ページの先頭です

  1. トップ
  2. >制作者コラム

制作者コラム

「熱闘!パワフル甲子園」の制作スタッフがおくる制作者コラム。制作にまつわるあ~んな話やこ~んな話が盛りだくさん!

第5回試合について 基礎編

■試合 基礎編

どうもごぶさたなり! きっと、ほとんど初めましてだろうけど。
試合担当プログラマーのIなり、よろしくなり。
そろそろ桜も咲きかけて、春の甲子園大会も盛り上がってきたなりね。
ということで、「熱闘!パワフル甲子園」片手に甲子園に観戦に行ってくるなり。
じゃあ、なり!

さて、お約束はこれぐらいにして、このゲームはもうプレイしたなりか?
まだ、やってないキミはとにかく遊んでみるなり!
ということで、そんなキミに今回は簡単に試合の紹介をしてあげるなり。
なんといってもこれは野球ゲームだから「試合が基本」であるなり。
プレイ中のキミも参考になることがあるかも知れないから読んで損はないなりよ、きっと。

◆壱 試合進行
では、まず「試合の進行」について説明するなり。
試合は、ほとんどのモードで、オーダー決定後、中盤までオートで進んで、チャンス、あるいは、ピンチになったら自分で操作ができるようになるなり。
自分は監督だから、当然、選手に指示を出して試合を進めることになるなりよ。
それプラス、「栄冠への道」や「ひと夏の甲子園」モード時では「注目選手」登場時に指示できる機会が増えるなり。
試合中にできる操作は、「戦術指示」「切り札」「走塁」「伝令」「選手交代」でそれらを駆使して采配を振るうなり。
それから、オマケとして、勝敗が決まっちゃって操作したくない場面とかには、その操作をCPUにまかせて、オートスキップすることもできるなりよ。
その上、試合進行中はいつでもゲームの進行スピードを変更できるなり。
それじゃ、順番に個々の操作内容を説明していくなりよ。

◆弐 戦術指示
「戦術指示」は、チャンス、ピンチ等で指示できる条件になったら、以下のピッチャー8枚、バッター11枚の「戦術指示カード」を選んで選手に指示をするなり。
選べるカードは試合の状況で変化するなりよ。
そして、ほとんどのカードには1~5のレベルを示す数字が付いてるなり。
このレベルが大きいほど、指示したときの成功確率が上がったり、効果が大きかったりするから、これは結構重要なポイントなりよ。
レベルは指示する選手の「信頼度」と「野球能力」で決まるなり。
とにかく戦術指示で大事なのは、状況と味方、敵、双方の選手能力をよく考えて指示することなりよ。

【 ピッチャー戦術指示カード 】
 1.コースおまかせ
 2.内角中心
 3.外角中心
 4.クサイところ
 5.ストライクねらえ
 6.敬遠
 7.一球外せ
 8.守備 切り札

【 バッター戦術指示カード 】
 1.おまかせ
 2.ミートバッテイング
 3.長打狙い
 4.打ちにいけ
 5.エンドラン
 6.右打ち
 7.送りバント
 8.セーフティバント
 9.スクイズ
 10.盗塁
 11.1球待て

◆参 切り札
「切り札」カードは、使える枚数が限られてるから、ココ一番という時に使うモノなり。
でも、使い損ねて負けちゃったってこともよくあるから、あまり出し惜しみせずに判断良く使うのがポイントなりよ。
カード内容は、指示を出す選手の性格と学年で決まるからここでもチーム内の選手構成バランスが大事になってくるなり。
性格別の切り札の内容は以下の通りなりよ。

○ごくふつう
 「ファイト」テンションアップ
 「超ファイト」テンション超アップ
○やんちゃ
 「強心臓」能力いろいろアップ
 「威圧」相手を威圧
○熱血漢
 「熱血」基本能力アップ
 「闘魂」能力いろいろアップ
○クール
 「究極の思考」戦術カード数字アップ
 「精密機械」能力いろいろアップ
○内気
 「秘めたる想い」能力アップ
 「魔物」相手チームのエラー率アップ
○お調子者
 「お祭り男」能力いろいろアップ
 「黄色い声援」テンション全員アップ
○したたか
 「くせ者」能力がいろいろアップ
 「ゆさぶる」相手チームのテンションダウン
○ガンコもの
 「急成長」経験値アップ
 「才能開花」基本能力大幅アップ

◆四 走塁
「走塁」は、内野に球が帰ってくるまで「進め」と「戻れ」の指示ができるなり。
なぜ、そういう仕様なのかって? それは聞かない約束なり。

◆五 伝令
「伝令」は、9回終了時まで守備時に最大3回使えるなり。
延長時は毎回1度ずつ指示できるなりよ。
これも伝令に出す選手の性格や学年で効果が変わってくるから状況を考えて伝令選手を選ぶのが大事なり。
オススメは、3年生のキャプテンなりよ。

◆六 選手交代
「選手交代」は、オート試合中でない時にタイム画面から「ピッチャー」「バッター」「野手」「ランナー」の交代ができるなり。
わかっているとは思うけど、ピッチャーのスタミナには常に気を配って交代どころを間違えないようにするのがポイントなりよ。

これで試合の基礎講座は終了なり。
どうなり? 理解できたなりか?
で、結局、試合に勝つために一番大事なのは、個々の選手の能力とチーム全体のバランスということになるなり。
当たり前だけど、それがあって初めて采配が活かせるということになるなり。
だから、よ~く考えて選手育成するなりよ。

それじゃ今回はこれぐらいにしておくなり。
最後まで付き合ってくれて、それなりにうれしいなり。
これでちょっとでもこのゲームに興味を持ってくれたら超それなりにうれしいなり。
もしプレイしたら感想を聴かせて欲しいから、お便りよろしくなり!
じゃあ、また会うなり!

プログラマー I

ページトップへ