ハガル・ビャルキ CV:高橋英則 「本当に怪物が現れたら連中と協力せざるを得んだろう。」 テルベの里の頭領。不思議なことに彼が武器を手にしているのを見た者はいない。身のこなしなどから、この人が本気になったら里の誰もかなわないだろうと言われている。里の運営や対外関係の交渉ごとも巧みで、里の皆の信頼も篤い。