MUSIC&CHARACTERS

ELEKTELのpolymoogです。
今作のテーマは、緊迫感と優雅さが同居する「戦場の午後のティータイム」。
フランスのイージーリスニングの巨匠に捧げるアレンジで、和風テイストなELEKTELの代表作(?)=例のFuture Houseからの引用も少し。曲の骨格部分がアメリカンなカントリータッチだったりもするのは、西部劇風のビッグバンドスコアで彩られていた浪人モノ時代劇にならいつつ。
というわけで今作もまた、時代も場所をも超えたELEKTEL流・音のごった煮タイムトラベルをお楽しみいただけますと幸いです。

polymoog

TOPへ戻る

CHARACTER

由緒正しいお屋敷に長年仕える、エリート執事さん。
彼の密かな、そして唯一の趣味は、遠い東の島国の美学。そう、茶の湯なんだって。

R.Q


R.Qでリキュウです。イニシャルでも素敵そうですね。英国でQといえば女王陛下の頭文字!ロイヤルミルクティーの香りがします。

曲より先に戦国だし茶の湯しようぜへうげようぜと進めてたところ、エレキテルさんにお願いできることなり、じゃヨーロピアンだよね海を渡ろうぜ!とボストン茶会事件でした。あ。勢いづいてさらに大西洋越えてた。
改めて考えると、イギリスもお茶にはこだわるお国ですもんね。島国なとこも似ている。発見。
ポップンならではな、むりやりぎみな連想ゲームがつながった気がしてにんまりです。
ジャンル名もよーく見てみてください。ええ。だじゃれです。

で、ここは執事しかないでしょ!とポ17の一条指令に続きおじさま再びです。
イギリス紳士らしい横顔のシルエットにこだわりました。おでこと鼻の間のくぼみの骨の形フェチな私ですが、それを活かせる時がくるとは。せんごくおそるべし…。
アニメも姿勢正しいエレガントな所作にこだわって作ってもらいました。すてきですよね。必殺ふくさまわし!ただ、曲調のせいかfeverは手品師っぽく見えます。はーい、紅茶がウーロン茶になりますよー。
そんなすてきバトラーR.Qさん。お屋敷の誰も見たことがない彼の笑顔はwinアニメでお確かめください、Sir。

shio

TOPへ戻る

STAFF COMMENT

が〜す〜

優雅な曲に優雅な佇まい。
負けても優雅です。

とっきー

ふわっと紅茶の香りがしてきそうです。なんだかとってもエレガントな気分〜♪

PON

お茶といえば、すごく寒い日にお店でアイスティを注文してしまい失敗した覚えがあるなぁ。
芯まで冷え冷えだべー。ぶるぶるガチガチ。

TAMA

これで、リキュウとよばせるのはずるい気がする。

オーツ

執事って実在するのですか?

eimy

ポップンミュージック18 せんごく列伝 は『キャラ名が攻め攻めだ』というウワサを聞いておりますが、R.Qはその中でも上位に位置するんではないでしょうか。
曲カードに至っては TEA-SY LISTENING だし気付いた時にはつぶやくように笑いました。最近独り言が多いのでもう少し我慢できる子になりたいです。
それはそうと、やっぱりしつじさんは普段厳しくてたまにお茶目であるべきですね〜、ただの趣味ですが。

TOPへ戻る