KONAMI SDATCHER
  小島秀夫監督の傑作ADVゲーム「スナッチャー」にインスパイアされた、
  ゲームクリエーター須田剛一氏が贈る、新解釈のネオ・コウベ・シティ前日譚

  原作「SNATCHER」の舞台は近未来、瀬戸内海に浮かぶ人工島「ネオ・コウベ・シティ」。
  人間と入れ替わる正体不明のバイオロイド「スナッチャー」と、
  その正体を暴き、撲滅する為に結成された特殊チーム「ジャンカー」。
  そこに「ギリアン・シード」と呼ばれる男が配属され、先輩捜査官の死を目の当たりにする…
  この先輩捜査官「ジャン-ジャック・ギブスン」が「SUDA 51'S SDATCHER」の主人公である。

  『ギブスンは、何故死んでしまったのか?』

  グラスホッパー・マニファクチュアのゲームクリエーター「須田剛一」氏が
  伝説のADVゲーム・小島秀夫監督作「SNATCHER」(1998)に多大なるインスパイアを受け、
  その情熱で書き上げた脚本を、豪華出演陣による迫真の演技によって、完全CDドラマ化。

  新たな解釈で誕生した、ネオ・コウベ・シティの前日譚。
  …それがCDドラマ「SUDA 51’S SDATCHER」である。

  音楽には「SILENT HILL」シリーズの「山岡晃」氏。イラストとキャラクターデザインには、
  「SNATCHER」のオリジナルスタッフでもある「ヨシオカサトシ」氏を迎え、
  小島秀夫監督の公式WEBラジオ「Hidechan!Radio.(※2006年当時)」で「PROJECT S」と
  呼ばれた本企画が、同ヒデラジ300回を記念して遂に9月2日より配信を開始した。

  そして2011年12月14日にドラマ&サントラの2枚組CDで「完結」を迎える。
(C)2011 Konami Digital Entertainment WEBラジオ「小島秀夫のヒデラジ」 ラジオドラマCD「MGSPW 平和と和平のブルース」 ラジオドラマCD「アイデアスパイ・ツーハン大作戦」 小島プロダクション