☆☆★★★
メディアテクノロジーによる新たなる幻覚体験に包まれて贈るラストメッセージ。

やっと過去の呪縛から解放されたよ。。。
みんなのおかげなんだ。ありがとう。
今度は未来で待ってるね。

kiddy

TVやラジオから聞こえてくる音よりも、
ゲームセンターから聞こえてくる音楽の方が
とてもリアルだった。
一体?なぜそう感じたのだろう?

若き頃、そう今から15年も昔、
KIDDYと呼ばれライブハウスで
歌っていた頃。
サイケデリック、そしてビートニクと
呼ばれた人々の音楽や思想にとても
影響を受けました。

サリンジャー、そしてジャックケルアック、、、
彼らの書いた小説の主人公達は、
混沌としてまやかしだらけの時代の中でも、
固定観念を捨てさり、心を解放し、
自分の心の中に真実を見つけ、
究極の本音を貫き通す事の重要さ、
物事の本質をみつめる事の素晴らしさを
教えてくれました。

そうした時代、彼らの心の解放という運動
から生まれたサイバー、そしてコンピューター。
一体?どこに進んでいくのでしょう?

ゲームも彼らの思想の産物なのは言うまでもありません。

この曲は、インターネットを眺めて、ただひたすら、
浮かんだ言葉とメロディーを書きなぞりました。
心を解放して、自分の内面と時代の象徴と立ち向かいました。
曲を作っていて、こんなに苦しんだのは始めてでした。
未来への扉を開けるのは簡単なことではありません。

時は、
さらに複雑に進んでいきます。

でも、俺は負けない。努力を続けます。
固定観念を持たず、そして心を解放し続けます。
いつの日か、また皆に会える自分でいたいから。。。

Shunsuke Kida





 リアリィ

電子と粒子の狭間にふわふわ漂うヴァーチャル・チャイルド。
その存在は現か虚ろか…?幻影の世界にようこそ。

いつもkiddyさん曲のキャラには悩まされるのですが、今回もやっぱり大変でした。毎回デモと一緒にいただく長い企画書を読むと曲に秘められた思いの深さに圧倒されてしまいます。
というわけで負けずに、現実と幻想の間をふらふらと乙女エンジンのギアもトップにしてトリップしてきました。リアリィという名前はサイケ研究の御大とダブルミーニングになっていて密かにお気に入りです。だって仮想世界でも現実世界でも、存在なんてものは錯覚でいつだってあやふやなんですもの。

フラワーにラブアンドピース。歴代kiddyキャラの私的共通項です。
みんなでさよならは、私からも皆さんへ小さなお礼のつもりでしたが…ちょっと濃かったかなぁ。

shio



*** staff comments ***

ありがとうございました!saito
グーッバイTAMA
「この曲が面白いんだよー」と最初に「ネオGS」をサイモンマンに聴かせてもらってからもうすぐ2年経ちますが。
イロモノなんだ、と思ってました。回を重ねるごとに気合が壮大な方向に行って却ってどうなることかとヒヤヒヤしたり。
けして器用でなく、でもとびきり魂がこもってて、そんな愛すべき彼等がポップンとともにあったことは大切な思い出です。
上の話とあまり関係無いけど稼動前「サイケ」というジャンル名から「サイケデリックトランス」を連想する方々が多かったのに時の流れを感じました。
wac
大人っぽい…。tera
途中曲調が変わるところと、ギターの音が大好きです。なんだかシリーズを重ねるごとに神々しくなっていく気が…とうとうkiddyさんはそんな遠いところに行ってしまったのですね。今までありがとうございました。(涙を隠しつつ。)shio
可愛いとおもいます。 ミコシバ
不思議さいっぱいですねー。ワープしてしまいそうな勢いですねー。 ちょび。
最後のGOODBYがキュートです。。シマQ


music toppop'n8 top


★WARNING★
当ホームページ内掲載のキャラクター、イラスト、写真、図形、映像、文字情報及びその他の情報は、すべて当社が管理、所有しており、著作権その他の権利として保護されております。無断で複写、複製、翻案、翻訳、改変、展示、転載等の利用、使用はお断りいたしております。


(C) 2002 KONAMI