「永遠の命」となら、君は何と引き替えることができるだろうか?

なんとこの曲は、前作「電気人形」を作った時に、平行して作曲していたものなのでした。
ある程度までできあがっている時に、同時に「CHICKEN CHASER」も作っていたら、なんだか二つの曲が同じようなノリになってしまった…。
それで、一旦この曲を地下深く幽閉(お蔵入り)して、その後あの「電気人形」が生まれ、一年の眠りを経て復活したのが、この「禁じられた契約」というわけです。
そして今回は、この一年寝かしている間に、詞のイメージがほとんど固まっていたので、自分で作詞してしまいました。 前作とは全く違う方向性のダークだけど、こっちのほうが「どうにも手のつけられない狂気」って感じがしませんか?(笑)

* 村井聖夜 *

今回のエレハモニカの楽曲は、ゲーム性高くテンポ良くという感じでしょうか。
いつものような妖艶な感じをちょっと変えて、歌詞も合わせてメカっぽく仕上がっています。
機械の体には限界はないが、痛みを伴うというなんだか意味深げな歌詞ですね。
今回はなんと、コーラスも自前で録音しました。
いつもなんですが、歌の録音には時間かけてますよ。
今までのダークネス同様に楽しんでください。

* フレディ波多江 *




ポップンパーティはヴェネチアの仮面舞踏会以上に
おもしろいと2度目の招待にご満悦みたい。

予想外なダークネス続編のオファーに、驚きつつのデザイン案出しでした。またまたなかなかに大変でした。今回は曲調がよりゴージャスで華やかになったので、ちょっとその辺が反映されているかなと思います。
ダンスお邪魔のミニジズズがお気に入りなのですが、最初はあのトランプマンみたいなかっこを本人もしてました。今となっては止めといて正解だったかも。
そして最近はめばえよりも自分がお気に入りのモチーフなんですかね?それって一番身近で一番理解できない、究極のテーマな気がします。

* shio *



 
最初説明の文章は、
「何かを強く欲する時、大事な何かを失わなければならないとしたら、
「永遠の命」となら、君は何と引き替えることができるだろうか?」
短くしてもらったので、もったいないのここで紹介させていただきました。
ちなみに私は、永遠の命はいりません。 *TAMA
曲が出来あがるにつれて、フレディさんの叫び声が聞こえてきて・・・ *masaru
とある休日、会社に来たら大音量でこの曲が流れていました。
「ハ〜ハッハッハッ!」って。 *小林
ひとつ豆知識。おすすめモードってあるじゃないですか。
あれの回答によって変化するパラメーターのひとつには「明るさ」というのがあるのです。
この曲は明るいやら暗いやらどっちなのやら迷ったのですが前作と同じ数値になってます、確か。*wac
すごいっすね。なんか、うん。 *ミコシバ
フレディさんかっこいい!暴走する狂気…。いいですねー。曲も譜面もくせになるおもしろさです。あれ?ダークネスだけど楽しくていいんだよね。ポップンだし!*shio
パワーアップで帰ってきましたねー!!!!*ちょび。
 


>> music top

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.