例によってwacから指令が入り、コナミ本社に呼びだされ、ビル内を迷いながら大きな打ち合わせ広場にて「次は音の街です。そしてAkinoさんで、森の中はどうでしょう?」などと話が進んで行きました。
「森の中?」と聞いて、その時何故か「ホビットの冒険」とか読んでた僕は、「それならなんとなく楽しくやれそうだ。」と思ったのでした。
そして、キャラは「Rokiの子供時代」みたいな話になり、深い森の奥でロキ姫のわがままに付き合わされる使いのホビット達というようなイメージで作りました。
魔法の授業で習った呪文を唱えてみたり。歌を歌わされてみたり。毎日大変そうです。ロキもまだ子供なので曲もいつもよりは明るめですね。中学ぐらいからDarkになってゆくのでしょうか?
僕は、慣れない(というか知らない)ルーン語の歌詞に挑戦し、図書館に通い、言ってしまったことを後悔しつつ、なんとか強引にルーン語の呪文をデッチ上げたのでした。
ロキの世界がいろいろ広がって来てなかなか楽しかったです。

mizuno




今回は、曲の構成を作っていく段階で、色んな歌い方やフレーズを提案して、それを水野君がレコーディング、編集し、さらに構築していくという感じで進んでいきました。
自分の持ってる歌いまわしを自由に表現させてもらって、とても楽しかったです。
軽やかな気分で皆さんにも楽しんでいただけたら嬉しいです。

akino


twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


 

キャラクター
 
 
 


デモを聞かせていただいて、いつもよりちょっと明るめのAkinoさんワールドでした。
そのままのロキだとちょっと浮くかなぁ?と思っていたところ、mayoさんアイデアのちびロキイラストがかわいくて、「こども時代ってことにすればちょうどいいぞ!」と決定しました。
頭のおだんご?つの?触覚??を小さくしたら、鬼っこみたいになってお気に入りです。
衣装は11ロキのモダンさ捨てがたくて、スモック風にハイウェストする程度にしました。

のびのび我がまま放題に、おともを従え困らせる小さなプリンセスです。
曲名もロキを冠していただいて、うれしいやら照れるやらでした。ちびっこは向かうところ敵なしですね。いつの間にかポップンにたくさん曲を提供していただいたなぁと、おつき合いの長さにちょっとしみじみしました。いつもありがとうございます。

おともを描くのも楽しかったのですが、イラストの見栄えでついつい数を増やしてしまって、作画監督さんにおそるおそる「・・・いけますか?」と尋ねたら、たのもしいお返事いただけて大感謝です。こちらもありがとうございました!つい気軽に「岩の周りをぐるっと陽気に歩きます」と伝えたら・・・oh・・あんなコマ数になるのですね。こちらは反省して責任を持って自分でデータ化しました。多分ポプ歴最多です!ぜひオジャマなどでご確認ください。

shio


 

スタッフ
 
mayo
 
はしゃいでるロキが実にかわいくて微笑ましい感じです。
PON
 
街には森がありますよね。
という事でAkinoさんには「森」な感じをお願いしました。
シタールやパーカッション、さらにAkinoさんの歌声とあいまって、
あたかも小人たちが炎のまわりで踊っているかのような
不思議空間へトリップ!な、楽しい楽曲となりました。
とっきー
 
ロキ様がロキちゃんといった感じになっててかわいいですね。と言うとあとからロキちゃんに怒られそうです。でもかわいい。
masaru
 
Hがクリアできなくて、只今猛特訓中!
とっきーがクリアしてるから、負けてられないぞ!!
ちっひ
 
ちびロキかわいすぎ!
まわりのお供(?)がビクビクしてるのがほほえましいです。
が~す~
 
自称レベル40の自信をへし折られました。。
袖長すぎ。
オオツ
 
ずっとこの服なんですね。
とすると、袖はいいとして丈が…。
wac
 

Akinoのお二人も、何気にもう6年もポップンに関わってもらってます。小学生なら卒業してますねぼちぼち。

mizunoさんは作曲にあたって毎回キャラのことを聞いてきます。
キャラの言葉として、キャラの物語として曲と詞を作ってくれます。
今回も子供ロキに決まってから、一気に曲調が固まりましたね。
ルーン語もガチで調べるとかマジえらい。
どうせわかんないから適当な言葉並べてても一緒だろー、とかいい加減な仕事してる人は反省しなさい。俺とか。

あと、とてもかわいい子供ロキですが、PONが「ジーンズ脱ぎかけに見える」と言ってたのが忘れられません。