ページの先頭です

  1. トップ
  2. >制作者コラム

制作者コラム

「熱闘!パワフル甲子園」の制作スタッフがおくる制作者コラム。制作にまつわるあ~んな話やこ~んな話が盛りだくさん!

第11回モードの楽しみ方 来たマネ・激サバ・通信編

みなさん、こんにちは!
プログラマーのNYです。

第7回では、『ひと夏の甲子園』(以下、ひと夏)モードの楽しみ方をご紹介しましたが、
今回は3つのモードを一気にまとめて紹介しちゃいます。
1つ目は、『来たれ!マネージャー』(以下、来たマネ)。
2つ目は、『激闘サバイバル』(以下、激サバ)。
最後に、『通信』モードです。

●来たマネ
野球ゲーム初!マネージャーが育成できるということで話題の『来たマネ』ですが、
ゲームの流れは、スゴロクマップで中学生のマネージャーが
決められた回数でサイコロを振り、カードもうまく使いながら高校入学であるゴールを目指すゲームになっています。

いいマネージャーをいかにして作るかですが、直線的にマップを進んでいくのではなく、
寄り道感覚で、上に行ったり、下に行ったりして、良いパネルをより多く踏んでいくことです。
急がば回れ!の精神ですかね。

しかし、行く手には、「天使」と「悪魔」がうろついています。
天使はいいんですが、この悪魔が超ワルいこと、ワルイこと!!
カードをだれかにあげたり、宝箱のカギを捨てちゃったり…
出来るだけ悪魔には近づきたくないですね。
その反面、女神はカワイイし(なんと『ひと夏』マネージャーの真夏!)、カギをくれたり、カードをくれたり。
あとは、もし悪魔がとりついても、天使がいれば、悪魔の悪事を防いでくれることもありますよ!

また『来たマネ』は、基本的に後ろに戻ることはできませんが、取りそこねたぁ~という宝箱やパネルがあったら、
「ダッシュカード」で戻るのもありかもしれません。
ただし、ランダムでいろいろなところへ動くので、思いもよらない方向へ向かうことも。
「ダッシュカード」は自己責任で……

サイコロ制限回数以内にクリアすると、パネルアップチャンスというイベントがあります。
パネルを開くと、「セレブ度+1」などが書かれており、最後で能力を大きく上げるチャンスがあります。
パネルを開くことのできる回数は、「クリア時にどれだけサイコロを振れる回数が残っていたか」です。
さっきは急がば回れと言いましたが、パネルアップチャンスで一攫千金を狙うか、道中のパネルを狙うかは自由です!

おまけ情報としては……上方向に移動中、落とし穴に落ちるとスカートの中がチラリと見えるとか見えないとか!?
狙ってみた人は、スケベェですね~。
間違っても眼鏡マネ(男)で試さないように!

●激サバ
『激サバ』はミッション形式の試合で遊ぶモードです。
決められた状況(8回一死満塁など)から試合を開始し、勝利することがクリア条件となります。
自分で作ったチームでも遊べますし、自動生成のチームでも遊べます。

強いチームのほうが勝てるのは当たり前なので、
『栄冠』『ひと夏』で、猛烈に強いチームを作って挑んでみましょう。
さらに、『激サバ』では「巻物」というアイテムを使って「秘術」なるものを使うことが出来ます。

例えば……
 ランナー満塁の巻 → ランナーが満塁になります
 スコア逆転の巻物 → スコアが入れ替わります
 アウトカウント減少の巻物 → アウトカウントが1減ります

このような秘術も使えるので、弱小野球部で全試合勝利を狙ってみても面白いかもしれません。
「強いチームでも勝てんわい!」という人は、もっと強いチームを作りましょう……

『激サバ』では勝利の報酬として、栄冠ポイントやアイテムがもらえます。
勝ち進めば勝ち進むほど、多くの栄冠ポイント、よりよいアイテムになっています。
また難易度設定もあり、ノーマル、ハッスル、さらにはパワフルという難易度も用意されています。
パワフルは隠し難易度ですが、ノーマルとハッスル両方の難度をクリアしたり、一定回数『激サバ』を遊ぶと登場してきます。
また、パワフルで登場してくるマネージャーがスゴい!!
なにがスゴいかって、こんなところでは言えまへ~ん……というぐらいスゴいんです。
お確かめあれ!

ちょっとムズかしそうで近寄りがたいな~と思った人でも、
難易度設定もあり、パワプロでおなじみ高校が出たりと
楽しい要素がてんこ盛りのモードになっていると思いますよ。

●通信
『通信』モードでは、Wi-Fiコネクションにつなげば
『栄冠』『ひと夏』で作ったチームを使って、全国にいる猛者や友達と対戦で遊ぶことができます。
「Wi-Fiで遊べる環境なんて無いよ~」という人には、
『ワイヤレス通信』も用意されているので、お近くの友達と遊んでみてください。

また、自分のチームには称号なるものがつきます!
以下に、ほんの一例をあげておきます。
いちど、『通信』モードで自分のチームがどんな風に評価されるのか
見てみるのも楽しいかもしれません。

 ■称号の一例
 栄冠なる野球部
 完全無欠
 ディフェンス無双
 華麗なる投走劇
 意外なる経験者
 打ちあい上等
 守り勝つ野球
 イダテン軍団

Wi-Fiの対戦には、3つの対戦モードがあります。

 フレンド・ライバル対戦 → 登録したフレンドやライバルと対戦できます
 だれかと対戦 → だれかれ構わず対戦します
 甲子園大会 → 地方大会、甲子園大会と勝ち進んでいきます

甲子園大会では、地方大会7試合、甲子園大会6試合を行い、全国制覇を目指します。
自分の出身県ではじめて、優勝すれば、
ホンモノの甲子園大会に近い快感が味わえること間違いナシです!

また『通信』モードには、個性的なナビゲーターの「麦原 麦」ちゃんがいます。
なかなかキャラの立った彼女です。
彼女の言動を楽しむのも『通信』の楽しみ方の1つですね。

以上で、3つのモードの楽しみ方の紹介は終わりです。
文字が多すぎて読むのが大変だ~!なんて思った人は、ゆっくり1つずつ遊んでみてください。
ゲームを作った本人としては、なが~く遊んでもらいたいものです^^;
ではまた、お会いしましょう!

プログラマーNY

ページトップへ