Music & Characters

空気読めないっていうか迷惑な人っていますよね。皆さんの周りにもいませんか。突然押しかけてきて勝手に冷蔵庫あけて食いちらかしたり、食いちらかしたあげくおい何だよロクなもんねえな、お前たいした生活してねえんだな、とか悪びれてみたりとかもうなんてぇこったー最低だーこりゃどういうこったーですよ。ふざけんな出てけ二度と来んなこのトウヘンボクが、で叩き出しちまえばそれまでなんですが。これが体長50mオーバー、体重ン万トンクラスの巨漢でなおかつ頭悪かったりするともう手に負えないですよね。幸いにもウチには来たことないですが。押しても引いても動かない上にわかってもらえないって悲しいレベルMAXです絶望君ですああぁなぜだーです。外人だって時間かけて一生懸命説明すればわかってくれますよ。同じ人間、心は通じ合えるんです。がしかし爬虫類はいけません。黒目なんてタテ長ですよタテ長ッ。いっくら見つめ合っても通じ合える気がしません。ヤモさんとかちっさいのならつかず離れずで共存できなくはないんですが、ワニ以上は全力でご遠慮願いたいです。無理ですむりー。

ひので155の人

▲ページTOPへ


CHARACTER
うっかり現れた大怪獣ゴルゴン。特にすることもないから、そのへんを歩いて歩いて壊ーす!歩いて歩いて壊ーす!
CHARACTER
ゴルゴン





デモを聞いてノリノリでアニメを作っている最中にラップが入った最新版が届き、ノリノリ値MAXを振り切りました。もう大好きです。

歌詞にゴルゴンゾーラってあったんでキャラにもゴルゴンいただきました!ゴルゴンゾーラって確かに強そうですよね。そしてなんか間抜けっぽくもある。だんだんかわいく思えてくる!
最初の案はディーノくんもいることだし、かぶらないように逃げ腰なデザインしてましたが、そっちの案で生まれた子たちも好きでした。shioさんwacさんと休日出勤なのにキャイキャイ楽しく(?)かいじゅうの絵を一枚の絵に描いてた姿・・・・・・逆に平日じゃなくてよかった気がします。

大怪獣だし、強い&コワいイメージでとのことではちゅうるいらしさを前面に押し出した(?)デザインのゴルゴンくんに決まったわけですが、ポップンらしさを出すとコワさが足りなくなってくるのでおなかにおそろしい目と口を足しました。・・・もしかしたら、そっちが本当の顔かもしれません。

eimy

▲ページTOPへ


STAFF COMMENTS


 

「MZDです」
地域警戒態勢度
★★★★★
暴れないで度
★★★★★
空気読めよ度
★★★★★
フィーバーロボがまだできていない度 ★★★★★
イタリアン度 ★☆☆☆
 

きの子
案出しの段階でかなり面白いことになっておりました。
(eimyさんの怪獣への愛を見てしまった…!)
怪獣は夢によく出てきたなぁ。
しかし町を荒らす怪獣って、一体どこに帰るんだろう。
おうち、どこ?
が~す~
悪者なのに憎めないやつ。
勝ちアニメの「え?何が??」っていう表情がいいっすね!
オオツ
何か食べ物だったなーって思ってたけど、チーズか。
mayo
ゴルゴンゾーラって名前は美味しそうなのにね・・・。
ブルーチーズだそうですね、そっか~。あんまり食べたという記憶が無いけど食べた事あったっけ?焼くと美味しかったりするんだろうか?
曲を聴きながら、叫んでる民衆の感想が ある意味リアルで笑えます^^*
TAMA
チーズは好きですが、ブルーチーズは何回食べても駄目です。
ワインとあうといわれてもだめでした。
きっと、ゴルゴンもブルーチーズの匂いがするので近寄らないようにしないと。
PON
もうすでにイントロで怪獣感100%なこの楽曲。
でもなぜにゴルゴンゾーラなのか。
なぜにブルーチーズなのか。
でも良く考えてみたら、なんか怪獣っぽい名前に感じてきた。
続編はカルボナーラっていう海の怪獣かなぁ。
まめしば
17の開始コメントでも書いたとおり、人生で最初に映画館で見た映画が怪獣映画でした。
幼い頃は巨大系の特撮大好きっこでした。
その中に出てくる怪獣も、全員が地球侵略を目論んでいるわけではなく、中には人間の身勝手さから生まれてしまったり、寝起きが悪いだけだったり、実は自分の星に帰りたいだけだったりする怪獣もいるわけです。
ゴルゴンの勝ちアクションを見ていると、そんな(あんまり)罪のない怪獣を思い出します。まあ、寝起きが悪いのは知りませんが。

サビ?途中の「しゃーんしゃーんしゃん」とかお気に入りです。
なかなかEX譜面が出てこないのは、地獄からの使者だからです。

wacさんと映画のジャンルどうしましょうと、いつもの曲ジャンルに加えて悩みを増やしてしまったわけですが、もはやこれは怪獣映画しか考えられなかったわけです。グルメ映画とかでも・・・よくないですね。ていうかグルメ映画ってなんだ。握ってやる!
wac
wacです。子供の頃の好きな怪獣はタイラント。でも日常生活不便そうだなあと思ってました。

わりかし最初のころから怪獣映画はだれか作ってくれるよな欲しいよな、くらいの見通しはあったんですが、 怪獣への造詣から音楽性など色んな意味でベストな方に作って頂けました。
日本の誇る特撮映画へのありとあらゆるリスペクトの詰まった曲であり流石です。ひとり落花生も見事です。

チーズ嫌いのwacとしましてはゴルゴンゾーラなんぞその響きだけで怪獣に匹敵する強敵にして災厄の香りがします。
チーズが好きな人と食事に行くと、よく、これはあまりチーズっぽくないよ?ってオススメしてくれるんですけど俺は信じないからね!

▲ページTOPへ