Music & Characters

「ポップンミュージック13 カーニバル」に続き、二度目の参加となりました。光栄です!
さて、今回はどんな曲にしようか…前回、熱めの曲だったので、今度はしっとり系とかどうかな~、

などと考えつつ、wacさんにご相談したところ、

「映画というコンセプトに合うなら、どんな曲でもいいですw」

え?マジで??どんな曲でもいいんですかっ??(嬉)

「ただ、他にかぶらないジャンルでお願いしますww」

え~~~~、マジでーー??(涙)
だって、ポップンですよ??どんなけたくさんの曲があるねん…。かぶるっちゅーねん。

というわけで、いろいろ考える中、
お芝居の仕事でご一緒した、「軟鉄兄弟」のお二人の歌に、「MARS」さんのカッコイイギターを入れた、
熱め濃ゆめのなんちゃってアニソンふう、とか、どうかなー?なんて、思いつきました。
(あれ?? しっとり系は何処へ??)(笑)

軟鉄兄弟のお二人もMARSさんのギターも、それはそれは熱い!触れるなキケン!!レベルなので(笑)、
それに負けじと、アツイ曲を作って、歌詞まで書いちゃいました。

熱いと言えば、キャラの聖火ランナー、すごいですね!!インパクト大きすぎます。衝撃です。
初めて拝見したとき、そりゃもー、笑いました。ななな、なんで「聖火」で「ランナー」なのっっ!??って。
グラフィックの方、最高です。ありがとうございます。


最後になりましたが、素敵な歌声の軟鉄兄弟のお二人(やまだんさん、湯毛さん)、
ギタープレイのみならず、アレンジにも参加して下さったMARSさん、
素晴らしいサウンドディレクターwacさんと、素敵な仲間たち(ポップンチームの皆 さん)、
そして、ポップンミュージックをプレイして下さってる皆さんへ、
心より感謝を込めて!ありがとうございます!

下村陽子

▲ページTOPへ


CHARACTER
この地球(ほし)に平和の灯を絶やさぬよう、希望をリレーし続ける轟兄弟!道は険しく、やっぱり熱い。果たしてその先にゴールはあるのか…!?「そんな弱音を吐くなんてお前らしくないぞおぉーー!」「アニキ!俺(以下略)
CHARACTER
轟 競 と 轟 走


熱血ですねー。というか血が熱いって改めて考えるとすごい言葉!
製作終盤戦にいただいたこの曲。燃えつきかけていたハートが震えました。
おかげでこの曲と共に第壱拾七戦場を駆け抜けることができました。ありがとうございます!

気がつくと前作に続き燃え系キャラ担当させていただきました。
下村さんはみんなが知ってるすごい曲を作られてる方なので、うわーあれやそれやの偉大なキャラたちと並べてもらっていいのかーとプレッシャーでしたが、できあがったらこんなんでした。いろいろすみません。
でも上のコメントで笑っていただけてありがたや~です。先生の優しさは天井知らずやで!

というわけで、当時の時事ネタである聖火ランナーから轟兄弟が爆誕しました。
彼らの正義の炎はなんぴとたりとも消させやしません!たぶん。
(ちなみに下でまめしば君とwacが当ページを絶賛延長中ですが、作る人のこと考えず男子の夢を語るので後半は華麗にスルーしてました(笑)
無駄におっきい動き+無駄に口から血+無駄にカメラ移動+炎+爆破+大粒の涙=熱血? と、無駄無駄無駄無駄!にエネルギーが有り余っている感じが伝われば幸いです。足りない分は勢いでカバーですよ。アニメ作ってて楽しかった!

shio

▲ページTOPへ


STAFF COMMENTS


 

「MZDです」
熱いぞキケン!度
★★★★★
熱血ヒーロー度
★★★★★
火力度
火炎
ハモリ度 ★★★★★
演奏中にアニメがうざい度 ★★★★☆
 

masaru
ポップン13に続き再び下村陽子さんが登場です。
今回はキノコとか王様とかの曲を要望しましたが、「歌ものやっていいですか?」との問い合わせに快諾!
蓋を開ければ、軟鉄兄弟さんをひきつれて素敵サウンドを提供してくださいました。
mayo
熱いな~!まさしく熱血です!!
このアニメを作っている時のshioさん席の後ろを通るのがいつも楽しみでした♪
見てて楽しい~!!(*>▽<*)出来上がったアニメから、じりっと熱気が漂ってくるようです!
eimy
アツすぎる曲にふさわしいアツすぎるキャラを⇒ans.たいまつ。にたどり着くまで結構かかったような記憶が。名前決めも強そうな漢字を並べてあーでもないこーでもないってやってたなぁ。
ツインヒーローってジャンルに決まったのはいつのこと?轟さんちの兄弟キャラが完成してからかな??
TAMA
ツインヒーローのツインはどこから来たのだろう、、、

キャラクターは燃えたり吠えたりしていいかんじですね。
PON
男の子は大人になってもヒーローが大好きなのです。
グラサンとか憧れちゃうです。
ひらひら系のマントとか憧れちゃうです。
ツンツン系の髪型とか憧れちゃうです。

最後の最後に大逆転とかベタだけど大好きなんです。
居なくなったと思っていた仲間が、強くなって戻ってくるとかベタだけど大好きなんです。
敵だったヤツが同じ目的のために後半味方になっちゃうのとかベタだけど大好きなんです。
そういうものなのです。
まめしば
とにかく熱いぜ!手が。
轟兄弟は競と走の双子・・・?とにかくソウジ・セイジ以来の2人揃って感!
バトルシンフォニーのポスターで3人並べたら、なんか放火犯みたいになってしまいましたが、2人とも犯人じゃないよ!たぶん!

wacさんと映画のジャンルどうしましょうと、いつもの曲ジャンルに加えて悩みを増やしてしまったわけですが、熱血ははずせないよねぇ、そしてドラマティックで、アクション要素もあるんだぜ?てなことで、熱血ドラマティックアクションとなりました。長いな・・・
個人的には泣き虫先生を思い出しましたが・・・え?お前何歳だよって?

この歌があれば、敵の理不尽な妨害にも耐えられそうです。熱いぜ。
っていうか敵って誰?

最初の「うぉうぉうぉうぉうぉーうぉうぉーうぉーうぉうぉー」を叩けるのが楽しいですね。
なんか、「ヤマト」で「うちゅーせんかやーーまーとー」と、何度やっても食い気味に「や」を押してしまうのを思い出しました。。
wac
カーニバルでゲーム音楽の大先輩達に夢の競演をして頂いてからはや幾年。
下村さんにまた曲をお願いしたい!というのは17製作黎明期よりあったのですが、なにしろ小耳にはさむのは超すごいお仕事を担当されてるとかのお忙しそうな噂ばかり。まあ暇だとしても暇してるなんて噂は普通流れないんですが。
そんなわけでたぶんムリだろうなぁと諦めつつダメ元でお声がけしたらなんとかして頂けちゃいました。
まったくもって下村さんもスペシャルな方です。
本当にありがとうございました。

舞い上がってどんなディレクションしたか今となっては覚えてなかったのですが下村さんのコメントで思い出しました。
前回かっちり決め打ちだったので、今回はわりと好きなことやっていいですよ!的ディレクションだったんですっけ。
つーかそれディレクションになってねえ。
だがしかし下村さんの好きなことがこういう歌ものであることは流石に想像してませんでした。
作詞も担当して頂きましたが「ロマンティックな歌詞になると思います」との言葉がまさか「男のロマン」のこととは思いませんでした。
下村さん魂が漢すぎます。

ジャンルのツインは軟鉄兄弟さんからイメージさせて頂きました。漢たる男は一人でも熱いものですが二人になると、そりゃあもう熱いぜ熱くて暑苦しいぜ。「兄貴!」「弟よ!」と呼び合う関係ってことでよろしいでしょうか。素敵ですね。

ついでにキャラは下村さんの歌詞を元に生まれたニューヒーローにもっと派手なキャラづけをしよう!との発想から

・トラック野郎ヒーローじゃけん
(サービスエリアごとに惚れてる娘さんがいるんだぜ)
・渡り鳥ヒーロー
(ギターを背負って赤いトラクターに乗る)
・釣りバカヒーロー
(世界を釣る。太平洋のヌシと宿命の対決)
・メキシカンヒーロー
(ポンチョをまといタコスを食べる)
・スポーツ熱血マンガヒーロー
(ピンポンに対抗しバトミントンとか)
・料理の鉄人
(料理バトル。むしろ食べる方)

のアイデアを出しましたがあまり歌詞とあわないのでことごとく没になり今の炎のランナーに落ち着きました。落ち着いたキャラではありませんが。
映画を作るのって難しいね。

▲ページTOPへ