Toppage

Topics

Introduction

Story

Character

Dragon

Knight

Limited

Mission

Download

Mail

Link




>> 02/20 | 02/13 | 02/06 | 01/30


1987年7月12日、MSX2版「メタルギア」発売。
1987年12月22日、ファミコン版「メタルギア」発売。

メタルギアシリーズは、その斬新なゲームシステムは勿論のこと、社会、政治、軍事、科学などの世相を切り取り、反映させたストーリーもその魅力の1つである。

それでは「メタルギア」が生まれた1987年とは、どんな時代だったのだろうか?


【メタルギア生誕の年、日本経済とTVゲーム市場】

テレビゲーム市場は、1月26日に発売された「ドラゴンクエストII〜悪霊の神々〜」(エニックス)などの人気タイトルが大量に投入され、3月23日には、ファミコンの国内出荷累計台数が1,000万台を突破。まさに、ファミコンブーム真っ只中であった。
その流れを受ける形で、同10月30日「PCエンジン」(NECホームエレクトロニクス)、翌年には「メガドライブ」(セガ)が発売され、ゲーム業界はその文化を確立したといってもいい。

その頃、経済界は10月19日に突如として世界同時株安の危機に立たされた。いわゆる「ブラックマンデー」である。そのなかで、日本市場だけはその影響からいち早く離脱し、株価高騰による好景気、いわゆるバブル経済へと突入していく。

このことは国内のゲーム市場にとっても追い風になったことは言うまでもない。
しかし、全世界的には厳しい経済状況が続いており、中東諸国では地域紛争が頻発していた。


【戦争の虚無感、冷戦の終焉】

なかでも「イラン・イラク戦争」は、7月20日に国連安全保障理事会が即時停戦を要求したが、戦火は衰えを見せなかった。8年にも及ぶこの戦争は翌年の1988年に停戦となり決着をみせるが、1991年にイラクのクウェート侵攻によって「湾岸戦争」へ移行することになる。
この「湾岸戦争」はメディアによって初めてリアルタイムに伝えらた戦争である。
その映像から「テレビゲームのような戦争」と呼ばれ、妙に現実感の欠いた映像の数々が事実であることに、当時の人々に大きな衝撃を憶えた。
そして「湾岸戦争後」には、油田炎上や防虫剤による大規模環境汚染や、米軍による劣化ウラン兵器などの複合影響より「湾岸戦争症候群」なる人災を生み出し、今なお全世界に大きな波紋を投げ掛ている。
(「湾岸戦争症候群」は「メタルギアソリッド('98)」で取り上げられている)

12月8日にレーガン大統領とゴルバチョフ書記長が、中距離核戦略(INF)全廃条約に調印する。この頃からアメリカと旧ソ連の冷戦構造も終焉を迎えようとしており、核兵器開発による抑止力という名の負の連鎖は、これで断ち切られたかのように思われた。
しかし、冷戦時代の核兵器技術は旧ソ連から各国へと流出。
核兵器はもはや大国だけの特別な兵器では無くなってしまった。
(核兵器のブラックマーケット流出は「メタルギアソリッド('98)」「メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ('01)」で引用されている)


【小島監督が感じてきた世相】

デビュー作を発表した1987年に、小島監督は何を思ったのだろうか?
これから訪れる、未知なる時代の到来を想像し困惑していたのではないか?
続編の「メタルギア2 ソリッド・スネーク('90)」では、軍事的優位を目論んだ小国に、「OILIX」という石油を精製する微生物を開発した博士が拉致されるところからゲームが始まる。
夢のような技術とエネルギー危機の問題…炎上する海上石油基地を見た小島監督が、未来への希望と警告を込めて織り込んだ設定だったのかもしれない。

東西冷戦、民族紛争、核兵器開発、宇宙開発。
そんな時代背景と共に生まれていく「メタルギアシリーズ」。
その誕生は、小島監督の世相を切り取る鋭利な感性なくしては、ありえない。

『現実』を見据える眼と、それを軽々と跳躍する想像力が、
メタルギアをマスターピースとして確立させる為の核である。
その核を育んだのもまた、監督の生きてきた時代…『現実』なのである。


>> 次回予告 <<
メタルギアシリーズ全作品を振り返る。



告知。
この度メタルギアシリーズを、あらゆる角度から検証し考察した書籍が発売される。
全ての謎が暴かれ、丸裸(Naked)にされた、メタルギアフリーク必携の一冊。

「METAL GEAR SOLID naked」 (メタルギアソリッド ネイキッド)
 ■ 定価:2,200円(税別)
 ■ 2004年3月10日発売予定
 ■ 角川書店

メタルギアシリーズの驚くべき企みを、豊富な各種ビジュアル&テキストで明らかにする1冊。

・ カバーアートワークに「カイル・クーパー」を起用
・ METAL GEAR SOLID THE TWIN SNAKES「生頼範義」描き下ろしピンナップ
・ ロングインタビューをもとにした「小島秀夫の肖像」
・ 小島秀夫自身による映画エッセイ「INTERVIEW WITH THE INSPIRED」完全収録
・ 「北村龍平」、「桜井政博」、「布施英利」、「N'Gai Croal」など豪華執筆陣がMGSを解析。

世界の歴史と共に歩んできたメタルギアシリーズ、2004年にその最新作が発売になる。
この「METAL GEAR SOLID Naked」を手に取り、メタルギアと世界の歴史を振り返りながら、目前に仕組まれた小島監督の企みに心躍らせて待っていて欲しい。

これを読めば、メタルギアシリーズがより広く、より深く楽しめる。
究極無二のメタルギア・マニアックス。