Music & Characters

こんにちは!! 「新谷あきら Rmx by good-cool / Lv40」略して「新谷"good-cool"あきら」です。
どうぞ宜しくお願い致します。
今回のリミックスですが、たくさん上げられた候補曲の中からなぜ「流星☆ハニー」を選ばせて頂いたかというと、それはよく知ってる方たちお二人がコラボっている曲だったからなのです(単にそれだけかよ!!)
このお二人なら、色々いぢくってもお許し下さるのではないかと思ったのです(マジでそれだけかよ!!)
または、自分の曲でもわりと標準装備気味っぽい感じがするのですが、タイトルの中に「☆」が入っているのが何気に好きだったりするという状況もあったのです(さらにそれだけかよ!!)
今後機会があったら「☆」をいくつもちりばめたタイトルの曲を作らせて頂きたいと思います。(ゲームに関係ない!!)

肝心の楽曲に関するコメントを全然していませんでした。大変申し訳ありません。
Mix名にある「Perforation」とは、フィルムの端にミシン目状にあいている映写機の歯車を引っかける穴のことです。曲中に映写機がガラガラ回るSEをあしらっているため、この名前にしました。
ところで、映写機の音ってスゴく不思議じゃないですか? あの音から興奮や緊張を感じますし、癒しや安らぎみたいなものも感じます。 きっと過去に観た色々な映画の要素が一気に脳内に巡っているからに違いありません。
そう考えると、映画が人に与える影響力はやはり相当なものなのだなと思います。以前から毎週末のようにレイトショーに行っているのですが、ついこの間観たあの作品はあまりにも傑作過ぎました。作品名はお知らせしませんが、是非ともご覧になって下さい(笑)
話があらぬ方向にそれました。大変申し訳ありません。

あきらさんの「流星☆ハニー」原曲は、ジャンルのままとてもレイヴィーなサウンドでアゲアゲな感じです。
これをどう変化させるか非常に悩みましたが、自分の好きな分野のひとつである、ロッキンなサウンドでゲレゲレいやイケイケな感じにしてみる方向と致しました。
新谷さんの「ハ~ニ~ィ~♪」な歌成分も、イキナリ出だしから水増ししてお届けしております。
ゲーム性も縦横無尽かつ変幻自在になっているように思いますので、皆さんどうぞご堪能下さいませ。
以上、アイススケートは得意ですが、インラインスケートはまるでダメなため、ハニーとお近づきになれない
グックル@新谷"good-cool"あきらがお送り致しました。P.L.A.N.E.T!

good-cool

▲ページTOPへ


CHARACTER
CHARACTER
MZD





どうも~VJを担当しました、VJ GYOで~す。

流星ハニーさんのキャラクターデザインコンセプト、
「げんきで、かわいくて、さみしがりや、ちょっぴりエッチみたいな(笑)。」
…だなんてて、お察しの通りどの要素もハートに皆中(全部命中)です!

さて、VJ映像の方は「THE MOVIE」というテーマに相応しいテンション高めなリミックスですので、
ここは流星ハニーさんの目に冴え渡る、超蛍光系のカラーコーディネイトをグッと押し出して、
クールな方向に持っていくように心がけました。

「これって、もしかして流星ハニー?えっ…映画化ーっ!?」
みたいなティーザー広告をイメージしつつ、
さらにストーリーとか想像しちゃったりしながら。

VJ GYO

▲ページTOPへ


STAFF COMMENTS

 

「MZDです」
プラネッ度
★・★・★・★・★・★!
ロック度
★★★★★
ハ~ニ~ィ~♪度
♪♪♪♪♪
流星度 ☆ミ★…☆ミ★・・☆彡
流血度 ダニー
 

PON
後半のトランシーなブレイクがたまらん。
その後暴れまくるギターソロね、黄金連携ですなこれは。
制作中、筐体に入れる際も、大きな問題もなく、すんなり入れる事が出来た楽曲。
そういった意味でも気に入ってますね。笑
shio
ギターが超かっこいいー。本当に映画化したみたい!劇場版だとTVで見てるアニメの絵がキラキラ度アップで「なんかしらんが映画はすごい!」と子供ごころにわきあがりました。猫型ロボットと仲間たちの服もちょっとよそいきになってたりしてね。この曲もそんな特別感アップな感じがします。ハニーの必殺技やお色気もパワーアップしてそう!
そしてVJ GYOくんにお願いしたムービーもキラキラでいいですねー。タイミングぴったりで曲と一緒に見てて気持ちいいです。 ちなみにREMIX曲の背景は全部原曲のをREMIXしたのですが、この曲のがフィルターばっちり決まって個人的にお気に入りです。
さらに個人的にはハニーの恋の行方が気になります。映画館へ急がなきゃ!
が~す~
Hもいまだにスコア安定しません・・・
爆破されないように必死ッス!
TAMA
なぜか、むかしはポニーテールの女子に憧れがありました。
そのなごりか、笛メインの狩人の髪型はポニーテール風にしてました。

あ・・・曲コメントになってない・・・・・
まめしば
キミはハニー派?
それとも、ローラ派?
はたまた、ダニー派?もぐもぐ。

wacさんと映画のジャンルどうしましょうと、いつもの曲ジャンルに加えて悩みを増やしてしまったわけですが、後から見直して一番「なんじゃこりゃ」ってなったのがこの「宇宙を舞台とするラブコメリメイク」です。「あとからラブコメっぽいのがくるかもしれないから・・・」とか考えていたような・・・いや、「流星ハニーをほんのり匂わせたい・・・」だったかな?そもそも流星ハニーってラブコメなの?

元祖よりロックになりましたね。
爆破されかけたのでちょっとパワーアップという感じでしょうか。
ポスターでローラばっかりにして、「ハニー、逃~げ~て~!」みたいな状況を作ろうとしたら、MZDがハニーのポスター持っていました。しまった・・・
wac
今回のリミックス組は過去の"劇場版になりそうな曲"をダーッと聴かせて選んでもらう、という手法をとりましたところ、フルさんが選ばれたのがハニーだったのです。
ぶっちゃけあれだ、スピンオフって言ってみたかったんですが、それっぽいのは既に前作Party♪でやってますんで、元祖ハニーの劇場版で逆襲する的なストーリーとあいなりました。
リミックスとなるとバンドもの、生系のものに四つ打ちかぶせてクラブ系ジャンルに変貌することが多いですが、その逆をいったこういうリミックスも面白いんじゃないでしょうか。と言いつつ今回のリミックスの半分くらいはその逆をいったものだったりするのですが。

ちなみにこの曲の予告編が予告編第一号です。実際問題予告編とかどうなのよ?とか曲選択のプレビューでいいんじゃないの?という空気を敏感に感じ取って、とりあえず作ってみたのがこの予告編だったのです。なので実験的にかかった手間は比較的多めでありプレゼンとして入った気合も思い入れもベスト3に入る勢いです。そしてその皺寄せが終盤に作られたものほど、いやそんなこともないですよ!たぶん。
まだ解禁されてない方はゲームセンターで耳をそばだててその思い入れを感じて頂ければと思います。

▲ページTOPへ