当時の私のやりたいこと全部つまってました。
もう5年も前なんですね。
KING OF POP とは、まさにこの曲のことだと思います。
たくさんの動物、お魚、老若男女問わずたくさんの人々が登場し、
楽しそうに、あれやこれやとお話している歌です。
皆様、楽しんでプレイしてくださいませ。

よろしくお願い致します。

あさき




twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


あさき オフィシャルサイト
アルバム 『 神曲 』


 

キャラクター
 
 
 

ゆかいなお話を隣でふむふむと聞いていたら、いつのまにか自分が作っていました。
恐ろしいものの片鱗を垣間見ました。こ・・これが神曲の世界ッ・・・。

意外とあさきさん曲に絵をつけるのは初めてでした。光栄でぷるぷる震えました。
言葉の細部は覚えてませんが、「君は湿っている側の人間だから大丈夫」的なことを仰せられ。
日なたの表通りをるんるんと闊歩する我が身としては、「覚えなきことを!言いがかりである!」と悔しさに流した涙で絵を描きました。

しかし、こんな機会でもないと話してもらえなさそうな、深淵のあさきさん歌詞ワールド。
読み下しすらむつかしい 歌の意味を「ユーザー代表として聞き出してみせる!」と奮い立ったものですが、のらりくらりと天狗草の煙に巻かれ、狸に化かされたような気もします。
いただいたキーワードや情景を呪いをこめつつ練りこんでみたら
あれあれ?
キャラと言うよりムービーになってしまいました。すまぬ。

どの曲をプレーしても背景つきでやってくる小坊主君。
それは背中に縫い付けられた、業なのかもしれません。もちろん咄嗟のでまかせです。

shio


 

スタッフ
 
とっきー
 

ぎゃああああ~でた~~。曲もアニメもとても怖いです、でもそれがいいんです。

皆様がキャラクターのアイデア出しをされているときには
席の後ろから神曲についての解釈が聞こえてきて、
そうだったのかと思いつつもとても精神的にざわざわした事を覚えています。

masaru
 
「かみきょく」って途中まで言ってしまいますね。普通そうでしょ?
あさきさんの頭の中って覗いたらステキワールドが広がっているんだぁ~とちょっと思います。
が~す~
 
「かみきょく」かと思っていたら「しんきょく」でした。
スタッフ間では「小坊主」がよく「小僧」と言い間違えられます。
TAMA
 

”かみきょく”の担当キャラクターは、”小僧”です。
何回でも間違えます。前者はともかく、後者はなんで小僧って覚えてしまったんだろう。。。。

キャラクターをつくっているときに、宗教用語や常用漢字では書けない言葉とかが飛び交っていた気がしました。

eimy
 
こんなアニメがつく曲だったのですね。
小坊主の正体もそのまわりの状況も全く意味がわかりません。混沌。ゾクゾクするねぇ・・・
ちっひ
 
キャラを決めるときのあさきさんの話が私にはチンプンカンプンでしたがshioさんは通じる所があったのか2人だけおかしな色のオーラが出てきたのでそっと逃げてしまいました。
ぼうやのおくちがカワイイです。
まめしば
 
原曲は10分くらいあるので、どこをゲームにしようか迷っちゃいますね。
小坊主は不気味なのですが、不思議とかわいく見えてきます。
奥にある山や、上にある目も、なんかかわいく見えてきます。

オオツ
 
いや、全部こえーよ。
PON
 

アルバムからのゲームカットですね!
この曲は超大作すぎて(アルバム版だと9分超え)泣く泣くカットせざるを得ませんでした。
1曲で1クレ分の時間使っちゃうんだもん!

カットされた波形たちが「オレたちも使ってくれよ!」と泣いていました。
…ボクだって悲しかったさ!
でもこれが音楽ゲームってやつなんだ、わかってくれ…。


まあカットする作業はwac先輩だったのですが。

wac
 

「しんきょく」であって「かみきょく」ではないみたいです。
さらに「神曲」であって「新曲」ではないみたいです。
さらにわかりやすくイントネーションを伝えますと
「せんべい」であって「きんちゃく」ではないみたいです。

なにぶん、ふってわいたやんごとなき状況でしたが、まあいつもそんな状況ですが
今回はわかる方にはわかりますようにマジピンチで。
ですが、ピンチをチャンスに!の言葉のとおり、出来ることで一番インパクトあることしよう、と思ってこの曲をゲームに入れることになりました。

まあ、ゲームサイズで神曲のすべてを伝えることなどままならぬのですが。
休日にスタジオ出向いて、あさきちに決めてもらったサイズがこれでした。
そりゃあ変態ゾーンもほしかったし、EXだけ構成変えてそうしようか、とかも思ったんですけども。
なにぶんやんごとなき状況でしたので。
あさきちもおっしゃってますように、みなさん楽しく遊んでね。