街を「ツクる」ということ

「ツクる」って、色々な漢字があります。
「作る」「造る」「創る」
街をツクるのには、この上の漢字どの一つが
欠けても成立しないように思うのです。
創案し、作図し、造成する。
同じ「ツクる」でも、アイデアを絞り、頭を使い、体を使う。

僕とすわ君、二人で作ったこの「ガッテンだ!」も、これと
同じ工程を踏んで「ツクった」ものです。
アイデアを絞り頭を使い、体を使いました。
血湧き肉踊るすわ君の渾身のボーカル・歌詞&僕のメタクソな楽曲で、
みんなの心の中に街を「ツクって」やろうじゃねぇか!っていう
僕らなりの、日本復興計画なのです。


街は住む人がいなければ、曲は聞く人がいなければ、それ以上に大きく育ちません。
みんなで、この二つの暑苦しい漢花(おとこばな)達に、どうぞ水をくださいませんか。
大きくなくとも、しっかりと、あなたの「心の中の町」に咲いて見せますので!

manzo



皆様、お元気でしょうか~~~!!!私は元気です!!すわひでおです!!
今回のポップン最新作はズバリ、街づくりがテーマと言う事で、私は燃えました!!

なぜなら、私は今までにハンパない程の肉体労働を経験しているからであります!!
作詞する上でのネタが、それはそれは山盛りで私の体に染み付いている訳なのでありまっす!!
いや~皆様、人生どこで何が役に立つかなんて本当に分かりませんよ!!

だから私は思うんです!!どんな事でも一生懸命が大事なんだと!!
どんな事も決して諦めてはいけないし、決して油断してもいけないと!!

私が肉体労働を経験していなければ、間違いなくこの「ガッテンだ!!」は生まれなかったんですから!!
いやはや、人生は本当に面白いですよね!!

面白い事は連鎖するもんで、この曲の作曲者でありますmanzoさんも肉体労働の経験がおありなんです!!
ですから、レコーディング中も2人で「やっぱりこっちの歌詞の方がリアルですよね!!」なんて、お互いの経験を
思い出しながら、終始大爆笑でズンズン進んで行きました!!

ちょっとした制作秘話なんですけど、「ガッテンだ!!」のゲームサイズ制作とロングサイズ制作の間には何ヶ月か
期間があったのですが、その間に今回の大震災が起こってしまった事もあり、ただ単に土木作業員をコンセプトに
した歌ではなく、1日も早い日本の復興を願った「復興ソング」と言う物を最終的なコンセプトにしました!!

もうすぐサウンドトラックも発売になりますので、皆様是非、ロングサイズの方も聴いて頂きたいです!!
大好きな先輩、manzoさんと一緒に作らせて頂いたこの「ガッテンだ!!」に私は本当に感謝しております!!

そして、皆様に思う存分楽しんで頂きたいです!!どうぞ宜しくお願い致します!!

2011年6月吉日 すわひでお


twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!


 

キャラクター
 
 
 


さすらいの凄腕大工・ムキムキにいさん!!登場です。
その凄腕度は伝説や語り草となって、日本各地の大工さんの間で
語られるほどとか。…そんな頼れるアニキ、名前はその名も鉄男さん!
いかにもな名前ですが、スタッフ皆でい~っぱい考えた中から、投票の末に選ばれた名前なんですよ。

余談で、ムキムキを描いてるモニタの側を人が通ると、ちょっと隠しちゃいますね。
照れる…。///

それにしても、大工さんってカッコイイですね。
作業現場の側を通り掛ると、日々どんどん人間より遥かに大きな建造物がニョキニョキ建っていって。

今日もどこかで、誰かの為に色んな建造物を作ってる方々がいます。
すごいな、と素直に思います。スカイツリーの完成も楽しみですね♪

そういえば、歌詞に出てくる専門用語を知らなくて、安全帯ってなんだろうと思ってましたが、近所の工事現場を通ったら、大きく「安全帯を使おう!」と書いてありました。ちょっと嬉しかったです。

mayo

 

スタッフ
 
masaru
 
「おもいっきり素早く作業しているとおもったら、やさ~しく撫でるように作業する」って感じの忙しい曲ですね。
TAMA
 
世界広しといえども、
『土木ロック』
なんて、ぶっとんだ!ジャンルの曲が収録されているゲームはポップンだけでしょうねぇ。
ちっひ
 
鉄男が投げた鉄骨を受け止める猛者はいるのだろうか…
ゲージ満タンクリアで出てくるおじさんがツボりました!泣き過ぎ。
タワー作るのかと思ったら街ごと作って去ってゆくんですね、
かっこよすぎ!!!
が~す~
 
とりあえずアニメがでかい!
街が建物でいっぱいなのは彼のおかげです。
shio
 
ガッテンだ!って声に出すとなぜか気合が入りますねー。ポップン界のますらお担当すわさんとアツイ曲作りで有名なmanzoさんのタッグなんて!めちゃめちゃ豪華~。戦隊もののレッドが100人集まっちゃったような頼もしさを感じます。ちなみに先日のmanzoさんのライブも歌にトークにと楽しすぎました。蛙男さんと一緒にたーかーのーつーめーができたのも感無量です。

鉄男さんもアニキと慕われてそうな人としての器がなんとも大きいです・・・。子供もぶらさがれそうな二の腕がたまらんです。大工さんはかっこいいですよねー。小さいころ近所の建設中のお家を見に行くのが好きでした。更地だったところにどんどん大きなものができあがっていくのに感動したものです。
今日も鉄男さんはどこかの街で復興のお手伝いをしているのかな。ガッテンだ!を合言葉に、みんなで新しいものを作り出していきたいですね。わたしの二の腕はぷよぷよですが、小さいものから作っていきますぞ。がんばろーにっぽん。
PON
 
跳躍するメロディーが、壮大さを感じさせる楽曲ですねー!
人間というのは、衣食住が生活の基本となっているわけですけれども、
「住」という部分を作り出せる人間、それがこの曲に代表されるようなガテン系の方々なのです。
運動をあまりしないボクは、木材とか持てない気がします。
ともあれ、明るい未来を作る曲、土木ロックをぜひプレーしてみて!
wac
 
なんとmanzoさんですよ!
あの頃テレビで見ていたあの歌。
あのPVでガッテンだしていたmanzoさんとお仕事する日がくるとは…。
と思ったら、結構前にIIDXに参加されてて間接的に一緒にお仕事してました。
お会いするまで知らなかった。ていうか曲調違いすぎ!

すわさんの紹介でmanzoさんに曲を依頼できることが決まったら方向性は即決でした。
あの曲では建物ぶっこわしてましたが、今回は逆に建物を建ててもらう方向で。
すわさんとmanzoさんのタッグでこのテーマですからそりゃ熱い曲になるわけです。
ある意味タウンモードのメインテーマとも言えますし
街を探索する探検ノートとは別の意味で、チューンストリートを作り上げている根っこの楽曲です。

manzoさんもすわさんもおっしゃってますが、これからの日本は復興していく国です。
ガッテンだの方々の力が必要なのは言うまでもないですが
ガッテンではない僕らも、心の中にガッテン精神を持っていきましょう。
この曲が勇気になりますように。
まめしば
 
街を作るには工事が必要で、そうなるとこういうあんちゃんが必要です。
背が高くて筋骨隆々なので、演奏中の圧迫感がすごいです。

スーパーモグーのときもそうでしたが、工事関係の曲はメリハリがすごいです(BPM的な意味で)
工事現場で作業着でコーヒー飲んでる漢達には、なぜか憧れを抱いています。
たぶん自分にないものを持っているからなんだろうな~

当初この曲は「(特定の時期から数えて)施設を10回つくる」って条件だったのですが、タウンモードが複雑になってきて、「施設ある→キャラ来る→曲増える」という流れで一本化しようということに。
で、まあ鉄男は工務店しかないよな~
でも工務店最初からあるんだよな~
と、迷った結果、「工務店があると特定の時期以降、鉄男が街に来る」ということになりました。
今は工務店があれば鉄男がきます。