Music & Characters

はじめまして!
ポップン初参戦のDp.Honda と申します。
どうぞよろしくです!

僕が初めて買ったサウンドトラックがバックドラフトだったので、
消防士キャラを見たときには何か運命的なものを感じました。
曲はバックドラフトと全然違う感じですが、おてやわらかに。。

そうそう、この曲は、「QUIZ MAGIC ACADEMY Ⅵ」 とコラボしており、
マジアカではアレンジ違いバージョンがゲームにのっています。
(マジアカではなかなか流れない仕様になっているので、鳴ったらすごい!)

マジアカバージョンもきいていただけたらありがたいです。

では、またどこかでお会いしましょう!

Dp.Honda

▲ページTOPへ


CHARACTER
日夜眠らない街を災害から守るスペシャリスト。任務がとてもハードなので、オフの日はのんびり過ごすよう心がけてるんだって。
CHARACTER
スティーブ


メタルギアなどでご活躍中のDp.Hondaさんに曲をいただけることになり、ここは戦争映画だろうと言われたもののどうにも考えるほど辛くなってしまい…。
ワンクッションおいて戦争カメラマンや衛生兵とかは?
いっそローマ時代までさかのぼれば生々しくなくなる?
なにかこの曲の緊迫感を表せる切り口はないかな?とかなり悩んだのですが、
mayoさんが消防士は?と提案してくれて「それだー!!」と一筋の光明が…!
まさにこの曲のラストシーンの気持ちでした。パァアァ…
意外とポップン初の職業でした。改めて、過酷で立派なお仕事だなーと。むかし消防署の近くに住んでたのですが、いつも見かけるたび走ったり訓練していた隊員さんを思い出しつつ、常に前傾姿勢で駆けつける熱いお兄さんのデザインがさくっと決まりました。あとはムービーだし、いつにないハリウッド並みのすんげーアクションや、すんげー爆発を作ってもらおう! と意気ごんで指定書したためました。またもや後で自分の首絞めましたが、MISSとかすごくかっこいいのでよかったです。ちなみに最初彼の前髪は長かったのですが、みんなからmasaruさんに似てるーと言われ、あと髪が長いと中で蒸れそうだな~と坊主に変えました。

あとマジSKAでおなじみな小野隊長に「マジックアカデミーとの関連性もちょっとだけほしいなぁー」とリクエストされ、ちょうど負けアクションをどうしたら重くないオチになるかなーと悩んでいたところなので、渡りに船!と ルキア&ユリちゃんに特別出演してもらって「あれは魔法の炎だから~」な落ちに。ゆるっと。やっぱりちょっと唐突過ぎましたが、そんなわけでした。
QMAチームと理事長の皆さん、ありがとうございました。


shio

▲ページTOPへ


STAFF COMMENTS


 

「MZDです」
シンフォニック度
★★★★★
クライマックスシーン度
★★★★★
レスキュー度
★★★☆☆
火薬使用量度 ★★★★☆
お姫様だっこで救出されたい度 ★★★★☆
 

mayo
かっこいい~、ドラマチック!とこの曲のデモを初めて聴いたのはまだまだ制作初期の頃でした。
ピンチのシーンの時の映画を観ている時みたいなドキドキ感ですよ!
ポップコーンを掴んだまま手が固まったまま観ちゃいますね☆
masaru
この曲は戦争映画の位置づけで登場した曲なんですよね。
衛生兵とか戦場カメラマンとかのイメージがでてきましたが、最後は働く憧れの職業ファイアーマンになりましたね。
それにしてもカッコイイ曲です。
PON
曲全体にあふれる緊張感が、まさに最後の決断という雰囲気をプンプンさせています。
人生で一度はやってみたい事といえば、火事場でバケツの水をかぶってからの
「オレがいきます!」ね。
で、炎の中から小さな子どもを抱きかかえ生還する、これ鉄板ね。

あと、道路の真ん中にいるにゃんこが車にはねられそうになった際の、
横転受け身からのキャッチングね。
もうそりゃsoftlyに抱きかかえてあげる自信あるぜ。
きの子
涙を誘う感動的な救出劇って、救出されるのは大体動物な気がします。
しかし火事は怖いなぁ。コンロで髪を燃やしちゃったことがあるのですが、ボワっと燃えて非常に怖かったです。
すぐ鎮火したのでアフロにならずに済みました。しかし一歩遅かったら・・・。トラウマです。
皆さんも火の扱いには気をつけてください!
オオツ
STEVE坊主だったんだ。急に親近感が。
まめしば
ででっ でででで ででっ でででで ででっ でででで・・・
いかにもアクション映画という感じの緊迫感。いいですね。
緊迫したレスキューの現場の雰囲気をお楽しみください。同時押し多いね。

wacさんと映画のジャンルどうしましょうと、いつもの曲ジャンルに加えて悩みを増やしてしまったわけですが、これはすんなりレスキューアクションです。なんだかほんとに悩みを増やしてしまったのか疑問の声も。でも実際2時間くらい検討したよなぁ・・・その後wacさんが2回連続で携帯を忘れたり・・・
wac
そんなわけでDp.Hondaくんです。
普段は弊社の誇る超すごいゲームたちを超すごいいきおいで担当しているHonda先生は荒くれた貴公子であり西武の岸に似ている!と僕は言い張っているのですが、全く野球に興味がないらしく困惑ぎみなDp.Hondaくんです。むしろbeatmaniaIIDXのDr.Hondaとして知っているという方も多いかもしれませんね。で、なんでDrじゃなくてDpなのかと尋ねると「ポップンだからPにした!」と自信満々に言われました。
一見接点のなさそうなHondaくんとwacですがなにげに十年来の付き合いでたまに呑んだりカラオケしたりするのです。というかなぜだかよくわからないけれども朝まで残ってるのがこの二人だったりするのです。
そんなHondaくんは前述の通り超すごいゲームたちで超忙しいためとてもとてもポップンに曲をお願いできる状況にはなかったのですが、此の度ちょうどなんとなく結果的にQMAとのタイアップっぽい状況で曲が入れられることになりました。キャラアクションのそこかしこにQMAとの接点がみえるのはサウンド担当小野さんのアイデアとQMAチームのご厚意によるものでございます。
いまやコナミの誇るシンフォニックの帝王とも言えるHondaくんのクオリティに怯えて頂ければと思います。

▲ページTOPへ