冬の街に流れるヒット曲。一緒に歌えば誰もがみんなドラマのヒロイン気分。

一年間のご無沙汰でございます、作曲家、音楽評論の男沢仁でございます。
以前編曲をさせていただいた「White Lovers」が上々に好評とのことで、皆様のお陰を持ちまして、今回は念願の作曲/プロデュースとして参加させていただくことができました。

そもそも私とポップンミュージックとの出会いは、私の音楽教室の教え子の女の子が実は大のポップンミュージックファンで、「先生もポップンに参加してよ!」なんていう無理難題を押しつけられたことがきっかけです。
音楽の世界は人と人との結びつきでできていて、知り合いづてに辿っていくと必ずお目当ての人に辿り着けるという、 大きな蜘蛛の巣のようにできているんですが、必死で知り合いを当たったところ、何と私の親友の同窓生が、ポップンミュージックの仕事をしたことがあると聞きつけ、無理矢理ディレクターのwacさんを紹介して頂いたのです。その後「White Lovers」をやらせて頂いた時にはお陰様で師匠としての面目も保て、その後の生徒達の目が変わったのも言うまでもありません。

そして今回ですが、wacさんになんと「男沢先生の得意技でSanaさんのプロデュースを」とおっしゃって頂けましたので、12月発売ということでまた「冬」をテーマに作りました。
音楽の世界では、だいたい3カ月くらい先のシーズンに合わせての仕事をすることが多く、作り始めた頃はまだ半袖を着ながら雪景色を思い浮かべて作っていました。

* 男沢仁 *

 White EveってWhite Loversに似てる!?
でしょ〜?正解です。だって続編なんだもん。
White Loversの『いきなりサビ始まり』が好きだという声がたくさんあったのですが、それに見事に応えて くれた男沢さん、ありがとう!憎いね。
 前作は、降り始めた雪の中で、かつての恋人と再会するシーンがコンセプトでした。今回は2度目の クリスマスを迎えた恋人達の「その後」です。あれから二人がどうなっているか、そこんとこをWhite Eve で確かめてみてね。雪が恋しくなりますぞ。
 ただひとつ残念だったのは、pop'n9の稼動が12/26だったこと。あ〜、クリスマスに乗り遅れた〜。
やっぱり遅刻癖が直らないサナサンタなのでした。

* さな *




ちょっと変わり者なサンタ見習い二年生の女の子。
今年こそ愛するうさお君にクリスマスプレゼントは渡せるのでしょうか?

そんなワケで、初めてポップン用にデザインをさせていただきました。
曲がクリスマスで女の子。しっとりとしたSanaさんの歌声とはうらはらに、元気な女の子を描いてみました。ずっとヘッドホンで聴きながら、ふと目をデスクの端にやると、キーボードマニアのシールが…。う、うさお。
できてみたら背中に…うさお君の顔が生えておりました。だから何だって言われたら困るけれど。サウンドに聞いてみると「ま、いいんじゃな〜い。」じゃあ僕も「あっそ。じゃあコレで。」こんな風にできました(微笑)。
とはいえ僕の描いた最初の絵はひどいモノです。shioさんに手を入れてもらってやっと完成しました。忙しいところ感謝です!

* GOLI *



 
早口っぽい歌が個人的にすごくつぼです。
男沢先生にがんばっていただいてウィンターコースを作っていただきたいです。 *TAMA
クリスマスその1 *masaru
さなさんってやっぱ冬って感じします。 *小林
曲のイメージ以上に、ボタンを叩いて楽しい譜面になっております。*tera
個人的に男沢先生は知る人ぞ知る音楽評論家としての御活躍の方が印象的なのですが、今回は待望のオリジナル新曲を書き下ろして頂き嬉しいです! 今年の冬も宜しくお願いします。 *wac
豪華なコンビでビックリです。
すごいぜ!流石です。 *ミコシバ
歌詞の頭の方に重心が来るのがなんだか新鮮ではまりました。
GOLI君アニメの出来映えはさすがだなー。どのコマも線がすごく美しい。GYOくんともどもヘルプのハズが徹夜までしてもらっちゃってゴメンナサイ。机に向かうふたりの背中に職人魂を感じました。ありがとう!! *shio
いやー、凄いです。曲も素敵でキャラも可愛い女の子が派手なアクション凄いです!*ちょび。
 


>> music top

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.