心地よいミディアムテンポのSKAです。
少し暑くなってきた今日この頃。
このくらいの温度が涼しくて気持ちいいですね。

ボーカルはnatsuki。
耳元で囁くようなボイスがこれまたいいです。
作詞もnatsuki。
彼女に自由に「夢について」を表現していただきました。

そして何故”TYPE A”なのか?!
詳しくはギタドラを!!

小野秀幸

twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


GuitarFreaksXG2 & DrumManiaXG2 【スペシャルサイト】

アルバム 『 over there 』


 

キャラクター
 
 
 


小野さんのギタドラでのムービーキャラは数あれど・・
今作はトルテとパフェにゲストでお越しいただきました~(パチパチパチ)
ふたりは「三毛猫ロック」や「三毛猫ジャイブ」でキュートなダンスを披露してくれますよ。
キャラがはさまることで、ますますギタドラとポップンのコラボ感が演出できたら嬉しいです。

さらにキャラ間もコラボ!と、ポップンのSKA担当の人とBEMANI多機種に登場する双子ガールズもスペシャルゲストでお招きしておりますよ。ぜひいろんなアクションを見てみてくださいね。
なんだか同窓会みたいで、絵を描いてて楽しかったです。

ん? トルテは真っ赤な髪の色がチャームポイントなのに!
とお気づきのギタドラーな方。ギクリ。
モダンスカはしっとりした大人のイメージだったので、クール系な色にさせていただきました。
ごめんちゃい。
でもいつかどこか元気な曲で赤verが登場するような気がするのです。ニャー。

shio

 

スタッフ
 
masaru
 
ギタドラとコラボすることが決まり、小野さんと久しぶりに仕事できることにうれしくなっちゃいました。
ギタドラとはバージョンが違うので、聞き比べてみてくださいね。
まめしば
 
ベーイビベイビ~♪が印象的なオトナなオシャレスカです。
歌詞もオトナっぽくてドキドキしちゃうぜ!弥生~
ギタドラではTYPE Bがプレーできちゃうよ!
実はまだやったことがないので、どんな感じか気になるぜ。
eimy
 
わたし、トランペットが大好きでスカのCDをずーっと聞いてるんですが、+モダンはこんなかんじなんですね~。うちでの作業用BGMにしたい~。
オオツ
 
起きた時覚えてる夢って、変な夢ばっかりです。
なんかあるんですかね?深層心理的な?
が~す~
 
バーで流れていそうな曲ですね。
落ち着くー
TAMA
 
やさしい歌声がいいですよね~
ウィスパーなかんじ?
mayo
 
オシャレでカワイイ☆
ちょっと囁くような歌声がくすぐったくドキドキしそう♪
とっきー
 
ベイビィ~とささやくように歌われててドキッとします!
なんだか良い感じのお店でまったりしながら聞きたいです。
ちっひ
 
歌声がセクシー!
自分からこんな声が出たらいいのに~
そしたら毎日ベイビィ~言うよ!みんな元気になるよ!
shio
 
小野隊長、おひさしぶりです!ポップン台からトランペットの音が聞こえるとなんとなく安心しちゃいますね。
natsukiさんの歌がまた素敵ですね~。ほんとこんな声になりたいな。大人キュートで、うっとりです。
PON
 
今回、ポップン的にはスカと小野さん欲しいよねという話になり
そうだね、スカなら小野さんだよねという話になり
制作時期も近いしギタドラと企画やりますかって話になり

「やろう」
「やろう!」
「やましょう!」
「やろうぜ!」と立ち上がったみんな。
何度も小野さんのデスクに行って打ち合わせをしたのが懐かしいです。

マジスカ的な雰囲気の中に、ヴォーカルのnatsukiさんが新しい空気を運んでくれる
すてきな仕上がりとなっております。
wac
 
ポップンでもギタドラでもおなじみな人でありつつポップンとギタドラの交友に長く生暖かく関わってきた人。
正解は小野さんでした。みんなわかったかな?
ここのところアレとかアレとかでご多忙にてポップンではなかなか楽曲を書いてもらう機会を頂けず
お久しぶりなんですよなにげに。
噂のTYPE Bはまだ聞いたことがないので僕も楽しみです。

ちなみについにポップン進出のトルテとパフェですが
遠い昔、三毛猫ロックという小野さんの名曲が移植された時に
仕様上既存のキャラクターに担当させざるをえず
その中で「ホネホネロックニャミ」をセレクトしました。
「トルテ&パフェじゃないのは仕方ないとしてなんでホネニャミなのだ」との
御指摘も頂いておりましたが
猫でありロックである、という三毛猫ロックの条件をこの上なく完璧に満たし
なおかつ曲のリズムにベストマッチのゴーゴーダンスまでこなしているという
この曲のために作られたかと見まがうばかりのドンピシャのセレクトだったわけです。
まあ顔はホネだったけど。

されど、このたび本家の進出でさあホネニャミの運命や如何に!震えて次号を待て!