ビーアーガ CV:小田柿悠太 「狩人が獲物を狩るのは何のためだと思う?」 一撃必殺の矢を放つ名射手として、一族ばかりか人間の間にも名が知られていた。ただ射撃の腕がいいだけではなく、標的の急所を見抜く観察眼の鋭さによるところも大きい。だがそれは、獲物を苦しませずに仕留めるために身につけた技術だった。100年前の百年目の怪物との戦いでも鮮やかな活躍を見せたが、戦後は過剰な殺生に汚れた己にケジメをつけるため、北のヒオニ山でひとり隠棲している。