圧倒的におして、押して、圧して、捺して、そして男で攻めまくる
Des-ROW・組 男パワー全開・全快・男奉

挺して獲得うへ
もしも将来、万が一おれさまに子供ができたとして、
まあおとこでもおんなでも、この曲の歌詞のよに育って欲しいころ、、、!!!
そんな願いを込めてYUと夜中2時からがんばった曲だころ。

YUは、夜中ラジオの番組を一本終えて来たにもかかわらず、
テンション高くて、めちゃめちゃスムーズにレコーディングが進んだうへ。
いつもYUとの収録は、お互い特に激マジ(本気と読む)の気合いはいりまくりだうへ、
まさに『緊張感とガチンコ』のパワー全快だ〜ころ!!
今回は曲が曲だけに、和んだ空気など一刹も入る余地なしで、
マジ(本気と読むね)で『殺るか殺られるか』のぶつかりあいだったうへ〜ん。
でもその分、終わってからのギャグ合戦も半端じゃなかったけどころね。
結局、1時間足らずでYUの収録は終了うへ。
夜中の3時に、なぜかいや必然的にwakkとかが、shioもいたかな、
『仕事ですか〜?、仕事ですから。』みたいなこと言いながら現われてころころ、
そんで、YUも一緒にいろいろちょくだな話しとかして、疲れてたけどこれも楽しかったころ。

一つ秘密をばらしてやるうへ、
おれさまの声が聞こえるか〜、曲の中にうへ、
分かったやつがどれだけいるかは知らないが、
『プライドも〜・・・』のくだり四つはおれさまだうっへ。
これは、2山海入れ直したうへへ〜、最初応援団ぽっく声を出してみたが、
イマイチしっくりこなかったうへ、だからふだんの声で入れてみてみたら、
意外にキマッテきたのでそれで入れたんころころ。

実はな〜ころ、この曲オケをYUに渡すまで実に6日もかかったんころころ。
おれさまは。大体において一日でだいたいの1曲を作るうへだが、
と言うことはだな、この曲ができるまで5曲を没にしたということだうへ。
大見解の後を踏む曲は、なかなかむずかしいもんだな〜ころころ
うみの苦しみは確かな手ごたえがあったうへ、そして気合いの入れ様も半端なしんころ〜、
この曲も大見解のように一部に支持される曲になってくれることを願ううへ。
男子校の応援歌とかになってくれればたのしいかもな〜ころ。

それから例によってYUのコメントは遅れてるからwakkよろしくたのむな〜、
なんか面白くて気の利いたことでも言ってやってうへ。

* Des-ROW *

もうwakkでいいや。深夜の新宿をYUさんと先生と闊歩しているとなんか路地裏に連れ込まれてジャンプさせられそうな絵だと思いました。そんな俺にも男々道。

* wakk *




日本中をぶらぶら旅していつの間にか寒い国に来たみたい。
道中拾った傘をさしつつ雪見で一杯。粋だね!

担当曲のおかげで六もみなさんにご愛顧いただいているとのこと。ありがとうございます。アニメはいつもこれで最後だ!と思いつくアイデアの一番いいものを凝縮して使ってしまうので、再登場キャラって1回目より印象が薄くなりそうでいつも不安です。

うへ先生に「次はどんな曲がいいかな〜?」と聞かれて「男気あふれるのを、がつんと!」と答えた記憶が。きっと忘れているのでしょうけど。私なんかに意見を求めてきた辺り、先生も続編のプレッシャーを感じてたのかなとか思ったり。
そして出来上がった曲の二代目襲名もかくやの気迫に、アニメの方も生半可じゃいけない…と緊張しました。ちょっとかっこよくなりすぎてしまって後悔しましたが。男々道、示せてますでしょうか?

* shio *



 
最後の決めに失敗すると、ダン!ダン!ダン!になってカッコワルイですよ。
・・・・ある意味男らしいけど。*TAMA
テンポチェンジに泣かされまくりでした。 *masaru
ありがたきお言葉の数々です。まぁ私には半分以上解読できないわけですけど。 *小林
ポップン6を、しにそーな勢いで制作していた頃が頭をよぎっちゃって感慨深くも。 あいかわらずノーマルモードをクリアできません。*tera
ダン!ダン!ドウ!!
男らしさとはなんだろうか。 *ミコシバ
天然の魂が二桁は入ってるかも。みんなも心がささくれたときは大音量で聞いてみよう!なんとなくがんばれるかもかも。開発中は私もこれで救われたりしました。
あと六の名前をひっくり返した九にしようという案は速攻却下されました。ちぇ。 *shio
男々道と書いてダンダンドウと読む....。うー。深い....。*ちょび。
 


>> music top

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.