.どうもTOMOSUKEこと小生です。

難読題名でほんとすいません。
僕もマクイルショチトルって、最後まで口に出して言ったことが殆どありません(笑)
そんなことよりも発音が、マ↑ク↓イ↓ル↓なのかマ↓ク↑イ↓ル↓なのか気になりますね。
某ファーストフードの呼び方みたいにイントネーションが中部地方あたりで割れているのかしら。

もともとjubeatからの移植曲ですが、オリジナルとは少し変えています。
前半の入りをよりジャズっぽくして、キャラのスモークさんに合わせた感じにしました。
譜面についている足跡は、もちろんあの『みたまえ、この華麗なる肉球のスタンプを!』な猫のものだソーダ。

一聴するとジャズっぽいピアノなのですが、ジャズのようにスウィングしてバックビートに重点を置いた感じは無く
あくまでもメカニカルでスクエアなビートなので、自分の中では実はジャズピアノという感じはしないんです。
無機物と有機物の中間のようなイメージです。

で、この曲には兄弟曲が存在します。
その経緯は前にTwitterでちょこっと書いたので、気になる人は調べてみて下さい!


TOMOSUKE



twitterでつぶやく
この曲をプレーして感想を聞かせてね!

TOMOSUKE ブログ ・・・ 『 ともろぐ 』


 

キャラクター
 
 
 


ニットちゃん同様、衣装をピンクハウスにするか胸毛にするか迷ったり・・・はしていません。
スモークさんはシャツのボタンを留めもしない性格的に、寒かったとしてもシャツの上にニットとか着なさそうだなーということで、あったかそうなもこもこニット一枚のお着替えです。
着せ替えアニメを作りながら追加アニメを考えていたら、このスモークさんの指使いでjubeatしたら面白いかも!と思いついて、マーカーのアニメと譜面をいただいたのでした。快く&すばやく応対してくださったjubeatチームさんありがとうございました♪ジャンジャン!のところとアニメの手を合わせるのが楽しかったです。
ポップン台でチェックしてる時、TOMOSUKEさんがイラストを見て楽譜に猫の足あと?とにこにこしてらっしゃったのが印象に残ってます。私もあの足あとと困ってるのかいつもの顔なのかわからないスモークさんの表情、キュンキュンポイント高いと思うんですよォ~shioさん^^

eimy


 

スタッフ
 
mayo
 
ピアノの音が心地良くて、ウットリな内にプレーが終わってましたv
何度も聴きたい曲です。
PON
 
jubeatで語り草となっているこの曲が登場です!
ピアノ乱打が気持ち良く、心地よく、凶悪に!?流れてきます。
後半には、あの有名フレーズを模した青ポップくん地帯が存在しますので
最後まで気を抜かずに頑張ってください。
とっきー
 
周りの人がマクイルマクイルとおっしゃっていたのでマクイルの部分だけはわかるようになりました。
難しい曲名につられてピアノコンテンポラリーというジャンル名すら噛みそうになります。
が~す~
 
何度名前を聞いてもわからず、ずっと「マイケルみたいなやつ」と呼んでいました。
何度やってもスコアが悲惨です。
masaru
 
だめ、曲名で書かれても読めない。わっくが解説しているけど、やっぱ読めない。
ポップンはジャンル名で呼び合うから難易度高いですよ。
曲は安心のTOMOSUKEクオリティーです。ピアノ気持ちいいですね♪
オオツ
 
アペンドフェスティバルの先陣を飾った曲ですね。
いつもは移植曲でもジャンル名で覚える事が多いのに、これはばっちり曲名で覚えました。
って思ってたら省略名でした。誰もフルネームで呼ばないのは読めないからなのか!?
ちっひ
 
曲名がまるで記号のよう…
ひと目みた瞬間から、私は読むのをあきらめました。そして今まであえて知ろうともしなかった。
でもやっと覚えました、おぬしの名はしょちとる!
あっちもニット着せてこっちもニット着せて、そんなポップンの直球具合が好きです。
まめしば
 
なかなか読めない曲名。僕はもう「マクイル」で諦めてます。
譜面作成中のPONくんのところにTOMOSUKEさんがやってきて、いろいろ指示しているところに居合わせました。
jubeatの初期マーカーはGOODでソーダ色になるそうで、さらにこの曲は判定が厳しいらしく、画面がソーダ色になりやすい曲とのこと。
なので、その時は青ポップ君を増やしてみたいなことを言っていたと思います。ソーダっぽく。
曲コメント語尾の「ソーダ」には、そんな想いが込められているのだと思います。
僕のダジャレではありません。あしからず。
shio
 
大好物のTOMOSUKEさんピアノいただきましたー。しかし、なに食べたらこんな曲を作れるようになるのでしょうか・・・。ほんとにかっこよすぎてずるいです。マクイルに限らず、どの曲もjubeatさんちはおいしそうでセレクト悩みました。つまり今後ともよろしくお願いいたします^^。

さらに、アカデミーの重鎮TOMOSUKEスマイルもいただきましたー。わーい!見たかった!
イラストは・・・実は・・・「床に散らばった楽譜の上を猫が歩いて、足跡がミラクルな和音を与えたもうた!」の瞬間をイメージしました。
ちなみに。私の好きな言い訳は、猫がキーボードの上を command +A → delete → command +S の順に歩いていったんだよ!です。
TAMA
 
胸毛スモーク派は、私だけでした。
前をはだけさせて、胸毛がもっさりスモークさんは渋さMAXだろ~が!
と熱く語ったんですが、それ以上の勢いで却下されました。
wac
 

連動企画わっしょいアペンドわっしょいということで
jubeatからなんでも一曲もってけドロボーとのありがたいご提案を頂いたのです。

サントラ聴きまくって嬉々として選定しましたが、裏ではライバルのドロボ、いやBEMANI機種の仲間たちとのあれやこれやの駆け引きや談合や争奪戦があったとか。
マクイルになった決め手は曲がべらぼうにかっこいいことはもとより、今回の全体楽曲ラインナップに欠けてる成分だったこと。TOMOSUKEインストいいよTOMOSUKEピアノいいよ。もっと書いて。

曲も読み方も難解ですが譜面も難解です。PONくん渾身のソーダバーを華麗にさばいてください。
ていうか読み方わかんねーと思いがちだけど、ぶっちゃけ難しいのって真ん中の「x」だけだよね。