


「ジャズ」とか「フュージョン」を聞いてみようとCD借りたんですが、今ではプレーヤーの奥で眠っています。
激しいのが好きですがどれを聞いたらいいのやら・・・
そんな時にこの曲を聞いて一発で気に入り、しかもニエンテHYPER(36)のクリア安定してきていたので、
「よっしゃーじゃあこの曲をクリアして、36ならクリアできる人になったるでー!」とか思っていました。

・・・いました・・・

苦手な階段・・・
ついていけてない両手・・・
亜空間に飲み込まれていくポップ君とゲージ・・・
折れる心・・・

次回作が出るまでにはなんとか・・・!!



 
当ホームページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべて株式会社コナミデジタルエンタテインメントが管理、所有しており、著作権その他の権利として保護されております。
無断で複写、複製、翻案、翻訳、改変、展示、転載等の利用、使用はお断りいたしております。
「iモード」および「i-mode」ロゴはNTTドコモの登録商標です。
SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。
「ビーマニ」及び「BEMANI」ロゴはコナミのサウンドシミュレーションゲームのブランドです。