Music & Characters

光の見えない場所で、一人たたずむ。
誰か私に話しかけて。

自分の居場所はどこ?
そんな場所はない。誰か答えて。
迷宮の中の私には誰の声も聞こえない。

でも、もうここには留まらない。繰り返さない。
自由で遠い場所に連れて行って。
飛べるはず。
「自分」を探して、「あなた」を求めて。

Tia

ポップンミュージックファンの皆様はじめまして。
作曲を担当したkoboです。
今回wacさんにラブコールを送り続けた結果、念願かなって初参加させていただきました!
ヴォーカルにTiaさんをフィーチャーして、長い暗闇と近未来をイメージしたちょっぴり大人な雰囲気の曲にしあげてみました。
Tiaさんの詞とどこか憂いを含んだ歌声がそのイメージを加速して曲にパワーを与えてくれています。
ちょっぴり大人な気持ちに浸りながらお楽しみください!

kobo

▲ページTOPへ


CHARACTER
そう遠くない未来、コンピューターによって管理された社会に走る一抹の光は希望か、それとも絶望か…
CHARACTER
エレノア





アニメを描きだす前にshioさんに「銃の反動とか感じられるとカッコイイよね~」と言われ「うっ、ハードルを上げられた!」と心の中で思いましたが、負けず嫌いなのでそのあたりがんばってみました。というわけで剣はライトセーバーなのに銃は実弾ぎみ…レーザー銃って軽くて反動なさそうですもんね。

ロボットに支配され青空の消えた近未来、荒廃した地上を一人戦い続ける…、
緊張感の中張りつめる表情、戦いの終わりに見せるふとした笑顔が意外にもキュート…な~んて、いいとこ取りしちゃった~

未来都市を戦い抜くのにその軽装か!と怒られそうですが、セクシーさと強さはきっと共存できるのです!

ちっひ

▲ページTOPへ


STAFF COMMENTS


 

「MZDです」
ドラムンベース度
★★★★★
クールビューティ度
★★★★★
ミッドナイ度
★★★☆★
こうげきりょく / すばやさ  ★★ / ★★★
ぱっつん度 ★★★★★
 

が~す~
クールビューティーキャラの登場です!
曲もクールでカッコいい!
休む暇がないので万全の状態で望みましょう。
mayo
きれいでシリアスな歌声に聴き入ってしまいます。
キャラクターもセクシーでミステリアス☆
余談ですが、英語が苦手で英詩だと歌詞を判読するのに苦しむタイプです。
そういえば、考えるでない、感じるのぢゃ~!とどこかの先生も仰っていたっけ☆
そんな訳で(?)、この曲の音と歌声、きれいだなぁと感じながら、ポプってます。
eimy
かっこいい曲!!キャラもかなりぴったりしっくりだったんではないでしょうか?
何をサーチingしているの?あ、・・・自分探し的な?!と予想しましたが合っていたのか間違っていたのか。あとでまめしば君に電子辞書ってもらおう。
そしてエレノア。かんぺきボディと似合いすぎるぱっつんがうらやましすぎてキー!!!となります。まさかポップンキャラのスタイルにこんな気持ちになるときが来るなんて。戦う美しい女って理想です。
きの子
多分、自分が前髪ぱっつんだからなのですが、ぱっつんとした毛を見るとうれしくなります。
人間でも人形でも、嬉しいです。いつしか出会ったポニーちゃんの前髪がぱっつり揃っていたときは、 シンパシーを感じずにはいられませんでした。(並んで写真撮りました)
ぱっつん党の人にはこの気持ち、分かってもらえると思うんですが!
PON
そういえば中盤がもう少し長いバージョンがあったのです。
ある事情で、泣く泣く「カット」することになってしまいました。
どこかでみんなにお披露目出来る日が来るといいですねぇ。
shio
よく無意識で無茶振りしてしまうので、ごめんごめん~ちっひ。でも負けずに応えてくれたのでこれも計算どおりってことで!
憂いのある甘い歌声に低音強調して聞きたいシリアスな曲!さすがムービー!ぴったりのキャラきましたー。まさにヒロイン!好みポイントがたくさんです。みんなの反応がわかりやすくてさらによかったです。
しかし美しいおねーさんの2丁拳銃はロマンですね。実際には女性が戦うのってかなり厳しいので、逆にフィクションだから!と割り切った超人ぶりが好きです。映画もマンガもゲームも。

振り返ると、いつもなら案に上がっても照れて下げてしまうアイデアも「映画だからこれくらいやってもいっか!」と、今作はリミット解除されたような。(エレノアさんはガーターベルトが私の一線でした。なぜか)  なかなか今までにないキャラがたくさんうまれて、ポップン17おすすめです。この先の隠し曲&キャラもお楽しみに!
オオツ
コメント何書こうか考えてるとまめしばが巨乳巨乳うるさくて困ります。
まめしば
最近へんたいキャラにされつつあるまめしばです。とりあえずへんたいトリロジーやってきます。すけべいですねぇ。
解禁する時にキャロルとミク並べましたが何か?もう1人はスパイライバルという設定でチャーリーだよ。

ひたすら乱打が続く譜面がちょっとお気に入り、かと思いきや、後半しんどくなってきました・・・

恐るべしドラムンベース!
格闘漫画とかの、相手の突き連打を全て受け止める感じで叩きましょう。
「ほあっちゃ~!」って言いながら。責任は持ちませんけど。

wacさんと映画のジャンルどうしましょうと、いつもの曲ジャンルに加えて悩みを増やしてしまったわけですが、銃を持ったセクシー美女といえばもうスパイだろ?え?違うの?よく覚えていませんが、近未来サスペンスアクションになっておりました。
wac
そんなわけでkoboちゃんです。
普段は弊社の誇る超すごいゲームの超すごいところを担当して僕やdj takaからは帝王と崇められておりますが、それがなんか迷惑そうなkoboちゃんです。むしろ家庭用beatmaniaIIDXの楽曲で知っているという方も多いかもしれませんね。
一見接点のなさそうなkoboちゃんとwacですがなにげに十年来の付き合いでたまに呑んだりお茶したりするのです。
そんなkoboちゃんは前述の通り超すごいゲームが超忙しいためとてもとてもポップンに曲をお願いできる状況にはなかったのですが、此の度ちょうど絶望の谷間に咲く一輪の花の如く僅かなスキマが生まれたのでスケジュールに捻じ込ませていただくことが出来ました。
いまやコナミの誇るドラムンの帝王とも言えるkoboちゃんの本気に震えて頂ければと思います。

▲ページTOPへ