はじめは”熱湯泡テクノ”ぢゃなかったんですょ。笑
銭湯と戦闘をかけて、「”銭湯(戦闘)テクノ”にしよう!」みたいなかんじだったと思います。

つくっているうちにだんだん楽しくなってきて、
声を録っていれたり、効果音をつくって入れたり。

声はスタジオでとったわけではなく、
koboさんからハンディーレコーダーを借りて、
会社の窓際で、大声だして「お゛ぃっ!!」とか「あはぁぁぁ」とかキモチよかな声出してとりました。

なんだなんだ!?会社でなにやってんだ?と人が集まってきたくらいです。

そしてぜんぜんテクノぢゃなくなって身の危険を感じたので、
ぢゃっかんテクノエッセンスを入れたかんじです。

この曲のファイル作成日を見ておどろいた、、、2010年9月!?
もうそんなに月日が経ったのか。。。

まいにちがおどろきの速さで過ぎさっていく・・・

Dp.Honda

twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!



 

キャラクター
 
 
 


銭湯と戦闘って・・・と思いつつも ~銭湯におけるバトルを考える~

 ・薪を割りまくる
 ・そしてかまどに火をつけまくる
 ・江戸っ子が先に風呂から上がらない対決
 ・フルーツ牛乳を一気飲み
 ・せっけんで滑ってスケート
 ・湯船で水泳大会
 ・風呂桶でカーリング
 ・ローマ人がレスリング
 ・300を超える1000+10人のバトル無双
 ・なぜか土俵があって相撲をとる
 ・本田さんだけにメタル風?

どれもいまいちインパクトに欠ける・・・といつも通り迷走していたのですが、資料にしていた銭湯の外観写真をPON君が顔に見間違えて「それだー!」と建物自体がキャラ化しました。
いつもチームみんなの何気ない一言からアイデアいただいて助けられております。ありがとー。木製キャタピラと煙突水流砲がチャームポイントな今作屈指のお気に入りキャラができました。これでも曲に合わせた重量級タンクなんだぜ?動きもよくしていただけて感謝です!

あとジャンル名の英訳に困ってしまって、「熱湯」は「boiling water」で長すぎる!と苦肉の策の100℃でした。100secみたいな・・・?ちがうか。TEASY LISTENINGも困ったけど、ナゾジャンルはポップンのお約束なのでこれからもめげずにだじゃります。

shio

 

スタッフ
 
TAMA
 
次回作は、
『銭湯ロボ JABOOOON』
と予想。
とっきー
 

カポーン!
負けたときのアニメでにげて来る人たちがとっても気になります!
老若男女人気の銭湯ですね~。

ちっひ
 

重厚な曲がまさかこんな陽気な銭湯キャラになるとは!
逃げてくる人々それぞれに物語を感じてなりません。
shioさん渾身の桶ダンスがたまりませんね~酔いがさめて自己嫌悪に陥るタイプとみた!

mayo
 
銭湯ロボ カポーン。
名前も好きw
銭湯って行った事無いんですよ~、実は。
なんか緊張とか恥ずかしかったりとかで。行って…みようかな…。
フルーツ牛乳とかあるのかしら。ドキドキ。。
eimy
 
せんごく列伝のときに、城ロボのアイデア出した時もたしかこんなかんじだった気が!かっこいいのにお茶目ってどんだけ私得なキャラです??ゴルゴンとどっちが強いかなー。
PON
 
ええそうですよ、もちろん銭湯と戦闘をかけています。
戦闘って言ったらメタルギアを作っているDp.Hondaさんしかいないじゃないですか!?
いや、むしろこのノリをわかってくれる人がDp.Hondaさんだった、というべきか。

Dp.Honda先生の生ボイスを入れてください、とか、中盤はシャッフルリズムにしてください、など
いろいろなオーダーに柔軟に応えていただきましたので、かなり趣深いテクノに仕上がっています。
ふざけているけどマジメなんです。
このバランスが大事。
wac
 
なにしろ街ですから、みんなの体を洗う場所がないと大変です。
夏場にもなると、僕らの街がずぶ濡れの犬や柔道部の部室や部屋干しのタオルの匂いになるわけですよ。
銭湯がないとみんなどこで体を洗うというのですか!家で洗うんだろうけどね。

ということで出来た施設、銭湯です。銭湯大好きです。
銭湯と戦闘をかける、という、古くは風土記にも記録が残っていると言われる日本古来の大爆笑ギャグに基づきまして
普段、戦闘っぽい曲を手がけられているHonda先生にお願いしてみました。土偶とか銭湯とかごめんよいつも。
あたかも古代ローマの公衆浴場を思わせる荘厳なコーラスと
平たい顔族を代表としてHonda先生自ら実演された、渾身の「あっー~~」という呻きが聴き所です。
みんなもHonda先生にあわせて呻きましょう。
まめしば
 
デザイナーさんの席が近いので、どんな曲でどんなキャラにするかという、コンポーザーさんとのやりとりが聞こえるときがあります。
「アルパカいいですね。アルパカの曲も作りますよ!」
そして モフロックが うまれた
「戦闘で銭湯・・・いいですねそれ!」
そして クライマックス銭湯が うまれた
それでこんなカッコイイ曲が生まれてしまうからおそろしいものですね。
最初から最後までクライマックスだぜ!
僕は銭湯といえば、ユートピアマン (注意:リンク先は音が出ます!) のことを思い出します。

この曲は、温泉を作るとカポーンが持ってきます。
「銭湯にしてくれ」って言われてたのに、「温泉」って指定してしまい、ヒントコメントでカポーン跡地ということにした経緯があります。
そうなると、アニメでカポーンから脱出してくる人たちは中で何に浸かってたんでしょうか?みんなサウナー?
この曲も、価格を「せんとお」で 1010TP にしていたのですが、CDが安くなる施s・・・