原曲「Passacaglia」はポップン7ですから約9年ぶりの登場になるんですね。

最初の打ち合わせで、PONさんから「リミックスはテンポ速くしましょう」と言われたので
「じゃあBPM200で!」と返したら「いやそれはちょっと…」なんて渋られました。
そういえば左脳スパークでも「もうちょい遅くしてください」と言われたような気がします。

さておき「好きにやっちゃっていいです」の許しを得て、リミックスは雰囲気をガラリと変えました。
リハモナイズから変更を入れてますので、オリジナルかと思うぐらい別の楽曲に聴こえますが
フレーズやリズム、曲の構成などを引用したり、原曲の要素をあらゆる箇所に盛り込んでいます。

PONさんにお願いしてサウンドデータを受け取り、元の音をそのまま使っているのもあったり、
「いやこんなん気付かねーよ」なんてさりげない要素もありますのでぜひ原曲と比較して、
違いと共通点を楽しんでください。

穏やかなPassacagliaはポップン7を、
忙しいPassacagliaはポップン19を、
どうぞよろしくおねがいします。

742

twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


『レトロフューチャー』 は pop'nmusic 7 で登場したよ!


 

キャラクター
 

前作に引き続きVJ担当させて頂きましたもとこです。
今作からVJ画面が大きくなって、前作以上に自由にやらせていただきました。
ありがとうございます!!

イメージは宇宙と電脳空間です。
なんかレトロフューチャーっぽくないですか?
宇宙と数字の組み合わせって個人的に大好きな組み合わせです。
しかし数字がどばーっと羅列されていると
文系の私はそれだけで鳥肌が立ってしまいます。
未だに7の段が怪しいです。

もとこ

 
 

スタッフ
 
masaru
 
リミックスって原曲と全然違ったイメージにもできるんですね。
途中まで、レトロフューチャーのリミックスってことに気が付かなかったです。。。
でも、最後は一緒なんですね。
TAMA
 
熱くREMIXされていて、かっこいい!!
なんか昔の名作映画が装いも新たに現代によみがえる~みたいなかんじ。
旧作ファンも新作ファンも楽しめる安心のクオリティです。
eimy
 
曲の終わりがなくずーっと続きそうなかんじが未来感なんでしょうか。この曲、ポップンを1人でやりたての頃(6までずっと友人と2人でやってました)の記憶がよみがえります、懐かしい。
ちっひ
 
ちょっと忙しい感じになったのかな~と思って元のを聴き直したらなんだかほのぼのした気持ちになりました。
やさしい感じの未来だったんですね~
私も7の段以降が怪しいですが大人になると計算機使っていいので安心です!
shio
 
もとこさんのVJがすごくかっこよくてイラストも数字ネタでノリノリで描きました。ウォーカーさんカラーのMZDも新鮮でお気に入りです。神はいろいろ色替えできておいしいな。なつかしの渋知チョイスがまたうれしいです。

無限の数のひろがりってほんと宇宙ですねー。循環小数・無理数・素数・虚数・・・。字面でときめく単語たち。その先の高校数学で絶望が待っていようとは中学生の私は知る由もなかったのですが。微分積分はちょっと分かった分かったつもり・・。
余談ついでに。先日TVで円周率の番組を見たのですが、現在の世界記録は日本のSEさんが趣味で自宅のコンピュータで計算した5兆桁!なんだそうです。いろいろびっくり。真空管コンピュータでは100桁だったそうで。20世紀からの指数関数的進化におどろかされます。
このREMIXもそんな2点間の差が楽しいな~と。ぜひぜひポップン台で叩き・聞き比べてみてくださいね。
PON
 
いやーホントこのリミックスは、スケジュール的にタイトでして、742さんに無理行ってお願いしたんですが
まさに神がかったスピードで納品いただきました。

発注当初から、ガラッと雰囲気を変えてくれと742さんには言ってありましたが
ここにきて90年代J-RAVEを持ってくるとは。
聞いた瞬間、脳裏に往年の「Quick Master」が頭をよぎった!!
ギターの厚さ、オケヒの豪快さ。
元曲に無いアツい雰囲気を存分に堪能してください。
wac
 
名曲Passacagliaは自分がポップンのサウンドディレクション駆け出しのころ、HIRO総長にお願いして作ってもらった曲ですね。
曲自体柔らかく幻想的なアナログシンセサウンドが郷愁を誘うのですが
今となってはポップン7制作時の青臭い記憶も思い出されてなんとも個人的にふにゃふにゃになる曲です。

それを今回、脚光を浴びてもらう意味で
ド派手にリミックスしてもらおうかな!ということでこうなりました。
742くんは若さとか古臭さとかで括れない妙な世代ちゃんぽん感のある音楽を作るのですが
このリミックスも、原曲とはまた違う懐かしさと、前のめりな勢いのちゃんぽんです。
もはや原曲を探せクイズみたいになっておりますので、原曲を覚えるためにポップン7のPassacagliaをプレイし
原曲を探すためにこのリミックスをプレイし、原曲がわからなくなったらポップン7のPassacagliaをプレイし、と
マイベストトップ二曲をPassacagliaで埋めてしまうがいいですよ。
まめしば
 
ある日のもとこさん
「ポップンやったんですけど、どせいさんが見つからなくて・・・」
どせいさん?ああ!ウォーカーか!ぽえ~ん

同じ日のもとこさん
「2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・」
7の段は怪しいのに!?

ということで、レトロフューチャーREMIXです。
ラボテクノで初登場の742さんですよ。
素因数分解すると 2, 7, 53 さんです。どうでもいいですね。

長い前振りになりましたが、今回のREMIXで、よりゲームっぽい、よりコンピュータっぽい感じになったと思います。IT革命!

この曲は、図書館があるとウォーカーが持ってきます。
ウォーカーさんは主に哲学書を読んでいるらしいぞ!
哲学・・・朝っぱらからの重い話に参ってしまい、3回目からサボった記憶が・・・