この曲は何を隠そう、タイトルメインテーマのアレンジです。
街っていえばストリートミュージシャンでしょ!という強引な考えのもと(笑)
ロックでポップなアレンジに仕上げました。

さらに、ちょうどいいところに21世紀のグラフィックで復活したジュンとシンゴがぁー!!
ボク自身が昔、街角で歌ったこともあったので、親近感を感じてすごく気に入ってしまいました。

個人的には、バンドモノはシンプルイズベストで
心意気で勝負してナンボだと思っているので
その勢いでシンプルにかつ、飽きさせないアレンジで行くことに決めました。

何をもって出かけよう?
太陽はどこへ導いてくれるのか?
道の先には何があるのか?

新天地に想いを馳せる開拓者の如く、希望あふれる心境で叩いてみてください。

PON


twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!

PON ブログ ・・・ 『PONはPower Of Natureの略称なのだ?』


 

キャラクター
 
 
 


Jyun&Shingoが久々に登場です!(pop'n music 4より)
今回はShingoがアコギからエレキに持ち替えて、
2人でアップテンポで元気な男の子の曲を演奏してます☆

今作のテーマ曲・「探検ノート」のStreet styleバージョン、
皆様いかがでしょうか??
ほんとに元気が出てくるような、ウキウキドキドキするような曲で
とっても楽しいです!

pop'n4からの2人を知っている人も、今回初めて2人を見た人も
仲良しで音楽大好きな2人をどうぞよろしく!!
今日も路上ライブで元気に歌っていることでしょう!
2人の合言葉は、”Peace”♪
そして今回は”探検”ですねっ☆さあ、行こう!


mayo


 

スタッフ
 
が~す~
 

TUNE STREETのテーマ曲ですね!
スピード感があって聴いてると元気が出てきます。
ロケーションテストverからアレンジが加えられているみたいなので、
聞き比べてみてください!

masaru
 

元ストリートミュージシャンのPONが本領発揮です。
ロケテストverも好きだったぞ!

eimy
 

さわやかPONさんのストリートチューン、わたくしアンケートカテゴリで『19でオススメの一曲』に登録させていただきましたよ!
テーマ曲に日本語の歌が入るのって過去にありましたっけ?ゲームをやってれば一番きき慣れるのにぜんぜん飽きないんですよね~。

オオツ
 

システムのBGM等は数え切れない程聴いているので、ゲーム画面で叩くといろんな思い出がくっついてきて大好きです。
BGMメドレーが最近ないのが寂しい限り。

shio
 

むかーしむかし、PONくんに「どんなジャンルが得意なの?」と聞いて「俺の本質はパンクっすねー」という話をしたような。(遠い記憶過ぎてあいまいなので、細部は追求しないでくだされ・・)
なのでこのアレンジを聞いたとき、「なるほどー!」とひざならぬボタンをぽんっと叩きました。(あ、ダジャレだ)
でもBPMは2で割ってもいいと思うんだ。
でもそんな細かいこと気にしないぜー!って勢い余るまっすぐさがまたPONくんぽい。
でもあの子はまだまだいろんなスキルを隠し持ってそうですよ~。たのしみですね!

そして純真ひさしぶり!うれしい再会ですね~。曲にぴったり!mayoさんとギターケースについて語ったのが思い出深いです。

まめしば
 

「オレンジの石畳」を「俺んちの水たまり」と聞き間違えました。
ごめんPON。
ロケテストでメインテーマ出しちゃっていいの!?と驚きましたが、まぁ、それはそれでアリですね。
まさにTUNE STREETな、ソ~かいっ!な1曲なのです。

wac
 

チュンストのタイトル曲のアレンジでありすなわちチュンストを代表する曲です。
ロケテストではタイトル曲同様のおもちゃ感あふれたうきうきポップスでした。
「PONの声にこのうきうきポップスはあわねーな」と思いましたが
そのまま言うのは傷つくかもなーとも思い、言葉を選んで
「PONくんの声にこのうきうきポップスはあわないね」と言いました。
結果PONくんの原点でもあるストリート感あふれるロックとなり所謂「WIN-WINの関係」になったかと存じます。
あとなにしろ地球にやさしいことに定評のあるポップンチームですので
件のロケテバージョンもいずれうまいことどっかでリサイクルされることを祈念してやみません。