wacからの提案で、タンゴとプログレを融合した曲を作ることになりました。
タンゴは、表の拍が強調された情熱的なリズムと、心を揺さぶられるような泣きのメロディーが特徴の音楽ですよね。
最初に、タンゴには必要不可欠なバンドネオン(アコーディオンに似た楽器)のバッキングを入れ、その上に、バイオリン、ピアノ、ガットギターのメロディーを重ねてオーソドックスなタンゴの楽器編成の曲を作ったんです。
これはこれで気に入っていたのですが、プログレとの融合と言うことなので、曲の中盤からテンポを速くして、僕の得意なロックテイストのギターを入れ、さらにブレイクやキメのある展開で変化をつけてみました。
タンゴにハードなギターを入れるのは初めてなのですが、泣きのメロディーと僕のギターがうまくマッチした感じがして、弾いていてすごく気持ち良かったんですよね~。
その結果、情熱的な感じがさらに強調され、激しくも切ないプログレッシブなタンゴに仕上がったと思うんだけど、どうかな~~。

泉 陸奥彦



twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!

泉 陸奥彦 ブログ
アルバム 『 ポン太と巡る世界の音楽 』
--- Red Roses 収録


 

キャラクター
 
 
 



名前をムーンサンにするかどうかで最後の最後まで悩みましたが
結局言葉を合体させたエル・ソルーナになりました。響きがお気に入りですよ。
アニメも2人で1人というか2人いてこそのアニメにしてもらったのでお気に入りです。
オススメはwinアニメ!是非見てください~!

そうそう、アイデアだし途中のときにはまだまだ完成版のキリッとした表情ではなく
セクシーさが足りない!と突っ込みを受けました。
そのときは内心実は「?」となっていましたが後から振り返ってみると言って貰えてよかったとほっとしました。
途中は意外にもひょろひょろだったんですよ。
あのつっこみがあったからこそ楽曲の激しさ、熱さにまけないキャラになってくれたと思っています!


とっきー

 

スタッフ
 
TAMA
 
ロケテストのボス曲でした。
途中から加速していく展開が、プレーしていてテンションがあがりますよね。
あつい、あつすぎるぜ
が~す~
 
ロケテストで途中から出現して皆をにぎわせた曲ですね。
あのキャラのインパクトは強烈です。
タイトルにもちょいちょい出てくるんで見逃さないように!
まめしば
 
Mooooonさんというポップ等のデザイン担当のスタッフさんが居りまして、じゃあもうキャラの名前は Moon & Sun でいんじゃね?という話でしたが、気がついたらスペイン語になってました。
太陽の方は、力強い目元と太陽のごとき熱さで、泉さんをモデルにしているのかと思ったのですが、違うそうです。
月の方は、鋭い切り口とシャープな目つきで、2位じゃダメなんですか?って言うのかと思っていたのですが、違うそうです
eimy
 
一心不乱に踊ってるような戦ってるような、熱く激しい曲。キャラも情熱の塊みたいな燃える2人でこれまたぴったりです。
背景の炎とバラもものすごい激しいモチーフなのに、曲とキャラに押されてあまり目立たないのが不思議です。
ガシャーン!って合体する2人……見てはいけないものを見たような気がするのは私だけでしょうか///
ちっひ
 
どこを見ているかわからない、そんな瞳が魅力的なおじさま。
ガシーン!のアクションは衝撃的でした!!
とっきーちゃんはのほほ~んとしてるので作るアニメとのギャップがおもしろいですv
太陽の炎の部分は負けアニメを見る限りではなんだかフニフニしていそう~触ってみたい。
shioさんがアイデアで出していたアルゼンチンの太陽キャラをみなさんに見せてあげたいです。
shio
 

どれどれ?と見直したら、自分の絵にびっくりさせられました。ダンディー毛・・・。とっきーのトウモロコシもなかなか・・・。アルゼンチンは日本から遠すぎて意外とイメージ出しに手間取りましたが、最終的には素晴らしいキャラができてよかったよかった。二人の目力がたまらんです。あと参考に見ていたアイスダンスの決めポーズの濃セクスィーさにラテン系じゃない私はそんな人前で・・・・とびっくりしました。エル・ソルーナさんはもっとすごいや。

タンゴといえば有名なリベルタンゴを初めて聞いたときは、焦燥感ある独特のリズムと切ないメロディーに心引かれました。チェロ版もいいけど、泉さんの高速ギターだと速さと情熱度がパワーアップ!音楽の組み合わせって無限大でおもしろいですね。かっこいいっす!あついっす!叩いてておてても熱くなります。

PON
 
 

激しくも切ないプログレッシブなタンゴ、しかと受け取りました!
オーダー前は、こんな無理なお願いをしちゃって大丈夫だろうか!?
と心配していたのですが、ワールド系楽曲の得意な泉さんだからと、思いきってオーダーさせていただきました。
泉さんだからできた実に面白い融合音楽だと思います。

二重階段が凶悪でゲージ急降下の人多数だけど、
泉さんのお顔にそっくりなキャラの顔に見てニヤリとすれば、いつかきっとクリアできるぞ!

wac
 
泉さん(みたいな太陽みたいな何か)に見つめられている本作のタイトル画面が僕は大好きです。
泉さんといえば、プログレッシブであり、ハードなギターサウンドであり、純度の高い民族音楽でもあり、なのですが、今回全部入りでお願いしてみました。泉さんがおおむね詰まってるお得な逸品です。
最初はコーダ前のラストのギターバリバリドラムドコドコゾーンがなかったのですが、やはり泉さんといえばハードなギターサウンドでありますから、ラス殺…いや、音楽的にラストにもうひと盛り上がり欲しいです、とお願いして追加して頂いたのです。
まさか譜面的にこんなことになるなんて!思ってましたけども。