MUSIC&CHARACTERS

げへげへ。
良きにはからえ。
今回はいやらしい顔をしながら共同制作に臨んだりしたような。(でへでへ)
おれっちはエッチらオッチらとギターの音を垂れ流したり、わけのわからない言葉を叫んでみたりしたのでござる。(でへでへ)
その挙句に(げへげへ)秀秋殿に急に憑依されたかもしれないとか錯覚三昧でござったり。(げへげへ)
またその挙句の果てに、秀秋殿は英語で言いたいことを申し上げまするござ候。
曲はというとYukky殿が(げへげへ)かなり、いやとてつもなく壮大なげへげへな感じでオケゲヘでござ候。
それプラス、バカ殿三人衆が繰り広げる新しい関ヶ原の一ページを(げへげへ)、
感じてくだされば余は満足じゃ。
うへへ

DES

げはげは。
わちき今回はニヤみったらしい顔をしながら共同制作に臨んでしまいました。(げほげほ)

DES殿の描くシナリオをオーケストラでなぞる、それがわちきの担当した部分でござ候。

関ヶ原の戦いでドラマチックに動いた者、それは豊臣でも徳川でもなく、かの小早川秀秋であった!!
…という仮説のもとに一連の裏切りを一曲にさせて頂きたてまつります候。
「ここで戦いが始まって、次に静寂が訪れて、で、ここ、ここで裏切る!」
こんな風なやり取りの映画的アプローチの作曲はすごく楽しめたと存じ上げまつります候。

この曲では“次世代のク○譜面”(by 某TAMA氏)作りも担当した次第でござ候。

西軍と東軍を表したら?という助言を頂いたもので、それを意識しすぎてとんでもないものを作ってしまったとたてまつります候。
「ク○譜面」「つき指するぅ〜〜」「なんでこうなっちゃったの?」という喝を身に浴びながら調整して調整して今に至る次第でござ候。
でもなんか新しい称号ちっくなものを頂けて…ちょっと…うれしい……

声の出演はDES殿はもちろんのこと、PON殿とCody殿にも手伝って頂き申し存じ上げます候。
ちゃっかりわちきも殿コールに一声参加したり前半のオペラ調コーラスをやっていたりする次第でござ候。
裏で呻いたり雄たけび上げている軍勢はみんな斬られてなんぼ、と思いながら作ったのはとても楽しきかなござ候。

一回クリアしても何度でも斬られに来るのが良きかなと存じ上げたてまつります候。

Yukky

TOPへ戻る

CHARACTER

鳴らぬなら 鳴らしてみせよう ポトトギス〜 天下分け目の大活劇へ、いざ出陣!

Mimi & Nyami




----時として、人は二択の岐路に立たされることがあります。
西軍 or 東軍。一族の運命の分かれ道。
そして永遠の命題と思われる犬派と猫派、茸と筍も忘れてはなりません。
ポップンはウサギ軍×ネコ軍。
さあ君はどっちにする?

今回は出陣!ってことでちょっぴり勇まし姿のミミニャミです。
←オジャマアクションの陣羽織はちょっと強すぎるので、メインは足軽タイプで。
ポップンだしね、とゆるめ〜な、せんごく時代なのです。
アイデア出しで新聞紙の折り紙かぶとをかぶってるのも好きだったな〜。
でも曲をクリアしたら城や日本を?ゲットしちゃうので、実は強いかも!

そして、曲より先にせんごくスペシャルe-AMUパスでも対決イラストを描いてました。
ネコとウサギキャラ思いつくだけ載せてみたのですが、全部気づいた人はいるかな?
右上におんなのこがいるのが一番難易度が高いかも。(loseでネコになるので)
そしてタイマーは小早川役です。ゆるせ(笑)。

shio

TOPへ戻る

STAFF COMMENT

とっきー

戦国といえば関が原!天下分け目だー!
後ろで色々叫んでいるの気付いてませんでした、今度じっくり聞いてみたいです。

まめしば

テストプレー中に、出陣じゃ!の後の歌のところで「なに人だよ」と突っ込む wakk さんが印象的でした。
まあ、伊達政宗が英語を喋るこんな世の中なので、もうカッコよければなんでもいいじゃない。
よく聞くと、PON & Cody の声も聞こえるよ。

が〜す〜

ポップ君が見慣れない並びなので混乱してしまいますね。
ちなみに編集前の譜面も見ましたが、何が起こっているのかわかりませんでした。まさに戦乱!

後ろで色々叫んでいるみたいなので余裕があったら聞いてみてください。

TAMA

初期の頃の譜面は、5個並び階段(勝手に命名)がたくさんありました。

赤,右青,右緑,右黄,右白

左青,赤,右青,右緑,右黄

左緑,左青,赤,右青,右緑

こんなかんじです。。見た目にすごかったです。

wac

Yukkyは参加早々変な人に巻き込まれてコメントまで変にさせられて大変だなあ。新人だとなかなか断れないよねえ。
さて戦国時代のクライマックスと言えば天下分け目の関ヶ原です。
良い意味でも悪い意味でもポップン界1乱世感のある人にこのせんごくクライマックスを託してみました。
出陣じゃー!とか言っておきながらいきなり英語で歌いだすのはいまだに意味がわかりませんが。

その他にもバックでごちゃごちゃ言ってるのはポップンが誇る低予算劇団ズによる寸劇です。
秀秋どのーとか言ってますように関ヶ原の陰の主役と言ってもいい小早川秀秋の武将テーマ曲といっても良い楽曲ですね。
三日天下モンキーの養子になったあと、もみじ三兄弟の末っ子の養子になったという養子のエキスパートです。
最初曲コメの三成が光秀になっており、せんごく列伝とか言っておきながらまるで歴史知らないスタッフ!みたいな恥ずかしいことになりかけたのもいい思い出です。

譜面的には最初の状態であまりにもあんまりだったので、かなり調整してもらってます。
前作では42に抑えたつもりがそうなってないとかで散々ご迷惑をおかけしたようですので今回こそバッチリ42ですよ。お母様も安心してお子様に遊ばせてあげてください。

TOPへ戻る