ヴェントゥノ・グループ


ヴェントゥノ・グループは、2001年にイタリアで創業された自動車製造会社を中核とするグループ企業である。なかでも2025年に設立されたスクートビハイクル製造部門は、当時の同業種最後発組でありながらも着実に業績を上げ続け、今日では同グループを支える第2の柱となるに至った。2034年には業界初のワークスチーム『ヴェントゥノ・ウォッチメーカーズ』を結成。ランブリング業界を牽引するリードメーカーとして、多くのワイアヘッズから支持されている。

2071年現在のプロダクションモデル『カルロ』は、同社最大のヒット作となったホーリー・シリーズの後継機種である。ホーリー・シリーズのヒットは多くの恩恵をヴェントゥノ社に与えたものの、その一方で同社に技術的な停滞をもたらした。カルロはそれらの欠点を改修し、新世代のスタンダードSVとなるべく開発されたミドル級の機体である。その速さと耐久力を兼ね備えた性能は、初心者から上級者までの様々な戦法、戦術への対応を可能としている。





FL30 ”カッチャトーレ


FL30/カッチャトーレは、内部機構を改良することで発射間隔の短縮を実現したカルロ用のコンバット・ショットガンである。本銃は無改造状態で1度に9発の散弾を発射することができるため、敵の光学迷彩を剥がすための装備として扱うワイアヘッズも多い。もっとも至近距離から全弾を敵に撃ち込むことで得られる破壊力にも特筆すべきものがあり、軽量化・重量化のいずれに改造をした場合でも安定した性能を発揮する。カルロを代表する装備のひとつである。




(C)2005 KONAMI