MUSIC&CHARACTERS

どうも、L.E.D.でございます。

どうやら昨今は戦国ブームらしいですね。っていってももう結構経ちますか。
で、何故今戦国ブーム?と思って調べてみたら、あーなるほど他社さんのコンテンツが絡んで、、
まあやめておきましょうか。

それはいいとして、今回のテーマは家康な訳ですよ。

もう毎回おんなじ様な事言っている様な気がしなくも無いですが、イベント隠し曲担当というポジションである関係上、
例によっていかにも歴史ドラマ系でよく使われている様な和モノ的な曲は既にゲーム中に多数存在している可能性が
高いこともあり、後から出てくる同じような曲がそれらの曲よりヘボいとかだとお客様におかれましても興ざめなされる事と
存じ上げ、非常にやり難い訳ですよ。ええ。

で、なんかこう、天下を平定した感とか江戸幕府始まったな感が表現出来そうな感じでなんかネタ無いっすかねー、
とGUHROOVYさんに聞いてみたところ、紹介されたのがFUNKY KOTAでした。
このなんともいえないSTDK(スットコドッコイ)感に天下を平定した感とか江戸幕府始まったな感が表現出来そうな
可能性をなんとなく感じた気がした私はGUHROOVYさんの強力なバックアップのもと、この「AKATUKI」を制作した訳です。

ただこの「AKATSUKI」をプレイして家康が連想出来るかは、すべてプレイヤーの皆さんの心がピュアかどうかにかかっていますから。
ピュアなマインドでこの「AKATSUKI」をプレイして頂ければ、家康的な何かが連想出来るはずです、多分。

L.E.D.

TOPへ戻る

CHARACTER


すんごい苦労の末に変身の術を覚えた子たぬき。忠臣とぽんぽこ踊ってるだけに見えるけど、お腹の中には大きな夢があるんだよ。それは故郷の山に平和を取り戻すこと!

たぬちよ


征夷大将軍家康公は有名すぎるのにちゃんと知らなかったので、
改めて一生を勉強したら波乱万丈で面白すぎてびっくりしました。
何度も何度も大きな危機を乗り越えてるんですね。すぐに命を落としかねない時代に。
腹黒なイメージ強すぎですが、彼も苦労してるよ。だからあそこまで老獪になったのだなぁ。
ちょっと考えを改めました。先入観よくない!

そんな多面性を曲で、しかも2分で表現しろと言われたらそりゃ大変だ・・・。
と、キャラでもバックアップしたいなーと、ストレートにタヌキキャラになりました。 
でも変身していろんな姿になるのは結構「らしい」と後付けですがにんまり。
元禄辺りのお江戸は花盛り〜な頃にSTDK感はぴったりだと、思うなっ。
あ、たぬちよっ!って書くと萌え系だし。大ヒット間違いなしだぜ!いえーい。なんと腹黒い!
それにポップン世界で最後に天下を平定したのが、たぬき。
というのも好きです。ナーガさんから三人並べると味わい深いです。

あとは家康家臣団と東照宮の見ざる言わざる聞かざる&眠り猫コラボもお気に入り。
どっかで見た感じなのは考えすぎだと、先生思います。
グッズ化して日光のおみやげやさんでこっそり一緒に売りたいです。
商品化のオファー待ってまーす。

shio

TOPへ戻る

STAFF COMMENT

まめしば

こちらは江戸幕府初代将軍、徳川家康がテーマです。
一度聞いたら離れない、超ファンキーミュージック!
たぬちよはかわいいけれど、怒ると怖いと評判です。あれ怒ってるの?

オーツ

家康を動物に例えるとタヌキを思い浮かべますが、何でタヌキなんだろう?
見た目?

とっきー

たぬちよさんはのほーんと思わせておいてやるときはやるかっこいいたぬきだと思います。

masaru

たぬちよ可愛いよ!なんだろう、このユルさ。
メインプレーヤーキャラ確定です。
そしてゆくゆくは、ぬいぐるみ化・・・いいねぇ〜

PON

この力の抜け具合が癖になる!
ほら、この曲を聴くと小さな悩みがどうでもよくなってくるだろう?
ダンスミュージックと和なフレーズの相乗効果によって、せんごく列伝にお似合いな1曲になっておりますね。

wac

戦国・武将をテーマに曲を作ってもらう劇烈コンポーザーいじめ企画もいよいよクライマックス。
ここで戦国三大英傑がまんまIIDXサウンドディレクターズの三人にはまりすぎてんなーと気付いちゃったわけですよ。俺は天才じゃないかと。
戦乱の最終勝利者、戦国時代の不沈艦と言ってもいい家康となれるのは、IIDXを支える安定感あふれる江戸っ子、L.E.D.しかいないでしょう。
頼んでおきながらも家康っぽい曲と言うのが自分の中でもさっぱりだったわけですが、盟友GUHROOVYさんとの協力タッグで、天下もらっちまいっちんぐ感あふれるお江戸フィーバーな曲に仕上げて頂きました。ファンキーコタはインドネシアのダンスミュージックと言うことですがインドネシアと江戸ネシアも同じようなものではないでしょうか。
L.E.D.さんのコメントも俺のコメントも皆さんを説得しようという強い意志に満ち溢れたコメントですので、このコメントを思い出しながら家康的な何かを感じ取って頂ければと思います。

TOPへ戻る