19丁目でチュチュチュチュ チューーーーーン!!(まじ、気にいったこれ!)


おっす、俺よしたか!

てか、今回のポップンすげぇ!

新ポップン台すげぇ!
新台作るのって超大変なんだよ!リフレクを作ってみてほんとそう感じる、、、。

だからあの新ポップン台がすんごい良くできてるのが今ならわかるっ!

パーツ一つ一つにいろんな人のこだわりやアイデアがびっしり詰まってるんだぜっ!

詰まってるんだぜっ!

てか、今回のポップンすげぇ!

キャラクターカードすげぇ!
カード作ったことないからわかんないけど、、、、、なんかすげぇ!

手にとって見てみるとキャラクターの細かい設定やアングルなんかにも深いこだわりを感じるっ!

このカード一つ一つにいろんな人のこだわりやアイデアがびっしり詰まってるんだなっ!

詰まってるんだなっ!

てか、案件に次ぐ案件で首回ってない俺にワク兄がシオンのロング作れっていってきたぁぁぁぁぁ!
まじソロパート4倍長くして道ずれにします!高みの見物 DO NOT!

そしてこのロング制作のくだりを曲コメントに記載してもいいかワク兄に確認しようと思ったらいなかったので
PONに聞いたら下記の内容のメールが返ってきました、あまりに爆笑なので添付します。

==========================

お疲れ様でございます。

先程お話したハイスピード幻想チューンロングの件、
100%作っていただくのでボケて大丈夫出そうです!
ボケの内容も問題ないそうです。

何卒よろしくお願いいたします。

==========================

これはひどい!

根がマジメすぎんだろっ!!


しまいにゃ誤字あるし!あっ、これは人のこと言えんか、、、。


あー笑った!好きですっ!ポップンミュージック!

 

DJ YOSHITAKA




今回ボーカルとして参加させて頂きましたNanakoです。
学生時代よくゲームセンターでPLAYしていたポップンミュージックに
今回歌で参加させて頂くことが出来てとても嬉しいです!
疾走感のあるこの楽曲は私の中で『ポップンらしい曲』というイメージです。
楽曲を聞いてすぐにあの画面とPLAYされている姿を想像することが出来て、わくわくしました。
この曲は幻想的なイメージではありますが、力強さと切なさを持って歌いました。
DJ YOSHITAKAさんを始めスタッフの皆様が暖かく見守ってくださったので
とても楽しく歌わせて頂けました。
素敵な楽曲なので、ぜひ皆さんたくさんPLAYしてください!

Nanako



twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


 

キャラクター
 
 
 


頭にわたがし、雪女のしおんちゃんです。

デザイナーで色々悩んで最後のひと押しはよしくんだったのですが、
メーテルのような長い"美まつげ"が決め手となったようです!
せつない冬のハイパーヒットチューンと聞いていたので、
せつなさの中に激しさがほしいな~ということで激しいMISSアニメになりました。
いつもおとなしい子ほど怒ると怖いんです。

名前は冬の季語、三寒四温、四温の雨から"しおん"をいただきました。
紫苑という花もありますがこちらは秋の花、名前の通り花は薄い紫色です。
キャラのカラーは花からとったわけではないのですが、
雪女ということもあって寒色系にはする予定でおりまして、
芯から凍えそうな寒さでもふわふわと積もる雪ってなんだか温かそうな気さえしてくるので青系だけではなくてほんの少し温かい色味を…と思って薄紫を選びました。
古びた温泉旅館の窓から眺める雪の庭って感じでしょうか。
雪に対して『寒い!』とかイヤなイメージがないのはあんまり雪の降らない所で育ったせいかもしれません。

で、名前が決まってから少ししてshioさんが『やっぱ名前を変えよう』とモジモジ言うのでなんでかな?と思ったら名前の綴りが…!!!キャラに自分の名前付けちゃったみたいな感じになったんだとか。
しおんちゃん結構気に入ってたので皆にもう一度意見を聞くたびにshioさんが照れながら理由を言うのでおもしろかったです。
結局ちっひの押しでこの子はしおんちゃんのまま、S子ではありませんよ。
日本中のshioさんの持ちキャラになったらこれさいわい。
わたしもいつか思わぬ所から名前のニアミスキャラが生まれないかな~と期待しています☆
なさそうだな。

ちっひ

 

スタッフ
 
とっきー
 
もしかしたらHYPER譜面出来るかもしれない!と思ってプレーを何回もするのですが
その度にそれは幻想だったのだと気付かされます。難しい!
まめしば
 
一時期「きっこえるー」のあたりが頭から離れませんでした。
なんとも冬っぽいチューンです。
キャラも冬っぽいです。夏になったら2Pで。
eimy
 

今回も、よりによって難易度決めのため腕まくりして本気で臨んでいるところに、通りすがりのよしくんからリアルオジャマが発動して、困りました。
悔しいことにニガテ譜面でまだ2回くらいしかクリアできてません!くそぅ。

TAMA
 
リフレクビートで目も回るほど忙しそうなDJ YOSHITAKA。
期限ぎりぎりでしたが、本当におつかれさまでした。
mayo
 
最もワカバマークな自分は涙目になります。かろうじてクリア…!
しおんちゃんキレイです。
必死で叩いててプレー中はハイスピード一色、頭真っ白。そう、雪のようさ!!
が~す~
 
最初油断していたらいきなりポップ君が降ってきたのでびっくりしました。
キャラの名前が・・・いや何でもありません。
shio
 
なんというか。チームのみんなに聞くたび「そんなこと思いもしませんでした」とハッとされるので、むしろ自意識過剰でごめんなさいと更になったよもじもじ。ヨシオも名前データ作るときに初めて気づいたんだよな・・・とほほ。でもこんなかわいいキャラはなんというかというかこのページで気づかなくていいことを知らされてしまったしおんちゃんファンの皆さまマジすみません。明日からスパッと忘れてください!ちっひのSっ子めー。

えーと。よしくんの有言実行ぶりはマジすごいと思いました。YMS。CMDS。
PON
 
楽曲発注時のエクセルを見ましたら、
DJ YOSHITAKA→かつてないキラーチューン
と書いてありました。
常にかつてないところを目指す先輩の姿勢、かっけーっす!


リフレクビートの制作が鬼忙しい中、作っていただいたこの曲、
いまだかつてなかったキラーチューンとして後世に語り継がれていくことでしょう。
最終的にはクリスマスソングのように、冬になったらこれ!みたいになることでしょう。

wac
 
「ポップンにおけるかつてないアレなの作りますよ!」とだけ宣言してREFLEC BEATに旅立ってしまったよしくん。
どうかつてないのかよくわかりませんが待ってることにした。
戻ってきたときはリフレクがよほど大変だったのか、哀しげにマイナーキーで「すれ違ーうたびーにー」と口ずさむ子になってました。
その時点でうっすら嫌な予感はしていたのですが、サウンド完全アップの週になってまた「ピアノソロ弾いてくだたい」と来たもんだから、なんというかもう、俺が産卵しそうでした。
「生まれる!生まれる!ひっひっふー!」と叫びながら弾いたピアノソロをご堪能ください。