おとぎ銃士 赤ずきん
おとぎ銃士 赤ずきん
はじめにもどる ストーリー キャラクター おもちゃ CD・DVD ほん ゲーム スペシャル
スペシャル
ニュース・関連情報

2007/09/27
「おとぎ銃士 赤ずきん」コミック発売中!

コミックブレイドで連載していただいている「おとぎ銃士 赤ずきん」単行本の第二巻が発売になりました。
第二巻の表紙は、赤ずきんに、ヘンゼル&グレーテルになっています。
ということで、お話もシルフィーヌのことを少し拾いつつも、ヘンゼル&グレーテルVS三銃士という感じでしょうか?
いつもネームと下書きの段階で監修ということで、チェックなどをさせていただいているのですが、グレーテルの顔をちょっと子供っぽくというお願いばかりしていたような気がします・・・。緋色さん、編集のB氏にはご迷惑をおかけしました。
その反面、白雪は、常に修正のお願いをしたことがなかったですね。緋色さんの描く白雪は素敵で、一番気に入っていたりするので・・・。
ということで、「おとぎ銃士 赤ずきん」コミック第二巻、アニメを見ていただいた方にも、とにかく楽しめる作品になっていますので、ぜひともお手元に一冊、よろしくお願いします。
また、アンソロジーは2巻出る予定ではなかったのですが、一巻が好評をいただいたということで、アンソロジーも第二巻の登場です。
アンソロジーは、バラエティにとんでいて、思わず笑ってしまうものが多く、赤ずきんファンには大変お勧めできるものになっています。表紙は、漫画版の緋色さんが描いているのですが、アンソロはちょっとアニメ風に彩色されており、こちらもなかなか素敵です。(KUMA)
コミック「おとぎ銃士 赤ずきん2」
原案:熊坂省吾(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
漫画:緋色雪/構成:タチバナ ナオキ
定価:590円(税込)/発売元:マッグガーデン
月刊「コミックブレイド」(毎月30日発売)にて好評連載中!
(C) 緋色雪
(C) 2006 コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京
「BCアンソロジーコレクション おとぎ銃士 赤ずきんVol.2」
カバーイラスト:緋色雪
定価:690円(税込)/発売元:マッグガーデン
(C) 2006 コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京

2007/03/01
東京国際アニメフェア2007に赤ずきん出展決定!

3/22〜3/25に東京ビッグサイトで開催される「東京国際アニメフェア2007」に赤ずきんが出展されます!
>>東京国際アニメフェア2007についての詳しい情報はこちら


2007/02/05
ワンフェスでおとぎ銃士赤ずきんフィギュアを買うと限定トレカがもらえる!

2/25ワンダーフェスティバル コナミブース内『コナミスタイル出張所』にておとぎ銃士赤ずきんフィギュア関連商品をご購入いただいた方にコナミスタイルでしか手に入らない限定トレカを差し上げます!
※フィギュアコレクション、フィギュメイトについては1BOX(10個いり)、
  ボイススタチューについてはいずれか1個購入の方にトレカ2枚セットをプレゼントいたします。
※数に限りがありますので、限定数を超えた場合は差し上げられない場合もあります。
>>ワンダーフェスティバル 2007[冬]についての詳しい情報はこちら

2006/12/21
「おとぎ銃士 赤ずきんOVA」がアニメ専門チャンネルAT-Xにて放送決定!

2005年にオリジナルのフィギュアとアニメのコラボレーション企画「フィギュアニメ」第一弾として販売された「おとぎ銃士 赤ずきんOVA」。
今テレビシリーズの元ともなった作品がAT-Xにて今冬放映されます。
放送局 アニメ専門チャンネルAT-X
放送日時 2007年1月 7日(日)23:30〜24:10
2007年1月13日(土)17:30〜18:10(再放送)


2006/12/13
「おとぎ銃士 赤ずきん」コミック発売中!

『史上最嬌(!?)のトラブルメーカー、降臨・・・!!』
これは現在発売中の「おとぎ銃士 赤ずきん」単行本1巻の裏面のコピーです。
最嬌っていうコピーがすごく素敵です。
さすが漫画界の良心と呼ばれる(とかってに呼んでいますが・・・)コミックブレイドさんです。
アニメ版もいろいろなスタッフに支えられて愛されている赤ずきんですが、コミック版も負けてはいません。
連載時に赤ずきんをどーんと表紙にしてくれた太っ腹なM編集長始め、OVAのときから赤ずきんのコミカライズを企画してくれた編集担当のB氏。
みなさん赤ずきんにたいして、とにかく愛情を持って作っていただいています。
単なるメディアミックスとかいった言葉を超えて、そんな’愛情’がコミックの紙面から溢れでています。
もちろん絵のほうも熱いですよ。
繊細なタッチながら熱いハートの持ち主、緋色雪さんもつくしさん版の細かい意匠をものともせず突っ走ってくれています!
愛情、そして熱さのケミストリー。
コミック版「おとぎ銃士 赤ずきん1」、超お勧めの一冊となってます!
同時に出ましたアンソロジーと併せてぜひ楽しんでいただければと思います。(KUMA)
コミック「おとぎ銃士 赤ずきん1」
原案:熊坂省吾(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
漫画:緋色雪/構成:タチバナ ナオキ
定価:580円(税込)/発売元:マッグガーデン
月刊「コミックブレイド」(毎月30日発売)にて好評連載中!
(C) 緋色雪
(C) 2006 コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京
「BCアンソロジーコレクション おとぎ銃士 赤ずきん」
カバーイラスト:緋色雪
定価:680円(税込)/発売元:マッグガーデン
(C) 2006 コナミデジタルエンタテインメント/赤ずきん製作委員会・テレビ東京

2006/09/15
赤ずきんがロッテリアのキッズセットに登場!

9月15日から全国のロッテリアでキッズセットを注文すると「メルヘン歯ブラシセット」「メルヘンプチバッグ」の中から好きなグッズをもらえるよ。
※キャンペーンは終了いたしました。ありがとうございました。

2006/06/29
アフレコレポート!


先日、都内某所にて赤ずきんのアフレコが行われました。
1話、2話の収録を終えた後、監督&キャストの皆さんからコメントを頂きました!(YAS)

◆石山タカ明監督から「おとぎ銃士 赤ずきん」について一言お願いします。

OVAですごく人気のあった「赤ずきん」がテレビでより多くの人に見てもらえるという機会をいただけたことに非常に嬉しく思います。
絵の方のスタッフは一新して変わってますけども、キャストの皆さんはほとんどOVAのときのまま引き続いてお願いできたってことが非常に嬉しくて、またさらに約39本の中で今まで描かれていなかったものがよりダイナミックな構想と構成の元でドラマが展開することが非常に私も楽しみにしておりますので皆さん期待していてください!

◆ご自身の演じられているキャラクターの簡単な説明と1、2話アフレコを終えての感想をお願いします。

田村 ゆかりさん(赤ずきん役)

赤ずきんはファンダヴェーレからエルデにきた三銃士です。
演じる際に「太陽のような女の子なので、太陽のように演じてください。」と言われがんばってます。
1話と2話を演じて思ってたよりもわりと子供だなぁという感じでした。
OVAのときは割と大きい方向けのつくりだったので、けっこうしっかりしていたんですけど
今回は子供にも見てもらいたいということで、けっこう子供っぽい部分がわりとあって無邪気に演じたいと思います。

立野 香菜子さん(白雪姫役)

白雪姫も赤ずきんと同じく三銃士の一人なんですけれども、赤ずきんとは違ってかなり男の子に積極的であとオシャレが大好きな、女の子として女の子であることをすごく楽しんでいる女の子です。
私もお洋服とか買うのが好きなので、その辺は地でいこうとおもっているんですが、普段大人の女性役をすることが多く女の子役をすることが少ないので今日はちょっと苦労してしまいました。
前のOVAは大人の方がお金を払わないと見れなかったんですけど、今回はテレビをポーンと押せば子供たちが見てくれるものなので一人でも多くの子供たちに、一人でも多くの方々にこの作品を見ていただけたらと思います。
がんばりますので楽しんでください。よろしくおねがいします。

くまいもとこさん(鈴風 草太役)


OVAを2年前にやったときに取材があり、そのときにも申し上げたんですけど「もっと展開してテレビシリーズとかになるといいね」ってみんなで言っていたのがホントに実現したので夢のようです。
戦ったりするシーンはあるんだけれども目指すものは世界平和をという石山監督の熱いメッセージが子供たちにしっかり届くように優しい心温まる少年鈴風草太を演じていきたいと思います。
みなさん応援よろしくお願い致します。

釘宮 理恵さん(木ノ下りんご役)

りんごは草太君の幼なじみでちょっとしっかりもので、気が優しくておっとりしている草太君にいつもはっぱをかけるというか元気をつけるような役どころです。三銃士のみなさんが可愛い女の子なので草太君をとられちゃうんじゃないかとあせったりするんだろうなぁと言う雰囲気がもう、今日、かもしだされてだされていました。(笑)
わたしはこれからずーっと怒っているキャラクターになるんじゃないのかなと思うんですけれども、1話のときに監督がおっしゃっていた「世界平和」を美しいマンガをやりたいみたいなのにすごい共感してプンプンを可愛く怒る感じでみんなのことを怒りつけていきたいと思います。
たくさんの方に純粋に楽しんでもらえる作品となると思いますので3クールがんばっていきたいと思います。

檜山 修之さん(ヴァル役)

主要キャラクターが女性陣の方の比率が多い中、数少ない男性キャラということで作品の中で男キャラとしてのかっこいいところとか男らしさみたいなものを適度に表現できていければいいんじゃないかなと思っております。
あとちょっとコミカルなところもヴァルには用意されますので、笑いを狙うところはとことん狙っていって、かっこいいところと笑えるところとメリハリのきかした小芝居が出来れば僕としては大成功かなと考えています。
王道の芝居は他の連中にまかせていますので(笑)こっちはこっちでがんばっていきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。
クレームは一切受け付けません。(笑)

平川 大輔さん(ヘンゼル役)

ヘンゼルは悪のチームの大ボスのサンドリヨン様の参謀役といいますか、一番純然たる悪役ということで、クールな、あまり感情を表に出さないキャラクターです。
悪役をそもそも演じさせていただくというのがそもそも初めての経験になりまして、とても自分の中でも楽しみにして1話、2話とやらせていただきました。
ヘンゼルが悪の仲間になったいきさつだったり、妹のグレーテルと一緒に感情の無い状態になってしまったりという物語に関してもこれから触れられていくということを監督から伺ったのでこれから楽しみにしたいなぁと思っております。
世界平和を中心とした話なので、その主人公達が世界平和を守れるように悪いやつになれればいいなと思っております。
がんばりますのでよろしくお願いします。

矢作 紗友里さん(グレーテル役)

グレーテルはテレビアニメ版からのキャラクターということですごくドキドキしています。
グレーテルは敵キャラなんだけれどもすごくかわいくて、お兄ちゃんが大好きで、お兄ちゃんのために戦うっていうすごくかわいいところがある子です。
まだ1話2話が終わったところなのでグレーテルは出てきてないんですけど、これから、お兄ちゃんの前ではかわいい子を演じるグレーテルと、草太君達の前で戦うグレーテルとメリハリをつけていけたらいいなと思います。
応援よろしくお願いします。

小林 晃子さん(ランダージョ役)

少ない悪者なんですが、ヘンゼルさんが静かな分、ランダージョはものすごくテンションが高いんだか、ずる賢いんだかすごいことになってるので、これから先もうちょっと頭に酸素が回るように、もうちょっと楽しい小芝居が、とにかくできるように(笑)皆さんを見習ってがんばっていきたいと思います。

 

◆世界平和をテーマにやっているということでOVAと違った展開になると思うのですが、ここが変わったというポイントは?

石山監督より

世界平和のために作っています(笑)
OVAとの大きな違いっていいますと・・まず長さが違いますよね。
二十数分の一本と39本かけて描けるものというのはやはりテーマ性も含めてやっぱりウェイトがかなり変わってくる。
その中でファンダヴェーレからきている赤ずきん達が、草太君をめぐっていろんな経験をしていくとか、またヴァルがどういう風な運命にあったとか、実は壮大なドラマがもともともとの原作には用意されていたんですよ。
それを丁寧に描いていくのがいいんじゃないかなというところで話がありました。
でどの道やるんでしたらより多くの人たちに見てもらいたいということで、その中でどうしたら見てもらえるかなというところで、そのアクションで・・殴る、打つ、けるもいいんですけれど、やはり笑って見終われる、という形がいいなぁと感じられる作品にしたいと。
それがどういうことかっていうと気持ちが豊かであったりと、とそういうところにポイントが置かれるんじゃないかな。
そうすると全世界が平和であればみんな幸せになって暮らせて、落ち着いて漫画映画が見られるんじゃないかと、そういうふうにやっぱり願っているわけですよ。
だからその赤ずきんを中心とした太陽が、惑星としてみんながまわっている世界観が立体的にできるんじゃないかなというような事を漠然と考えておりますけども・・
そんな感じで進めていきたいと思います。


2006/06/23
いよいよTV放映スタートです!放映に先立って製作発表が行われました!


ゆかりんがスウィートフォンを!!

「おとぎ銃士赤ずきん」製作発表ですが、石山監督、音楽の増田さん、シナリオライターの方々、そして主演&歌の田村ゆかりさんという制作スタッフに来ていただきました。

このメンバーでトークセッション、そして待望の一話の試写もあり、会場は非常に盛り上がりました。
質疑応答でもOVA版のとの違いなども聞かれたのですが、実は、OVA版との一番の違いは魔法アイテムであるスウィートフォンなのかもしれません。
これは設定的に言うと、魔法の呪文が短縮されたエレメンタルカードを使い、魔法を短い時間で発動したり、武器などを召還するアイテムです。
そのスウィートフォンですが、発表後に行われたフォトセッションで、なんと田村さん本人が持って登場してくれたのです!

アニメ中ではもちろん赤ずきんを始め、三銃士が使うシーンを見ていたのですが、田村さん本人が持つと非常に感慨深いです。写真中で田村さんが持っているのがスウィートフォンです。
この魔法アイテムの活躍を、ぜひオンエアでチェックしていただけると嬉しいですね。


キュピも捕獲されました!

キュピというのは異世界ファンダヴェーレに生息する貴重な四つ耳うさぎです。
いつもフェレナンド王の側にいて、きゅぴ〜と鳴くことから、キュピと命名されたようです。
そのキュピなのですが、なんと製作発表の会場に来ていた、グレーテル役の矢作紗友里さんに捕獲されていました!
その捕獲の瞬間を撮影したのがこの写真です。
赤ずきんのWEB担当のYASくんが見事に写真に捉えてくれました。
スウィートフォンともどもこのキュピにも要注目ですよ!(KUMA)


月刊コミックブレイド誌にて
「おとぎ銃士 赤ずきん」連載開始!

「おとぎ銃士 赤ずきん」のアニメ放映に先立って、月刊コミックブレイド誌にて漫画連載がスタートします!
編集部のご好意でブレイド本誌に予告で使われた絵を特別に掲載しちゃいます。
本誌の予告にあった『ミラクルポップなフェアリーテイルの世界』というキャッチコピーも、ものすごく素敵なのですが、肝心な絵のほうもかなり期待大ですよ!
新鋭”緋色雪”氏の手により、赤ずきんワールドを見事に描いてくれています。
その赤ずきんの連載が始まるのは5月30日発売の7月号からになります!
そのコミックブレイド7月号ですが、なんと赤ずきんが表紙なのです(編集長に感謝!)。
デザインも赤を基調にしており、店頭でもインパクトは絶大です!
ぜひともご一読いただけると幸いです!(KUMA)


人気イラストレーターPOPさんの描き下しの赤ずきんちゃんです。

POPさんのコメント
POPでございます
赤ずきんアニメ化おめでとーございますっ
おとぎ話をベースにとはなんてすばらしい題材!
彼女のあの小さな体での大活躍を超期待ですー
本気でかわいずぎ!
白雪も!
ところでOVAの2巻は?
                   (POP)

コナミトップ
ゲームソフトトップ
カード・トイ・ホビートップ
書籍・攻略本トップ
音楽トップ
映像トップ
©2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
KONAMI