オレは男としてどこまでも垂直。本気のアダルトポップを聴いてくれ。

6thのエヴァーポップからおひさしぶりの参加のJimmy Wecklです。
ボク、ワタシ、ワタクシ、オイラ、ワシ、アタシ、マロ、ボクチン、オイドン、、、
そして『俺』。。。。自分を指す言葉(難しい言葉で一人称というらしい)
は色々ありますね。でも、この『俺』という言葉、、、ぴったりとカッコよく使いこなすには、それなりに色々な要素を持ったお方でないと、ハまらないと思うのです。
海外映画の吹き替え版などを見る時に、ハまってるなぁと思うキャラクターは、どこか曲者で、不器用、寡黙で、いざとなると強そうで、、、何となく、曲、アレンジもそのあたりを意識したつもりです。
パッと飛びつくような魅力ではなく、じっくりつきあうと、『結構イイかも』と思ってもらえるような曲にしたいと思ったので、歌詞もわざと、『男臭く不器用で、でもまっすぐな感じを前面に出そう。』とお願いしました。
(要望をそのままとらえすぎた歌詞のようにも感じられますが、隠れたところに歌詞の深さがあるそうです)
そんな、『不器用でぱっとしない奥の深い魅力』に気付けるあなたなら
それはきっと素晴らしい人に違いないと思うのであります。

* Jimmy Weckl *

はじめまして。岩志 太郎です。
音楽ゲームではこのポップン9がデビューとなります。
『ぶっきらぼうに歌え』という事でしたが、
普段歌っているクラシック曲と違い、結構いつもと違う自分が出せたような
気がします。普段あまり『俺』なんて使わない『私』ですが、
『私』の歌に『俺』を感じてもらえるかな。(笑)

* 岩志 太郎 *




俺は漢としてどこまでも垂直に行きたいんだ。どこまでもさ。ヨロシク!

wacさんにふんどし締めて神輿をかついでいるキャラにしてくれといわれました。
面白そうだったけど、ライブの時、拝見したイメージでツッパリクマになりました。
せめてバイクをかついで投げちゃうような乱暴なこともさせたかったけど、結構穏やかでやさしそうだよね。
ちなみに、うしろのヤツは彼女じゃないぜ。

* ミコシバ *



 
自分のことを差す一人称って難しいですよね。
友達の前では、俺なのに家に帰ると僕になって猫かぶりしている人もいたっけ。
私はどちらかといえば、先生にお母さんと叫んでしまう人でした。*TAMA
男なら垂直にあこがれる訳で、どーしてよとか野暮な事を効かれても自分困る訳で、
ちなみにブロンソンの後ろのヤンキーっぽいのが気になる訳で。 *tera
畏れ多くも Jimmy 親分にどのようなディレクションをしたっけな、と当時のメールを読み返してみると『某編曲リレーでされていた「よいしょよいしょ」を「本気」で』なんて書いてありました。なので全編男汁溢れる「よいしょ」な感じに。キャラ名もオトコの中のオトコといえば、でブロンソン命名。みんな見習ってるかブロンソン。*wac
これも締め切り直前恒例のジャンル命名大会が開催された思い出深い曲。Manlyとかいろいろあったのですが、漢字の持つ硬派なイメージが英語だとどうしても出せなくてこんなことに。私もそろそろブロンソン大陸に行きたいなぁ…。*shio
わっしょい!わっしょい!わっしょい!男全開ですねっ!*ちょび。
 

>> music top

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.