KONAMI

HOW TO MUSIC & CHARACTERS MUSIC LIST Q & A
FROM STAFF GALLERY EVENT SECRET MAIL
トップページへ


 

私は、パーティーというモノに関して、並なみならぬ想いがあります。


子供の頃よく、毎年季節のイベントごとに、近所に住む幼なじみの友人家族数軒とホームパーティーを各家庭持ち回りでやっていた。
食べ物・飲み物などの準備はそれぞれの家からの持ち寄りで、まだ小学生くらいの時には、わざわざ友人達と折り紙でチェーンやちり紙で作った花かざりを壁に飾り付けたりなんかもしていた。

普段は数人しかいない家に5〜6家族、20人を越す人たちが集まる。
今みたいな夏休みなら、庭でBBQをしたり花火をしたりして、過ぎ行く夏を惜しむように宴に興じていた。

時計の針がテッペンを指す頃になると、各家のお父さんたちはもう赤ら顔で半分夢の中に居る。
それぞれのお母さんたちが散らかったテーブルを片付けはじめ、皿を重ねてキッチンへと運び始めると、なんとなくこの宴もお開きの空気が漂いはじめる。
子供ながらに、この楽しい時間が終わって欲しくない、せめて幼なじみ達とだけでも、あともう少し、夜明けまで遊んでいたい…。
そんな願いもはかなく、子供達も両親に手を引かれ三三五五に散っていく。

いつもいつも、このような大人の都合で強制的に終わっていた宴の後の雰囲気がとても嫌だった。
特に我が家が会場になっている時は、最後の一人が帰るまで、見送り続けなければならない。

やがて日常の人数に戻る室内、皿の上に残る食べかけの食事、空になった酒瓶、吊った時と変わらず場違いに輝かしい折り紙のチェーンやちり紙の花。
忙しそうに母が皿を洗い、私はその手伝いをする。酒が全身に巡った父は、ソファーで高いびき。
そうした風景のすべてが、救いようの無い終末のように見えてくる。
パーティー用に移動していた家具などを元の位置に戻し、折り紙のチェーンを引きちぎる時、この世終わりのスイッチを押して、自ら締めくくらねばならない悲壮感に捕らわれた。

その後もそうした宴の席は、回数こそ減ったものの、子供達が実家を出たりそれぞれ所帯を持ったりして、遠く離れた場所に移り住んでしまって会う機会が減るまで、可能な限り催された。
お開きと共に両親に連れ去られていた私達は、成長するにつれて、勝手に朝まで寝ずに語り合うようにもなった。
話題も、学校での話からバイトや恋の話へと変わり、そして現在の仕事の話へと移り変わっていった。

そして一番嫌な瞬間だったお開きのタイミングなんとなくも曖昧になった。
翌朝の都合で抜ける者や、眠気に負けて、ひとり抜けふたり抜け、そんな感じでいつのまにか終わっていった。
子供の頃感じていた悲壮感は減ったものの、いつ終わるともわからない友との時間の共有は、ある意味義務感が増してしまい、次第に体力的疲労との戦いとなり、時折「早く終わらないかな…」と考えるようにさえなっていた。

お互いの距離が離れていくにつれ、数年そうした宴が無い年も続いた。
やはり、楽しかった時間の終わり方には、それ相応の形式とそこに付随する副作用を受容する覚悟が必要なのだ。
日常と非日常にそうしたハッキリとした境目があるからこそ、次のパーティーはいつにするか、という話も出てくる。

最近また、当時の幼なじみ同士、それぞれの新しい家族を連れてホームパーティーが催される機会が増えつつある。
しかし大人になった私達は、それとなく宴の終わりの必要性をそれぞれ感じ取っていた。
いつまでもダラダラ続けるのではなく、あの頃はまだ幼かった我々が、自ら宴に終わりを刻んでいくのがごく自然になっていた。

パーティーに限らず、楽しい時間が始まればそれにふさわしい終わり方にもコダワりたい。
なんとなく気が付いたら終わっていました…ではなく、良い想い出を帰宅まで持ち帰ってほしい。
そこには楽しかった時間への記憶、宴が終わってしまう事への切なさも含めて、お土産にしてもらいたい。

…ちょっと話が長くなってしまったけれど、そんな私のパーティーに対するいろんな想いをこの曲の中で表現しました。
まずこの曲を完成させた後に、このメロディーをモチーフにしてオープニングタイトルへとアレンジしています。
本来この曲はオープニングとエンディングが二つで一つなんです。

この曲の演出のせいで、ポップンそのものが終わってしまうんじゃないかと不安になってしまった人もずいぶん多かったみたいですね。
でも、パーティー自体が終わったとても、決してこの世の全てが終わってしまう訳ではないのと同じように、我々もまたいつものように次の宴に向けての準備が行っていくことでしょう。
そしてもし本当にポップンが終わってしまう日が来るような時には、それに相応しい終焉の美を真剣になって考えると思うし、私自身そういう終わり方でありたいと望んでいます。

だから、まだ大丈夫。

● 村井聖夜 ●



 


 


  まるで夢のようなステキなパーティ。楽しい時間は、ずっとずっと続くよ。
みんながポップンに集まるたび、いつでもね!

ポップンパーティのラストのさらにラスト曲です。
この曲は最初からムービーで行こうと決めてました。
ポップン1から16にアニメロなどなど、集められるだけの画面データをTAMAくんと発掘して、「あ〜こんなのあったなー!」と何より自分が楽しかったです。 そのバージョンを遊んでくれた方は思わず「そんなこともあったな〜」と言っちゃうような小ネタもたっぷり仕込みました。ポプとも同士でムービーを肴に語り合ってもらえたら。
でもムービーはそんな「過去を振り返る」だけじゃなくて、曲の後半にかけての盛り上がりと一緒に「しんみりしてる場合じゃないよ。これからもよろしくね!」って気持ちをこめてます。pop'n party goes on ! です。
そしていつもは画面の向こう側にいるポッパーのみんなも、今日は特別に画面の中に来てもらっちゃえ〜とポップンキャラ風にしてムービーに登場してもらいました。みんなも主役だ!

たくさんのアムールとスペシャルサンクスを、今までポップンシリーズに関わってくださった全スタッフ、そしてプレーヤーの皆さんに捧げます。 なーんて、たまにはまじめにかっこつけてみました。

● shio ●


 


 


これはやヴぁい。
最初に演奏したときに感じた気持ちですね。
なんとなく切ないメロディーがたまらない。涙腺緩みまくりです。
10周年を締めくくる曲にぴったり!

あ、安心してくださいね。
まだ、たったの10周年ですよ。
次は20周年にむけて、いろいろ考えないと!!


10年という長い道のりも、この先たどりつくであろう未来・20年目のポップンから見ればまだまだ旅の途中なんですよね〜
ちっひもちょ必死でがんばってきましたが、それも大きなポップンの流れのなかのほんの一部。。。
懐かし映像満載だったのでちょっとしんみりしちゃいました、アニメロから長い間大変お世話になってますm(_ _)m

のんびり眠くなりそうなのどかな曲。楽しかったパーティーの時間も遂に終わり。。
手を振って笑顔で別れよう。。いえいえ、これもまた新しい始まりなのです♪

自分、泣ける映画のまだ泣くとこじゃない始めの5分で泣けるヤツですが、これはもうはりあいの時点でボロ泣きです。
ほんとうに…ありがとう、ポップンミュージック!私が同時押し譜面苦手なの知ってるくせにありがとう!!(自己中の発言)

ポップン歴がまだ浅いきの子でもウルっときました・・;
でもまだまだこれからだよ〜くるよくるよ、も〜〜っとスゴイのが!
一緒に伝説を作って行こうZE!!!

この曲とムービーをみて、すこしウルって来た人は、多分長くポップンを愛してくれている人たちなんだろうと思います。

わたしもいろいろ思い出して、すこしうるってきました。
この場を借りて、特に古株のかたがたへ、長い間ポップンをやっていただいてありがとうございます。
わたしも相当古株になっておりますが、時代のニーズに合わせつつ、昔からのポップンらしさは捨てないように頑張りますのでこれからもよろしくお願いします。


こんなところにスタッフロール出てたのかー。

これほど パーティーの終りに ふさわしい曲 無いでぇぇ〜
16で一番好きな曲です。

聞いてると 楽しかった事とか 思い出してきて
これで 終わっちゃうのか って。。。。
悲しくなってきて
少し 涙が でてくる。      そんな曲や

(小ネタ)
  開発末期のデバッグ中、この曲を流していると
  他のチーム員(2DX/DDR)に 「え? ポップン 今作で終わっちゃうの?」
  って 心配されました(笑)   大丈夫大丈夫♪って笑顔で応えました


世の中どんなことにも終わりというものがあるもので、その終わりの寂しさと、始まりと過程を思い出すようなこの曲は、まさにスタッフロール。
終わりといっても「あつまれ!ポップンパーティー♪」としての終わりなわけですけどもね。
解禁してもまだまだ絶賛稼働中!家に帰るまでがパーティーです!

今回はいろんな移植曲や版権曲を聞いて「おおー!あの曲がポップンの筐体から聞こえる!」とか、彗星RAVEやバイキングで吹き出したり、ワールドツアー2やラブリーパラダイスチューンで照れたり、いろいろありましたが、この曲が流れた時、なんだかほっとしたような、寂しいような感覚にとらわれました。
この感覚はなんでしょうか、やっぱり「フェアリーテイル」を聞いた時の感覚に似ていますね。
テーマパークの最後のパレードのような。
毎日がパーティーだったら楽しいのかもしれないけれど、多くの人が「いつかパーティーも終わる」ということをわかっているからこそ、楽しめている部分もあるのではないかと思います。
そう考えると、エンディングテーマってのも非常に大切なわけです。
「楽しかったね」「でももう終わりだね」「寂しいね」「でもいつかは終わらなくちゃ」「そうだね」「楽しかったね」「またやろうね」
そんな「前向きな寂しさ」みたいなものを感じました。


素直に感動できるということは、人間としてもっとも素晴らしい事だと思います。
この曲を通して、全てのポッパーのみんな、全てのスタッフと全てのポップンを愛してやまない人々が、感動を通して1つに繋がったという素晴らしい一体感を感じます。
人間が発明した電算機から、人間自身の首を絞める感覚麻痺ウイルスが蔓延している今の時代ですが、ウイルスに負けず、こういう感動を忘れないようにすれば、まだまだ大丈夫です!
ってナンカ大袈裟で重い話になってしまいましたが…ポップンはまだまだ続くよ〜!

10年後のポップンには、一つのゲームの中で、ぼんやりと曲達による物語が紡がれるようになってました。
となると、物語の終幕はメインスタッフの中で誰がするかということになるんですが、もう締めの曲はいやだいやだもういやだ、とぐずって村井さんに押しつちゃいけました。
ポップンをずっと見て守ってきた村井さんらしい、優しさの詰まった曲だと思います。

ポップンがもし本当に終わる時には、もっと往生際悪く、見苦しく、みっともなく、ぼろぼろの状態になってでも続けようとしますよ、きっと。
この曲のように綺麗になんて終わってあげないんだからね。
つまり、この曲はあれだ、生前葬みたいなもんだ。違いますね。

とにかく10年間ありがとう。
この曲をプレーして涙目になってくれたみんなのためにポップンは続いていきます。




 
当ホームページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべて株式会社コナミデジタルエンタテインメントが管理、所有しており、著作権その他の権利として保護されております。
無断で複写、複製、翻案、翻訳、改変、展示、転載等の利用、使用はお断りいたしております。
「iモード」および「i-mode」ロゴはNTTドコモの登録商標です。
SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。
「ビーマニ」及び「BEMANI」ロゴはコナミのサウンドシミュレーションゲームのブランドです。