TЁЯRΑ第二弾!『STARS☆☆☆』から一転、ドラマティックなラヴ・ソング

僕とjunで結成したユニット、TЁЯRΑが放つ
HYPER J-POP 第2弾が『North Wind 』。
今回はjun が作曲作詞を担当し、僕はアレンジを手掛けました。

TЁЯRΑはHYPER J-POPと名乗っているサウンド
の個性に留まらず、jun が書く歌詞を大切にしています。
STARS ☆☆☆、そしてNorth Wind 共々、歌詞が
はじめにありきで、その歌詞の世界観を映し出す
音創りを心掛けてるんです。
人の心に何らか響き渡る音楽を....1つのコトバが
印象に残る、そのメロディーがリフレインする...
そんな音楽をTЁЯRΑでは出来たら良いと思ってます。

そんな想いを抱き完成した曲が『North Wind 』です。

Pop'n music の世界の中でも、TЁЯRΑらしい
ポップさを今後も提供して行ければ、と思ってます。

* NAOKI *

 傍に居るから見える君と
 傍に居るから見えない君がいた
 君が隣にいたぬくもりを
 「北風」が教えてくれた ―――


TЁЯRΑ第二弾として、今回は私が曲を担当しました。
DDRMAX2に収録された「ever snow」に引き続く世界観となりましたが、
果たしてpop'n music の世界観に合うのだろうか??
と随分悩みました(笑)。
曲にも、詞にも、そして歌にも、詰め込んだ私の想いが
もしあなたの心に響くのなら ‥‥。

後悔を一つ乗り越えたその先に
少し強くなった自分が居ませんか?

*jun *




西海岸生まれのジュディには日本の冬はちょっと辛いみたい?
それでも負けずに今日も元気いっぱいにみんなに笑顔をお届け!

正統派?ジュディアニメを描くことになりかなり緊張しました。毎回レギュラーキャラの絵を描くときはいつもの倍視線を感じる気がしてどきどきです。
ポップン1のデータを眺めつつ描きましたがいかがでしょうか?
曲のイメージに合わせて、全体的にシンプルなんだけどアクションで華やかさが一瞬ぱちっとはじける感じ…が出せてたらいいなぁと思ってます。

* shio *



 
クリアーできたりできなかったり、大変でした。*TAMA
開発中、一番聴いていた曲ですよ。 *masaru
もはやポップンの定番サウンド。 目指せハイパーJポップ20! *tera
ポップンにおいて「ハイパー」とはNAOKIサウンドにのみ
名乗ることが許される特別なジャンル名であると僕は思っている。
(「ハイパンク」は違うから。微妙に)
ここで英和辞書をひもといてみたところ
hyper-
 pref. 「過度」「超....」の意.
つまりは「やりすぎなくらいJPOP」であり敢えて死語風に言えば「チョジェポプ」である。つまりこの曲にもそのくらいのエネルギーと思いが込められている。
なにかと話題騒然な超曰く付きの曲になってしまったが、それも元をたどればこの楽曲のもつ「ハイパー」な力なのではないだろうか....?
そして作曲者がNAOKIさんでなくjunさんであることに気づかれた方は果たしていただろうか。
楽曲ごとにスタイルを変えながら更なる融合・進化を続けていくTЁЯRΑの今後に君も期待して欲しい!! *wac
歌詞が熱病的な熱さです。なぁいよーのところがグッときます。*ミコシバ
ポップン筐体を前にして二人が試作の曲を聞きながら熱く話し合っていたのをかいま見て、NAOKIさんの師匠ぶりにプチ感動いたしました。*shio
いやー、ハイパーですねー。*ちょび。
 


>> music top

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.