ライブに出演されたアーティストの方々からみなさんにメッセージをもらっちゃいました。
みなさんほんとにありがとうございましたー!ぱちぱちぱち。

ライブでは暖かい声援ありがとうございました!楽しかったですね〜。楽屋もハイテンションで、アーティストのみなさんと楽しい時間を過ごせました!しかし、私の司会にはみなさんハラハラした事でしょう。どうもすみません〜。でも、客席からの暖かい声援とキャシーという強〜い味方と、アーティストのみなさんのおもしろトークで乗り切れました。ありがとうございました!!ライブが終わりに近付くにつれて、「このまま時間が止まったらいいのに」とウルウルしてしまったMickin'です。これからもどうぞよろしく!またどこかでお会いしましょう!!!

  Mickin'


司会の片割れをさせていただきましたCathy Lauです。
ご来場下さったみなさま本当に有り難うございました。
私にとってはあんな大きな舞台での司会も歌も初めての経験で、リハからずっとワクワクし通しでした。
一緒に司会をさせていただいたMickin'さんはとってもしっかりしていて最後までお世話になりっぱなしでしたし、楽屋でご一緒させていただいたSanaさん、ふじのマナミさん、くまのきよみさん、MAKIさんもみ〜んないい人で、和気あいあいとした雰囲気で過ごせたので緊張せずに幕開けを迎えることが出来ま した。
そして、なにより観客のみなさんの笑顔と歓声に大感動!すばらしい演奏を終えた各アーティストへの惜しみない歓声に司会の私も思わず顔がほころんでしまいました。
今回は4時間の長丁場でカーテンコールの時にはもうヘトヘトだったと思いますが、本当に最後までありがとうございました 。
機会があればまたどこかでお会いしたいですね!

  Cathy Lau



全国のポップンファンの皆様!! おはこんばんにちはー!! お元気ですかー!! ますますますらおすわひでおですわ〜 押忍!! あ・い・う・え・押忍!! 夏休みボケってませんか〜?もしボケってたら、秘密のバットでカッキ〜ンしちゃうぞー!! それでは本題に入ります(笑)
先日のポップンミュージックアーティスト大集合2にお越し下さった全国のポップンファンの皆様、当日は大変遅くまで、そして最後の最後までたくさんの温かい湯たんぽの様な大声援本当に有難うございました!! 前回よりもさらにパワーアップした大会場でのライブは、僕にとっても皆様にとっても本当に心に残るものでしたね!! 僕なんか興奮しすぎて出た鼻血飲み込みました(笑)おかげ様で貧血も起こしませんでした(笑)ん〜健康第一!!
この日のすわおは、用意されたサバ弁当をモリモリ食べ残し、じゃなかった食べ尽くし、リハーサルではゲップをしながら、はりきって本番に臨みました!! 今回僕が用意したオープニングアクションは、水中メガネ(海用)をつけ、平泳ぎで歩行!! そして、水中メガネを取ってビックリ!! メガネの下にまたメガネという物でした。皆様お気づきになりましたか?僕の中では、そりゃ〜もう大爆笑でした!!
そしてお約束のズッコケも披露!! このズッコケ、そんじゃそこらのズッコケとは、わけが違います。これからライブ中に大きな失敗がありませんように、メンバー全員、怪我なく楽しめますようにと、願いのこもったズッコケなのです!! そうです、初めにズッコケておけばその先ズッコケないだろうと言う、僕なりの僕だけのマイセレモニーなのです!!
そして会場はノリノリ、モリモリ(略してノリモリ)ザ・ノリモリってました!! 僕のライブの感想は、このザ・ノリモリです!! これ以上の言葉はありません。これ以下の言葉はいりません!! なぜならば、そこに2000人の恋のキャッチボールが存在したからです!!
だから、ネタも仕込みました。昆虫採集もやりました。ムシはいなかったけど、ドラマーをムシできませんでした!!
何だか良く分からない文章になってまいりました!! とにかく、最後の最後まで会場中に響きわたったアンコールは忘れられません。そして、僕の考えた「NEWレインボービームキラキラ」の決して格好いいとは言えない振り付けをちょっと恥ずかしそうに隣の人の顔を伺いながら一緒にやってくれたお客さんの顔、いつまでも忘れられません!!
文章になっていないような文章を書いてしまった事、今日から忘れられません!! でも今さらやめられません!! 決して諦めません!!

敬具 2002、9月吉日、すわひでお!!


ヤケクソのように暑すぎた夏も暦の上ではすっかり秋になりそろそろ美味しい食べ物とともに味覚も満たされ勉強にスポーツにそしてレジャーに最適な爽やか陽気の訪れを間近に感じながら最近自宅に購入した家庭用ポップンにハマリつつもまだまだ残暑が厳しい今日この頃ですが皆さん如何お過ごしでしょうか〜〜〜!?
先般開催されたポップンミュージックアーティスト大集合2では、前回にもましてたくさんのご声援をいただき、本当にありがとうございました!! 当日会場に集まって下さった全国のポップンファンの皆さんの熱いパワーを全身に浴びて、この世のものとは思えないクラクラするような全面カガミ張りの幸福感を味わうことができました。
いや〜、やはりライブはイイもんですよね〜。何しろ普段はゲームの筐体を通してしか接することができない皆さんと、直にお会いできるのですから!! あ〜、なんてスバラシイんでしょう!! 皆さんの顔はステージの上からでもハッキリと見えてますよ〜
そして知らず知らずのうちにボールを投げる手にも気合いが入り、防御率0.00で盗塁阻止率100%、ジョン・A・チョッパーのリリーフカーを奪い取って首都高を爆走する、ある意味オトコマンにも似た脳内完全ますらお状態で僕はまた空き地にテントを張りながらすわひでおTシャツの「おはこんばんにちわ」の文字を指差し確認してしまうのでした。
ところで、当日あいにくの大雨でしたが、観に来て下さった皆さんは大丈夫だったでしょうか??? 会場前や閉演後に雨に濡れて風邪をひいた方などいないかと心配です。実際、公演終了直後にすわおと厚生年金の近辺をアイアイ傘でウロついてみましたが(い、いや・・・別にそういう関係では・・・)あっという間にズブ濡れに!! たまらずもう一本傘を買うためにステージ用ヘアメイクのままコンビニに入ってしまいました(笑)
こんなヘヴィーなコンディションの中、時計が10時をまわっているにもかかわらず、最後まで会場にいて応援してくれた一人ひとりのファンの皆さんに「お疲れ様でした!! ありがとう!!」と心から伝えたい気持ちでいっぱいになると同時に「気持ちを新たに頑張ろう!!」とすわおとまたひとつ決意を固めたのでした。
最後になりましたが、そこにポップンがある限り僕たちは持てる力を全て出しつくして作品を送り続けます。だから皆さんも是非!! 是非!! 末永くポップンを愛し続けて下さいね〜〜〜♪ パパパヤ〜〜〜♪ P-E-A-C-E!!!!!!

追伸 ライブ当日誕生日だったwac!! おめでとう♪

炎のギタリスト 古川"good-cool"竜也



バンドで音を出すのはかなり久しぶりだったので、けっこう楽しかったうへ。
会場の熱気もものすごく、やってて気持ちよかったうへうへよ。
でも、動き回り過ぎていつもと違う筋肉を使ったので、次の日は首の後ろの辺りとか、足のももの裏辺りがかなりパンパンに張ってたうへへ。
打ち上げも、おれさまのDes-ROW・組全員とpopnチームの連中と朝の5時まで酒を飲んで楽しかったうへへ、wacの激酔っぱらいあんど暴走ぶりには手を焼いたがな〜。

あと、面白い事を教えてやるうへ、
ライブの時に組が投げた、2つのビニールせいのフリスビーだが、
一つは、ちゃんとDes-ROW・組のメンバー全員のサインが書いてあるが、
もう一つは、サインどころかめちゃくちゃなことが沢山書いてあったんだうへよ。
ちょくだなことがイッパイ書いてあるはずだ、全然知らないその辺に歩いていたやつに名前を書いてくれとか頼んだりして、そんな感じでメジャグジャだうへうへ。
おれさまは思うに、Des-ROW・組のサインよりも、そっちの方を拾えたやつの方がラッキーに違いないだば〜

組も、いつもと違ってバンドでやるのはかなり楽しい風な事を連発していたので、
次のpopnの新曲はバンドで作ってみようかななんて考えてみてるうへよ。
さあ、ジムにでも行ってきたえてくるかうへうへうぇへ〜ん。

 Des-ROW


今回のpopnのイベントに参加することによって、沢山の出会いがあり、
また、バンドで音楽をすると言う新鮮な出来事でもあり、関わったみなさま、そして見に来て下さった方々に感謝を感じている。

 組


今回、初めてコナミのイベントに参加させて戴いて、新鮮で貴重な体験を沢山させて戴きました。
何よりも、ヒールな自分がベビーフェイスとして受け入れて貰えたことは、現実感の無い、夢のような体験でした。
いつの日か、サポートメンバーの一人としてではなく、ムルムルとして、この世界を皆さんにお見せできる事を夢見ております。
ほんじゃ、チャオ!

 日高


そういえばステージ上にいました。いたんです。
「ゲロっちゃえよ。ほんとは出たいんだろ?な?!出たいよな?!つーかキーボードがいねえんだけどうへへ」というDes-ROW先生の粋な計らいで強制的に出演することができましたわーいありがとうございましたわーい。
「ステージ上でカツアゲされないように気をつけろ」と送り出してくれたみんな。Des-ROW・組のみなさんは気さくで優しい人達でしたよ。先生はともかく。
私事で恐縮ですがわっくはね八月がということでライブの日に誕生日を迎えました。うっかり誰かライブ中に触れてくれたりしないだろうかドキドキという淡い期待とかは別に無かったんですけどね。ええ全っ然無かったんですけどね。
その分打ち上げで豪華メンバーな皆さんからお祝いして頂けてというか何だかやたら飲まされる羽目になってつまりよく覚えてませーん。三十路カモンとか叫んでいたような気もします。ライブが初対面だった組さんはじめご迷惑をおかけした皆様にはこの場を借りてゴメンナサイ。先生はともかく。
ともかく普段別々にポップンに携わってるアーティストさん達が実際にお会いするのを横から眺めるだけでも結構おもしろく、ライブをきっかけに新しい化学反応とか生まれないかなあ、などと期待してみます。ポップンに限らずね。

追伸 ライブの進行が遅れて帰れなくなっちゃった皆さん、雨の東京に取り残されてしまった皆さん本当にごめんなさい。楽屋でも終盤は何が出来るわけでもないのにヤバイバリヤバイと大慌てでした。運営の方々もゼッタイに次回は反省点を生かしてくれると思うのでまた来ていただけると嬉しいです。

  wac



楽しかったです。
気持ちよく歌えました。
今回ライブで初のお披露目となった「林檎と蜂蜜」「HONEY-BEE」のロングバージョン、歌詞が増えたけどどうだったかなぁ?
これからも応援ヨロシクネ!!

 MAKI



マジスカどうでした?楽しんでいただけたでしょうか?
僕らは相当楽しかったですよ!
練習で何回かスタジオに入ったんだけど、僕を含めメンバー全員、その時からかなり盛り上がってました(笑)。
そして本番はメンバー自身、もっともっと盛り上がりました。
さっきも言ったけど相当楽しかった。
このライブのために描いた3曲のロングバージョン、どうでした?
SKA SKA No.3なんか10分近くあったもんねー。長いよね(笑)!
でもやりたいことが出来たような気がしています。

 小野秀幸


ライブでお会い出来なかった方、残念ながらお会い出来た方、、、?こんにちはJimmy Wecklです。
今回、マジSKA隊長の小野秀幸氏から「女性の観客が多いライブがあるんだけど、、、、」という言葉に、「出る!出る!出させて下さい。」といった訳でお邪魔しました。出演告知されてなかったのでマジSKA目当ての人はいなかったと思いますが、暖かい声援ありがとうございました。

  Jimmy Weckl


いや〜ほんとうに楽しかった!お客さんからパワーを貰いました!
今回聴けなかった人も次回は是非きてくださいネ。
また、見に来てくれたミンナ、雨の中長時間ありがとう!
終わるの遅くなったけどちゃんと家帰れたかな?
ライブのあくる日、インターネット見てたらライブレポートが早くも載ってたのには驚いたね!
しかもすごい詳細なレポートだったんで、逆に色んなことを教えられたね(レポート書いた人ご苦労様!)。
某有名掲示板も全部目を通したけど面白かった!
特にオレの名前が「TIC TAC TOC」になってたのは大笑いさせてもらいまいした!
せめて名前くらい覚えてもらうよう頑張るっス!

  Doki Doki DOKKY


どもっ、こんばんは! はやPです。
ライブご来場の皆様、ありがとうございました!
マジSKA楽しかったね〜。やっぱり音楽は「生」が一番!って再認識したよ。
最初、小野隊長から誘われた時、時期的にちょうど忙しい時期と重なっていて、しかも準備期間が短かかったから正直どうなるか心配だったけど、そんな不安はリハスタで音を出した瞬間に一気に吹き飛びました(笑)。
いやぁ…ホント楽しかった。
ライブの最後、「林檎と蜂蜜」のイントロが始まった途端に起こった割れんばかりの拍手と歓声が今も忘れられません。マジでトリハダたったよ(笑)
これからも宜しくね〜!

  はやP



こんにちは!パーキッツの歌担当、ふじのマナミです。
今回のライブも お客さんのパワーが終始全開で熱気むんむん!
私たちも、みなさんとまた一緒に歌うことができて感謝感激!
2000人のみなさん+パーキッツ(2名)でのラスト曲は
さしずめ『Over the Rainbow 2002人 Ver.』と言ったところでしょうか…(笑)

さて、帰りがけ 強くなる雨の中、「おつかれさま!」って
わざわざ声をかけてくださる方もいらっしゃいました。
でもね 会場のみなさんこそ 本当に、本当に、おつかれさまでした!!
そして あたたかい声援を ありがとうございました!!!

あ。そういえば ブタパンチさんは あれ以来、行方知れず…。
どうしたら彼にまた会えるんでしょうねぇ、片岡さんっ。

 ふじのマナミ(パーキッツ)


恐山のイタコでも呼ばんことには…。あ、キーボードの片岡です。片岡ですってば。みなさま長い時間お疲れさまでした。それでも衰える気配のない客席のエネルギーに圧倒!!…されないようにステージ上もテンション上げて臨みましたデスよ!コール&レスポンス、楽しかったね!鵜ー家ー。これがライブだっ!!((c)すわ)みなさまの大声援のおかげでステージ上も客席以上に楽しませてもらっちゃったりして。鵜ー家ー。シャウトに手拍子にいっしょに歌いーのありがとう。スタッフのみなさまにもありがとう。みんなみんなありがとう。次は2006年ドイツ!<oi

そういえば本番中に鍵盤が折れました…。まんなかのド。ドーしよう。ドーしようもない。どのあたりで折れたのかよく覚えてませんが。もしライブビデオを見ることができれば折れた瞬間にどひーと顔にタテ線が入るのが見られるかもしれません。 映ってない?そうかも。

 片岡嗣実(パーキッツ)



2002年の夏はpop'nライブで終わりました。
もっともっと燃え尽きたかったです。

 Sana


今回のライブはギリギリまで出る予定なくて、出演スタッフのサポートに徹するつもりだったのですが、内心「いいなあ、出たいなあ」と密かに思ってたところにNAZO2さんが「出なよ〜」と言ってくれたので、自分の曲が演奏されることもあって、Sanaバンドの一員として地味〜に出させていただきました。
紹介してもらった時、他のアーティストさんのような黄色い声援じゃなくて、「おお」というツウが唸っているような低いどよめきをいただき、ありがとうございました。
すごくいいライブだったけど、終演時間が遅くなって、遠くから来てくれたみなさんは本当にごめんなさい。
回を重ねることで出演者もスタッフも成長していきますので、次は(あるのか知らないけど)、みなさんと共にもっといいライブにしたいと思います。


 HIRO



ふあぁ〜!めちゃくちゃ楽しかったよ、ポップンライブ2!!
ライブハウス規模ですら、めったにやるかどうかという程、内向的音楽活動しかしてこなかったこの私が、いきなり2000人相手ですかぃ?最初に話を聞いた時は慌てました。
当日も、始まる前までは胃が痛くなるわ変な汗出るわで、楽屋で必死に鏡に向かって自己催眠かけたりして、ココロを落ち着けるのに必死でしたよ。
でも不思議なもんで…ステージに上がるとスカ〜ン!と音がするようにその重たい何かが床に散らばり落ちるんですね。
最初のほうは様子見で大人しく演奏してたけど、2曲目あたりからはちょっとずつハシャいでみました(^^;。
う〜ん、暖かい歓声に包まれるのは、なんてキモチいいんだろう♪
客席からも、いろいろなかけ声をかけていただいたみたいなんですが、実はステージ上だとすべてが混ざり合ってゴ〜ッ!という音にしか聞こえないんです(笑)。前回のライブで、客席の後ろで観ていた時は、歓声のひとつひとつがよくわかったのになぁ?でもたくさんのご声援、とてもありがたかったです。
演奏も特に大きな失敗をする事もなく、15分チョイのステージは無事やりとげられました。もっと時間の余裕があればもう一曲くらいやりたかったけどね(笑)。
演奏後のインタビューも楽器が片づいたら出ようかと思ったけど、時間の事もあったし、なんとなく出るタイミングを失ったまま話が終わってしまい、舞台袖でズッコケてたことは内緒(笑)。
この欲求を解消するためにも、是非次回も呼んでくださいませ♪

 natural bear・村井聖夜


みなさまコンニチワ、Kiyommyことくまのきよみです
ポプライブ・・・
まさか、出られちゃうなんて・・・
まさか、歌えちゃうなんて・・・
まさか、あんなにご声援をいただけるなんて・・・
まさしくステキな時間でした(*^_^*)

  Kiyommy



おもろかったなぁ〜ッ!こけときました。あるあるッ!
また、やりたいね。

  新堂敦士



>> LIVE top


当ホームページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべて当社が管理、所有しており、 著作権その他の権利として保護されております。無断で複写、複製、翻案、翻訳 、改変、展示、転載等の利用、使用はお断りいたします。 また、画像等著作物の使用許可をお求めになるのもご容赦ください。

 

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.